花日記

<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

野幌瑞穂線(1・24)

       雪が続いてやっと青空が広がったこの日、野幌が綺麗だろうなと思い立ち、
       急きょ歩くことにしました。
       10日前に歩いてるので違う道をと、瑞穂の池に行く道を選択。
       しかし雪の後すぐの道は、慣れた道以外は考え物だと痛く身につまされました。
       前半の素敵な浮かれ気分の雪道も、後半の道なき道には涙する思いでした。
       男性の足跡をたどり、大股でバランスを取りながら歩きます。
       倒れたら、立ち上がるのも容易ではない雪の深さなのです。
       もうこりごり…と思ったつらかった道は写真1枚撮ることもできませんでした。
       薄手のハイネックセーター1枚だったのに、下から上まで汗びっしょりになり、
       今日になっても太ももの付け根は、筋肉痛と言うのか痛みが残ります。

       皆さん憧れの真っ白い雪原、一度歩きに来てみてはいかが?

       

                水路になってる場所も雪で埋まっています
f0146493_13104279.jpg



                振り返れば札幌のまちが見えます
f0146493_13105324.jpg



                私の膝上から腰まである高さの道は除雪されて歩きやすいです。
                が、本当は左へ行きたかったけれど、道がありません。
                仕方なくまっすぐの道へ行きました。
f0146493_1311157.jpg



                赤い実が付いたナナカマドは唯一の彩
f0146493_13111220.jpg



                突き当りの看板がある場所が今回歩く入口。
                右に行くとまた違う入口があります。博物館もあります。
                奥には開拓記念の村があり、「マッサン」のドラマでも建物が使われました
f0146493_1311192.jpg



                入口の道からはひとり歩くだけの固められた道と、スキーの跡があるだけ
f0146493_1311314.jpg



                入ってすぐ木を突く音。オオアカゲラの雌でした。頭が黒いのです。
f0146493_13113875.jpg



                
f0146493_13114639.jpg




f0146493_1311526.jpg



                歩くスキーの人やかんじきつけた人
                カンジキ、やっぱり買った方がよさそう。
                この女性、雪の中に躊躇なく入って木々をのぞきこんでいました
f0146493_131208.jpg



                キラキラ輝く木立が綺麗なんです
f0146493_13121038.jpg



       瑞穂連絡線の道には、木の説明看板がたくさんありました
       春には花も見たいものです

                アサダ
f0146493_13122069.jpg



                ナナカマド
f0146493_13122877.jpg



                ミズナラ
f0146493_13123667.jpg



                カツラ
f0146493_13124330.jpg



                ハルニレ
f0146493_1312504.jpg



                ミズキ
f0146493_131258100.jpg



                クリ
f0146493_131357.jpg



                上左 オヒョウ       上右 ホオノキ
                下左 ハクウンボク    下右 アオダモ
f0146493_13131333.jpg



                ヤドリギ
f0146493_13132395.jpg



                リーゼント!
f0146493_13133095.jpg



                アカゲラのオス
f0146493_13134213.jpg



                瑞穂の池は雪原
f0146493_13135155.jpg



                瑞穂の池
f0146493_13135852.jpg



                東屋で休憩
                前回来たときは裏手に見える小高い階段に苦労したので
                右側の緩やかに下って登る道を選びましたが、これが間違いのもとだった・・・
f0146493_13141053.jpg



                セイタカアワダチソウの枯れたものは、ここまで来るとまた美しい
f0146493_13143321.jpg



                これから行く道
f0146493_13145446.jpg



                大きな足跡に足を運んでもずぶずぶっと埋まります。
                これはヤバイ?と思ったけれど、もう引き返せません。
                軽い下り坂も埋まりながらでした、そこを再度のぼるのは無理。
                右手の木と右奥の木立の間は畑になっています。
                足跡はそちらに向かっています。直進の道は一本の道筋もなく、
                やむなく畑に入ります。そこからがさらに苦難の道でした。
                埋まってバランスを崩して倒れると起き上がれません。
                休み休み、必死に歩きました。                
f0146493_1315449.jpg



                上の道を進む前に振り返ったところ。
                ここでカメラを持って歩くのは無理と思い、リュックに仕舞いました。
                真っ白い畑の写真が1枚もないのがいまにして思えば心残りです^^;
f0146493_13151397.jpg

by maphananikki | 2015-01-26 14:02 | 野幌森林公園 | Comments(22)

旧北海道庁(1・15)

       中学時代の友人から札幌に来てるので会おうと電話が来ました。
       そんなお誘いでもなければ、なかなか街に出る機会もないので、カメラを持って出かけました。

       出たついでにと、ずっと気になっていた古いパソコンの始末をするのにハードディスクの破壊を
       ビックカメラでやってくれるということで持参しました。
       目の前で機械にかけて穴を開けます。そのハードディスクは引き取ってくれました。税込1004円也。
       後は本体と液晶ディスプレイを処理しなければなりません。
       我が家のパソコンは、リサイクルシールが出来る前の購入だったので、引取りにも手数料がかかるのです。
       こんな手続ひとつが面倒で・・・いったいいつになったら片付くかな?

       待ち合わせ場所の途中にある道庁によって、そのあと雪まつり準備中の姿も撮るつもりだったのに、
       何を思ったかすっかり忘れて地下に潜ってしまいました。
       帰宅後に思い出して・・・
       こんなことが増えているのです。
       


                この日の観光客はアジア系  わからない言葉が飛び交っていました
f0146493_20595158.jpg



                カモが沢山日向ぼっこ?
f0146493_210060.jpg




f0146493_210920.jpg



                泳いでも雪の上でも冷たそう。夜はどこで寝るのでしょう
f0146493_2101677.jpg




f0146493_2102336.jpg



                ガス灯
f0146493_2103125.jpg



                道庁前にできた広場。今年はここで花のカーペットが出来るそう。
f0146493_2103975.jpg

by maphananikki | 2015-01-20 21:17 | 札幌の公園など | Comments(20)

野幌大沢口初歩き (1・14)

        新年会から帰宅した翌日は、お正月の5日以来の見事な青空になりました。
        こんな晴天を逃す手はないと、いつにしようかと狙っていた森歩きを決行!
        やっぱり明るい陽の中を歩くと気持ちが良いです。
        この日は最高気温が4.9℃にもなり、着ぶくれたわたしは暑くてたまりませんでした。
        立ち止まって鳥のさえずる木を見上げると、風もなく空気がポカポカと暖かいのに気が付きます。
        真冬とは思えない汗だくの森歩きでした。
        道も固く締まり歩きやすいのですが、何しろひとり歩くだけの細い道、木の上を見ていたらズブズブと埋まります。
        いつも2時間の道ですが2時間半かかって楽しみました。



                大沢口入口  真ん中の看板が半分くらい埋まりました               
f0146493_2261185.jpg



                木々に吹き付けた雪が縞になってなんだか綺麗なのです
f0146493_2262147.jpg



                道   右側は人ひとり分の道。左はスキーの跡
f0146493_2263488.jpg



                ツルアジサイが天高く・・・
f0146493_2264118.jpg



                こちらもツルアジサイ
f0146493_2265045.jpg



                最初の休憩用のテーブルと椅子の場所  椅子はもう見えないです
f0146493_2265866.jpg



                雪が繭玉のよう
f0146493_227738.jpg



                歩くスキーをする人にも何度か出会いました
f0146493_2271556.jpg



                大沢の池は雪原になっています
f0146493_2272294.jpg



                暮れに歩いたときにはなかった遊歩道にかかる倒れそうな木、雪の重みでしょうか
f0146493_227293.jpg



                道  深さは私のひざ下くらい。道を譲るとき、スキーの方に移るとズブズブ埋まります
f0146493_227371.jpg



                冬芽の色々
                赤い芽が雪に映えます     右はお気に入りのオオカメノキの花芽
                下はネコヤナギとも違う白い芽、何かな?
f0146493_2274554.jpg



                カエデのプロペラ?なんだかよくわかりませんが、花が咲いてるようで目立ちました
f0146493_2275616.jpg



                左は怪獣の爪のよう!  右は顔のように見えませんか?
f0146493_228951.jpg



                ヤドリギの赤い実とチョウセンゴミシ
f0146493_2281973.jpg



                ツルウメモドキ
f0146493_2282777.jpg



                ヤマガラ
f0146493_2283655.jpg



                ハシブトガラとヒヨドリ
f0146493_2284395.jpg



                キューンキューンと鳴く声にきょろきょろすれば、なんとクマゲラ!
                初めて鳴き声を聞きました
f0146493_2285095.jpg



                動物の足跡
f0146493_229080.jpg



                ナナカマド
f0146493_229961.jpg

by maphananikki | 2015-01-16 22:48 | 野幌森林公園 | Comments(16)

小樽にて「1.12~13)

       いつものメンバー6人で、新年会に小樽まで行ってきました。
       忘年会を中止して泊まりがけにしたので、積立金が無くなりました。さびしい・・・
       小樽のある日本海側は今年は雪が多くて、この日もやむ時間はわずか。
       ほぼ雪ばかりでした。
       食事はホテルではなく居酒屋さんでしたが、その前に小樽運河の夜景を見にぶらぶら。
       でもわさわさと降る雪にそそくさと撮って、引き揚げました。
       何しろ写真を撮りたいのは私だけなので、申し訳なくて。
       今回は夜中の2時までおしゃべりに熱中し、翌日のチェックアウトは12時にしてくださったので
       この日もホテルでゆっくりお喋りできました。
       天然温泉と、朝食のバイキングが評判のいいホテルでした。
       そうそう、夜鳴き蕎麦のサービスもありました。美味しかったです。
       居酒屋ではカメラを出すのをすっかり忘れ、朝食は食べることに集中・・・
       

       
                日本海は荒波。海の色も鉛色。
f0146493_23314488.jpg



                小樽駅ではガラスのアートギャラリー展
f0146493_23315557.jpg




f0146493_2332478.jpg




f0146493_23321211.jpg




f0146493_23322179.jpg



                小樽駅前
                突き当りは海。左のビルが泊まったホテル。
f0146493_2332294.jpg



                ホテルの部屋から天狗山スキー場  雪がごみのように見えています・・・
f0146493_23323718.jpg



                夕方と夜のスキー場。町から近いスキー場っていいですね
f0146493_23324585.jpg



                運河プラザでは「小樽ゆき物語」が開催中
f0146493_23325240.jpg



                シャンパングラスツリー
f0146493_23325896.jpg



                雪の小樽運河
                2月から始まる「雪明りのまち」では運河にランプなど灯し綺麗です
f0146493_2333610.jpg



                翌朝のホテルから見た海
f0146493_2333125.jpg



                電車から海
f0146493_23331984.jpg

by maphananikki | 2015-01-15 00:00 | 北海道 | Comments(16)

森の写真展に

       やっとお正月気分が抜けたところでしょうか?
       昨日の北海道新聞に面白い記事が載っていました。
       「年齢を重ねると月日の流れを早く感じる。子供時代は夏休みなど楽しみがいっぱいあり、
       それを待つ間、時の流れを遅く感じる。反対に年を取ると楽しみが減るから時間が早く過ぎていく」
       そんな経験則をフランスの哲学者が法則にしたとか。
       「裏を返せば待ち遠しいものを持てば、時はゆっくり流れて若さを保てるかも」
       なるほどねぇ。楽しみ、持ちたいですね!

       さて、
       当ブログにも何度かお越しくださったkumeさんが写真展を開催されました。
       野幌の森を日記風に展示されています。
       去年初めてミニコミ誌などで知ったのですが、すでに5回目だそうです。
       花や風景写真もハッと目を惹くものがあるのですが、何より動物たちの表情が可愛くて、そこから離れがたい・・・
       お近くの方はぜひお出かけになって見てください。癒されます!
            許可を頂いて、撮らせてもらいました。

       
                写真展のお知らせ
f0146493_1515895.jpg



                右側が切れてしまいましたが、1月から順に並んでいます。
f0146493_1521412.jpg



                大きな写真                
f0146493_1523096.jpg



                撮り方が悪かったですが、このように文章が載った組み写真があります。
f0146493_1524281.jpg



                帰りにカレンダーを頂戴しました。
                新さっぽろフォトコンテスト5周年記念で作られたもの
                4月と11月にkumeさんの写真が使われています。
f0146493_1525046.jpg



       エスカレーターで下に降りると、こちらではカルチャー教室の展示会が開催中。
       こちらも許可を頂き、パチリさせていただきました。
       和紙の人形が素晴らしかったです。


                和紙人形展とパステル画展
f0146493_1533100.jpg




f0146493_1531120.jpg




f0146493_1531833.jpg




f0146493_1532343.jpg

by maphananikki | 2015-01-05 15:31 | そのほか | Comments(26)

あけましておめでとうございます

f0146493_104077.jpg


あけましておめでとうございます。

昨年中は楽しいお付き合いを頂き、ありがとうございました。
今年も変わらぬお付き合いをよろしくお願いいたします。


年越しの晩の夫との会話。
「今年は行き残したところがあった?」
「行きたいところには行けたけど、季節に集中するので無理なところがあったわ。
そこに来年は連れて行ってね」
夫、にやり・・・
いいよとは言わなかったのは何!?
でも車に乗せてもらうけど、主導権を握ってるのは私。
連れてってもらいます!
by maphananikki | 2015-01-01 01:00 | そのほか