花日記

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春を探しに(3・28)


朝からよく晴れて気持ちが良い日、どこかに春を探しに行きたいと思い、夫を誘うと
「まだ早いよ、雪の中だよ」と気乗りしない返事。
去年は27日に福寿草が咲いていたけれど、今年の方が雪融けが遅いようだし・・・と
いまいちわたしも自信が無いのでそれ以上は沈黙。
ところが、スーパーに買い物に行って駐車場を出る段になって突然、探しに行って見ようかと夫。
あまりに気持ちの良いお天気にふらふらと誘われたのでしょう。
カメラもないのに行ったって・・・と思ったけれど、ぐっと言葉を飲み込み出かけました。

いやいや、収穫がいっぱいじゃないですか、急ぎカメラを取りに戻り、家を飛び出しました。
片道15分くらいのお気に入りの農道の小川まで、そして帰り道と楽しんできました。
カーラジオでは札幌の積雪が現在5センチ、明日にはゼロになるかもと言う話をしていましたが、
28日中にゼロになったそうです。
やっと北国に春がやってきました。


f0146493_23181315.jpg

↑ 野幌トド山口はまだ雪の道  

↓野幌外周路の草地に馬が三頭初めて見ました
手前はポニー?

f0146493_23183282.jpg




牧場の見える畑地に白鳥が数十羽
数日前の新聞に、北帰行の白鳥がウトナイ湖に立ち寄り始めたという記事がありました
4月半ばには宮島沼などによってロシアに帰るそうです
一部、野幌の畑にも着はじめたのですね

f0146493_23183957.jpg



農道の小川、何もないように見えるけれどあるのです

f0146493_23184873.jpg


オオイヌノフグリ
f0146493_23185744.jpg


ヒメオドリコソウ
f0146493_23190501.jpg


福寿草はたった一輪だけ
f0146493_23191301.jpg

畑に緑も見えて
f0146493_23192255.jpg


フキノトウはあちらこちらに
f0146493_23192983.jpg


畑が緑に覆われる日も近いでしょう
f0146493_23193649.jpg


小川を出て国道を走ると、あらここにも白鳥が。
脇道に入ってそ~っと近寄って見ました。
f0146493_23335284.jpg

奥にもたくさんいるのです。飛んでくる鳥も
f0146493_23340009.jpg

500メートルくらいの幅に何十羽といます
f0146493_23340933.jpg


f0146493_23341780.jpg

帰り道の畑にもいました
f0146493_23343098.jpg

ここの畑だけ雪が少し残っていました
f0146493_23344594.jpg


野幌瑞穂口にも寄ってみましたが、まだ花どころではなさそう
f0146493_23345437.jpg

でもツルシキミは顔を出していました
f0146493_23345916.jpg

いよいよ今年の活動の時期がやってきたようです♪


by maphananikki | 2016-03-30 23:55 | 北海道 | Comments(20)

野幌・大沢口

気温が上がりました。雪どけも急ピッチで進んでいます。
去年福寿草を見つけた18日に今年も出かけてみました。
去年はズブズブ埋まって大変だったのですが、今年はまだ固く締まった道は歩きやすかったです。
でも四季美コースやふれあいコースは平均台の道を歩くようなもので、一歩踏み外すと埋まります。
なので大沢の池方面には行かず、大沢コースとふれあいコースの一部を歩いてきました。

1月以来久しぶりに歩いた道で、夏場によくお会いする森のお仲間さんたちともばったりで、
懐かしさとともに嬉しさを感じました。
福寿草の話をすると、まだつぼみで太陽が出ないと開花しないとのこと。
わたしにはつぼみがあるかどうかもわかりませんでしたが、また近いうちに会いに来たいと思います。
晴れの予報だったのに曇り空が鬱陶しかったですが、いつもの鳥たちにはたくさん会えました。

1月に来た時と比べ雪は少ないですが、雪融けは去年より遅いように感じました。



f0146493_22353595.jpg

↑入口 


↓ 歩道にはいたるところにツルアジサイの枯れた花などが散らかっています。
鳥たちが、実?種?をついばんで落ちたのでしょう。

f0146493_22354505.jpg


落ちているものは…
ツルアジサイ や ホオの実(写真は中がからです) 栗のイガなど様々              

f0146493_22355561.jpg




木の根もとから雪融けが始まる、根開きの様子

f0146493_22360274.jpg



キツツキの仕業でしょう、木くずが散らかっています

f0146493_22361147.jpg



一番雪融けが進んでいた斜面
ここで見つけたのは

f0146493_22361981.jpg



フキノトウ
三個見えています

f0146493_22362644.jpg



間もなく水芭蕉が咲く湿地

f0146493_22363845.jpg



雲から透けて見える太陽

f0146493_22365070.jpg



コゲラ

f0146493_22370020.jpg


ハシブトガラ

f0146493_22374578.jpg


アカゲラ・雌  

f0146493_22375361.jpg


ヤマガラ  

f0146493_22375994.jpg


ゴジュウカラ  

f0146493_22381054.jpg


この鳥には足環がついています。
どこかで調査している鳥なのかな  

f0146493_22382117.jpg



入口に戻り、駐車場からふれあいコースに向かいます
ふれあい交流館とやっと見えてきた青空  

f0146493_22383074.jpg


点々と見えるのは遊歩道沿いの柵
わたしの太ももの付け根くらいの高さがあるのですが
埋まったままです。   

f0146493_22384586.jpg


今日ここだけにあった土の道

f0146493_22385483.jpg


これはなんの芽?赤い芽が印象的なかわいい芽でした
イヌコウリ(犬行李)ヤナギと教えて頂きました!
芽が二つ向き合っているのはこのヤナギだけだそうです

f0146493_22390431.jpg


柳にはいろいろ種類があるそうですが・・・

f0146493_22395221.jpg


区別がつきませんが、上とは違う種類で丸っこい蕾がかわいらしい

f0146493_22400168.jpg

by maphananikki | 2016-03-19 22:59 | 野幌森林公園 | Comments(12)

野幌・登満別


先日、去年の3月の野幌は・・・とブログを見ていたら、18日に福寿草を見つけていました。
今年は現段階で去年より積雪が20㎝多いので、果たして花が見られるかどうか疑問です。
でもそのころに探検に行ってみたいと思います。
そんなブログの様子を見ていたら、野幌に行きたくなりました。
お天気と相談で、朝から晴れ渡った5日に出かけてみました。
月初めにかけて雪がずいぶん積もり、歩きにくそうな道の様子に、公園の北側出入り口にある
野鳥やエゾリスに会えそうな登満別園地にしました。
今年は冬鳥が少ないという情報ですが、果たして夏にお馴染の鳥たちしかいません。
でもシーンと静まり返った森の中はとっても心地よい場所でした。




f0146493_22405873.jpg


↑野幌森林公園の東側外周路
奥に見える山並みの下にガスが・・・


↓ガスがかかってる部分を拡大

f0146493_22411804.jpg



道の右側には霧氷の付いた木々が白く綺麗でしたが、写真では黒っぽい・・・^^;

f0146493_22412543.jpg



森の端でもわかりにくいですが、枝に張り付いた霧氷で白くきれいでした
帰りに通ったら、もう消えていました

f0146493_22413477.jpg


f0146493_22414382.jpg



登満別園地は車は数台あるものの、誰もいませんでした
東屋に向かう細い道が一本あるだけ

f0146493_22415064.jpg



こちらは森に入る道、ここも人がひとり歩けるだけの道

f0146493_22415626.jpg



早速出迎えてくれたヤマガラ

f0146493_22420356.jpg



ハシブトガラ

f0146493_22421378.jpg


ヒヨドリ
他に写真が撮れなかったけれど、ゴジュウカラ、ミヤマカケスがいました

f0146493_22422326.jpg




エゾリス
遠くで走り回っていて、しっかり撮れません

f0146493_22431799.jpg



上は白樺、これが4月になると花粉症のもと
右下はエゾヤマザクラかなあ?
f0146493_22432644.jpg



ナナカマドの実がかろうじて
真ん中はツルアジサイ 右はノリウツギ
f0146493_22433659.jpg


志文別線
スキーの跡の上を歩いてみたらズブズブと埋まるので、やめました
f0146493_22434360.jpg


遊歩道わきの木の上にアカゲラの雄
f0146493_22434868.jpg


中央線は除雪してあり広い道
この季節初めて歩きましたが、瑞穂口まで道は続いているのでしょうか
数年前に瑞穂口に行ったときは道らしい道はありませんでしたが
f0146493_22435623.jpg


帰り道、お気に入りの農道の小川に行って見ました
去年の6日は土手の雪がだいぶ消えていたのですが
土手の上には道もなく、車もUターンできません
f0146493_22440418.jpg


仕方なく民家のあるところまで進み、やっとUターンです
その途中の木々がこれまた霧氷できれいでした
f0146493_22441151.jpg


畑には融雪剤がまかれて黒くなっています
太陽光が反射して雪どけを進めるようです
農家ではブラックカーボンなどの融雪剤の散布を行っています。
木炭粉 や炭酸カルシウムを加えることによって土壌改良も同時になされることも 多いようです。
これにより、雪融けが1週間から10日早くなるそうです

f0146493_22442072.jpg



by maphananikki | 2016-03-06 23:13 | 野幌森林公園 | Comments(18)