花日記

野幌・大沢口11月13日

       前日旅行から帰ってきたばかりですが、元気なのでいつもの定期コースを歩いてきました。
       寒々しくてあまり人もいなく駐車場も車は数えるほどしかありませんでした。

       歩き出して間もなく向こうからやってくる女性に目があった途端、
       「今、シカがいたんですよ~!」と言われました。
       その方はよほど驚いたらしく興奮状態です。
       「ここに鹿が出るなんて聞いたことが無いからびっくりして~!」
       「鹿が居るんですよ、20頭くらいいるんじゃなかったかなあ?」とわたし。
       「えっ、いるんですか、そんなこと初めて聞いたわ。ガサガサと言う音にびっくりして立ち止まったら
       鹿が飛び出してきて走り去ろうとしてそのまま固まって動かなくなったんです。 私は怖くて怖くて・・・」
       「鹿は襲いませんよ。もし人間が動いたら鹿の方が逃げると思います」
       「私はこの近くのものですけど、もう怖くて散歩に来られない、どうしよう。怖いから引き返してきたの」
       と相当ビビっているんです^^;
       わたし「鹿に会いたかった、これから行ってももういないですよね~」と言って別れました。
       日中でも出遭うチャンスはあるということですね。楽しみだなあ~

       道中、雨が降ったり小雪が舞ったり、忙しい空でした。
       この日の夜には本格的に雪で、翌朝雪の森を見に来たかったのですが、楽する方を選びました・・・(^^ゞ



                入口はもうすっかりさびしい姿
f0146493_2155504.jpg



                でも入口に、こんな緑の木があるんです
f0146493_21555978.jpg



                この坂道の途中で鹿に出あったそう
f0146493_2156739.jpg



                坂の左下、ついこの前までキツリフネやミゾソバが群生していた場所に、鹿は固まっていたのかなぁ
                斜面を駆け上って消えたそうですが、痕跡が無いかと探したけれど、わかりません
f0146493_2156144.jpg



                雨が降ってきました。でも5分くらいで止みました
f0146493_21562227.jpg



                先週歩いた道は通らずに・・・   
f0146493_21563284.jpg



                先週坂の上から見た湿地帯を歩きました
f0146493_21564713.jpg



                水芭蕉が春の準備をしています
f0146493_21565652.jpg



                倒木のヤドリギ
          ウィキペディアより
                  果実は冬季に鳥に食われる。果実の内部は粘りがあり、種子はそれに包まれているため、
                  鳥の腸を容易く通り抜け、長く粘液質の糸を引いて樹上に落ちる。
                  粘液によって樹皮上に張り付くと、そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろし、寄生がはじまる。
                下の写真の真ん中あたりに枝から発芽したのがわかる部分がありますね
f0146493_2157627.jpg



                大沢の池   鳥は一羽も居ませんでした
f0146493_21571551.jpg



                地面に、ナナカマドとホウの実
f0146493_21572581.jpg



                ツルシキミのつぼみ   葉っぱの形が違うのは種類の違いなのか?        
f0146493_21573449.jpg



                ツルシキミの実はあちこちにあります
f0146493_21574293.jpg



                キノコの木
f0146493_21575290.jpg



                左・ノリウツギ    右・ツルアジサイ
f0146493_21575966.jpg



                フッキソウのつぼみ?と実   真ん中が普通の形で左のようなのは初めて
f0146493_21581197.jpg



                ナニワズのつぼみ  赤い実もあったのに消えています
f0146493_21581993.jpg



                コマユミも見当たらなくなりました。わずかにみられるものはしわしわになってきました
f0146493_21582899.jpg




f0146493_21584140.jpg



                トド松林の道                
f0146493_21585140.jpg



                シダもビロ~ンと広がっています
f0146493_2159023.jpg



                この曲がり方はどんな強いストレスがあったのか?  
f0146493_2159825.jpg



                鳥の姿はよく見ましたが、ほとんどヒヨドリ
f0146493_21591596.jpg



                多分お初のアトリ
f0146493_21592179.jpg



                バス停に行く白樺の道
                先々週はドウダンツツジが紅葉してきれいだったのに、冬囲いされています
f0146493_21593145.jpg



                名前が思い出せない花・・・ヒメオドリコソウに似てるけれど、園芸種の花だと思います
                道端の草むらにひっそり咲いています  ラミウムでした
f0146493_21593867.jpg

by maphananikki | 2014-11-17 22:48 | 野幌森林公園 | Comments(12)
Commented by miki at 2014-11-18 00:45 x
mapさん、こんばんは~♪

まだ土も緑も見られる野幌ですね
でももう直ぐ雪に被われてしまうんですよね
鹿に出あわれた女性、mapさんの言葉に少し安心されたかも?
次に出あった時、鹿は襲ってこないし怖く無いんだって。
でも寂しい誰も居ない森でガサガサ音がしたら怖いかも^m^
そうそう!ヤドリギの実を食べにヒレンジャクが団体さんでやって来てました
糸を引いた糞をお尻からタラ~ッ!と(笑)
相当ネバリ気があるんでしょうね
此の時期に緑の葉や実は嬉しいですね
ましてやピンクのお花は♪♪
野幌を見せて下さって有難うございました~
Commented by maphananikki at 2014-11-18 10:08
mikiさん、おはよう~♪
今朝は小雪が舞いましたが、今日差しが出てきました。
久しぶりの太陽さんです、嬉しい~♪

この日はまだこんな状態だけど夕方からはすっぽり雪に包まれましたよ。
森の中はまだ白いかもしれません。
鹿に出あわれた方、わたしの言葉など聞いちゃいなかったみたい。
いくら大丈夫ですよと言っても、怖い怖いもう森を歩けないと繰り返していました。
そのあと来たご夫婦連れにも同じく訴えていましたよ^▽^;
わたしは他で何度も鹿に出会っているから怖さを感じないのかもしれませんね。
鹿はじっと固まっていたので、写真を撮る時間がありましたよとも言ってました^^;
草むらががさがさしたらそう、やっぱりドキッとします。
でもたいていは小鳥位なものです。

ウィキペディアにもヒレンジャクなどがやってくると書いてありましたよ~
mikiさんは実際に見られたんですね!
野幌の森にも冬はヒレンジャクがやってくるそうなの。
まだ見たことがないので、ヤドリギに注目するわ。
ピンクの花、なんだったっけ・・・
Commented by harukoma68 at 2014-11-18 10:46
mapさん、~~~ヾ(*´ω`*)おはよう♪。

冬の前の散策、でも寒そう~

自然は見えないところで地道にその働きを休めずに冬の準備や
春の準備など日々変化しているのですね。

家にいて暖房と仲良くしていては得られない手ごたえでしょう。

鹿と会いたかった~?会いたいような怖いようなね。

でも姿が見たい気もしたわ(笑)
Commented by sakurairononuno at 2014-11-18 10:58
mapさまへ

私は会いたいわ~!!!鹿さん!
あんなに北海道に行っているくせに、何と高速から遠目に見たのと、旭岳ロープウエイ乗車中に見たのと2回のみ!!!
ご縁がないというか何というか~。
ただ、一人っきりの時見たらビビるかね~って、絶対ビビらない自信あるわ(笑)。

野幌もすっかり冬ですね!ちょっと淋しいような・・・それでも、密かにお花が咲いてたりして、癒されますね。
こちらも今週はズンズン寒くなって、紅葉もずいぶん進んできました。
でも、秋は苦手だから、春みたいに進んでお出かけしたい!気持ちになれません。11月苦手!
Commented by maphananikki at 2014-11-18 16:08
はるこまさん、こんにちは♪

一日ずれれば真冬の森だったのに、まだ晩秋と言う雰囲気でした。
寒いけど、歩いて行くうちに体はぽかぽかに温まるのよ。
それは真冬でもそう、汗ばむほどあたたかくなります。

葉を落としたばかりの木々も、よく見れば冬芽が見られて春の支度が始まっています。
たくましいですよね、自然の仕組みは偉大です♪
そうなのよ、家の中に居てはわからないことをいっぱい発見してますよ。
若い時はこんなにも自然と親しむことになるとは思ってもいなかった~!
すべてはパソコンとの出会いから私の人生は変わりました~(*^^)v

鹿、怖くないよ~かわいいです♪
出会う時を楽しみにしてるわ。
だけど、キツネに出会ったのもここを歩いて7~8年たっていたからねぇ・・・
Commented by maphananikki at 2014-11-18 16:09
sakurairononunoさん、こんにちは♪
鹿に会いたいでしょう?会いたいわね!
美瑛に行く山の中の道でも鹿に会いましたよ。
鹿公園と言うところもあるけれど、できれば自然の中で会いたいしね。
鹿は数多く出会ったけれど、向こうから寄ってきた鹿はただの一頭もいないです。
みんなとりあえず逃げます。そして立ち止まってこちらを注視しますよ。
用心深いと言うのか、臆病と言うのか。

愈々冬になってきてどんどん早く積もってほしい~
そして早く春になってほしいです。
こうして休む時間があるから、春がより一層楽しめるのかな?
週末からまた暖かくなりそうですね。
Commented by slowlylifee at 2014-11-18 17:39
mapさん、こんばんはー。
旅行から帰ってきて、落ち着くまもなく、散策!
すごい元気!^^
いいことですね~♪

鹿って、奈良の鹿とはまた、種類が違うのかな?
鹿って襲わないよね~。
森で会ったことない私でも、わかるのに~~(笑
でも、奈良公園でみる鹿とこういう森の木々の中で出くわす鹿とはまた、みるほうも感覚が違うのかもしれないね。
私も、一度でいいから、こういうところで会いたいな♪

木々が裸になりましたね。
けれど、よ~くみると、水芭蕉とかは春にむけて準備に入っているのね。
自然の摂理は本当にいつもすごいなと感じます。
冬は何もないように思うけれど、みな、それぞれ、春にむけて、エネルギーを蓄えているのね^^
Commented by 博士 at 2014-11-18 19:25 x
シカがいるんでしょうか!
出合った方は近所の方のようですが、今までシカと
出会った事なかったのでしょね。

私だって急にシカが出て来たら怖くてしかたないかも
しれませんね。
記事を読んでみると、人には被害は与えないのですね。

もうじき雪景色になっていくのでしょうね。
雪の中を歩くのもいいものではないでしょうか?
Commented by maphananikki at 2014-11-18 22:17
porinさん、こんばんは♪
さすがに夜は眠くてぐったりなんだけど、日中は平気なのよ。
こういう元気があることに感謝しないとね。
何事も健康でなければ楽しめないもの。

こちらの鹿は、奈良の鹿とは種類が違ってエゾシカです。
今増えすぎて、どんどん駆除され食べられるように加工されて売られています。
わたしはまだ食べたことがないけど・・・
奈良の鹿は人馴れしてるでしょう。誰も怖いとは思わないでしょう。
野生のシカにはなかなか出会わないから、やはり怖さがあると思うのよ。
こういうのも慣れですね。

森の木々たちはしっかり春の準備に入っています。
木の枝を見るとわかるの。
でも花たちだって負けてないのよ。
今からつぼみを付けて、長い冬を耐えるなんて信じられないけど。
Commented by maphananikki at 2014-11-18 22:17
博士さん、こんばんは♪
新聞にもこの森に鹿がいると言う記事は何度か出ているんですよ。
近所の方なのに知らないんだ~って私の方がびっくりです。
でも、近年になって住み着いたようなので、まだ認知されていないってことですね。
最初は2頭から始まったようですよ。
普段鹿と出会うことがない人にはいきなり出あったら、ドキッ!ですよね。
森の周囲は民家があるので、いずれエサ不足になれば住宅地に現れることがあるかもしれません。

この日の夜から雪景色でした。
まだ森は散策路以外は雪が残ってるようです。
今度の木曜日に行くときはどうかな?楽しみです。
雪の中を歩くつもりですが、何もないのです・・・
Commented by ふみ at 2014-11-19 11:54 x
mapさん こんにちは (^-^)

景色はすっかり初冬のたたずまいですね。
大沢の池の鳥はどこへ行ったのでしょう。
ツルシキミの実が可愛いですね。裸木の多いグレーの景色の中で赤い実に出会うとホッとしますね。
ワ~ キノコの木にキノコがいっぱい~ キノコの木ってあるのかしら・・・
トド松林の道も裸木が多くて透明感があってステキです。

初冬の景色を見せて頂きました。白一色の風景に変わるのも間もなくですね。
有り難うございます。 (^.^)/~~~
Commented by maphananikki at 2014-11-19 14:37
あらら、ふみさん、こんにちは♪
こちらにまで気を使っていただき、ありがとうございました。
上でまとめてでよかったのに、ご丁寧にありがとうございます(*^^*)

まだ緑色が見えるけれど、初冬の景色ですよね。
その中から丹念に拾い出してるつもりですが、いつも変わり映えのしない写真になっています。
雪に覆われたら拾い集めるものもなくなるんじゃないかな。
赤い実はそんな中で本当に目立つのよ。
見つけるとうれしい気持ちになります。
木にキノコがいっぱい。思わずキノコの木って書いちゃったわ^^;
トド松林の中は意外と小鳥の鳴き声で賑やかなんですよ。
松ぼっくりの実を食べに来てるのかもしれません。
見ていただいてありがとうございました~(^o^)/
名前
URL
削除用パスワード