花日記

<   2017年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

野幌・大沢口(’17・7・23)

オカトラノオに会いたくて大沢口に向かいました。
間に合ったけれど、今年は花が少ないなあ?
こういう年なんでしょうか。
この日は暑さにやられて這う這うの体で戻りました。
迎えに来てくれた車に乗り込むと、口をきくのもしんどい・・・
家に着くまで無言でした。見かねた夫が、赤信号ではうちわであおいでくれました^^;
水を飲み飲みでしたが、塩分が足りなかったのでしょうか、
熱中症とまではいかなかったけれど、こんなにつらかったのは初めて。
塩飴も持つべきだったと反省です。

この日もSさんにお会いして、お初の花を教えて頂きました。
更にその日は見当たりませんでしたが、まだお初があると言います。
宝はどこに眠っているのでしょう。



大沢口の手前で寄り道
オカトラノオ

f0146493_22574292.jpg



今年は花が少なく感じます

f0146493_22575071.jpg



クサレダマ(草連玉)

f0146493_22575629.jpg


f0146493_22580467.jpg



大沢口の前の沼地で
サジオモダカ

f0146493_22581191.jpg



ヤマハギ

f0146493_22581823.jpg



大沢口の中ほどにいる方が教えてくれました
写真には見えていませんが左横に朽ちた木があります

f0146493_22582448.jpg



この朽ちた大木には以前はフクロウがいて、毎度迎えてくれてるように見えたそうです
この方は40年通っていて、当時はフィルムカメラの時代だったので人もいなくて
今写真集を出してるようなカメラマンしか来なかったそうな。
わたしが通い始めて10年。そのころにはまだ倒れていなかったような気がします・・・

f0146493_22583009.jpg



トチバニンジン
実になったものと蕾・花が一緒

f0146493_22583606.jpg



トリアシショウマが花盛り

f0146493_22584217.jpg


f0146493_22591665.jpg



タチギボウシも四か所で見つけました

f0146493_22592446.jpg


f0146493_22593392.jpg



アマチャヅル

f0146493_22593972.jpg



シロバナカモメヅル  お初です
アマチャヅルより大きくてはっきり花がわかります

f0146493_22595116.jpg



ミズタマソウ

f0146493_22595861.jpg



ツチアケビも二か所で見ました

f0146493_23001146.jpg



一ヵ所目はやっと花が開花したばかり

f0146493_23001842.jpg



二か所目は結構開花が進んでいます

f0146493_23002586.jpg



ミヤマヤブタバコ

f0146493_23004639.jpg



オオウバユリもわずかに残っています

f0146493_23012072.jpg



大沢の池にアオサギ

f0146493_23012920.jpg



ヒトツバイチヤクソウ

f0146493_23013848.jpg



ゲンノショウコ    ドクダミ
ここのドクダミは片手で数えるほど

f0146493_23014545.jpg



トモエソウは終わった花やつぼみがまだ少し

f0146493_23015304.jpg



アクシバ  これもお初です

f0146493_23020180.jpg



トンボソウ 下の一輪だけ開花
この場所では初めて見ました

f0146493_23021030.jpg



ヤマニガナ

f0146493_23022091.jpg



トキワハゼ

f0146493_23022907.jpg



今日のお初は16点でした

f0146493_23024074.jpg



by maphananikki | 2017-07-28 23:19 | 野幌森林公園 | Comments(10)

野幌の帰り道(’17’・7・19)

夫が13日ごろから体調を崩して子守りもお休みでした。
病院で診察を受け単なる風邪とわかって安心したようで野幌にも送迎してくれました。
車を運転したがらなかった夫が、帰り道は寄り道しながら走ってくれました。
夫も安心して気持ちにゆとりが出たのでしょう。
これでもう大丈夫と私もホッと一安心。
おかげで大好きな小川の道やあまり通らない方の帰り道で、たくさんの野草や花に出会えました。
翌日からの子守りもこれならと思っていたら、娘が明日も来週も何とかするからゆっくり休んで
と言ってくれたので甘えてのんびりさせてもらいました。
まだ咳がとれないのですが、今日24日から子守りも再開です。



まずは大好きな小川の道に行きます。畑が広がる中にあります。
麦畑

f0146493_13192565.jpg



手前の草むらはムラサキウマゴヤシが群生

f0146493_13193292.jpg



反対側にはクサフジ

f0146493_13194272.jpg



小川の向こう岸にはエゾニワトコ

f0146493_13194860.jpg



ここで見たのは初めてのトモエソウ
何度見ても花びらの形が不思議です

f0146493_13195417.jpg



キツリフネ  イヌゴマ  オニノゲシ

f0146493_13200323.jpg



エゾスズシロ

f0146493_13200951.jpg



遠くから黄色く見えていた畑は何だろう?と思っていたら
葉が枯れてきたジャガイモ畑でした

f0146493_13201937.jpg



反対側の畑は赤蕎麦?と思いきや、なんとイヌタデの群生・・・

f0146493_13202609.jpg



ハコベ?  オオイヌノフグリ  カタバミ  エゾノミツモトソウ

f0146493_13203318.jpg



イヌカミツレ  ガガイモ  ノブドウのつぼみ

f0146493_13362601.jpg



小川から帰路の途中、曲がり角を曲がらず直進してみました
初めての道には何があるだろう・・・

f0146493_13363626.jpg



のんびりとキジバトが二羽、車にも動じることなく

f0146493_13364596.jpg



その道でであったこの花は何!?
とってもかわいい花でしたが、野草かなあ?
名前が知りたい

f0146493_13365189.jpg



ハコベの仲間

f0146493_13365915.jpg



クサレダマ

f0146493_13370745.jpg



そこそこ楽しんだ後はたま~に通る帰り道で
ジャガイモの花のこの色は珍しい

f0146493_13371797.jpg



道ばたには野草が色々
ガガイモ  ビロードモウズイカ  コンフリー  アカバナ

f0146493_13372566.jpg



イケマと右はオトギリソウにしては花が大きすぎるけれど・・・?

f0146493_13373494.jpg



花を栽培してるようです、中に紫陽花が見えます
外にあるのはアナベルでしょうか

f0146493_13374150.jpg



イモカタバミ?ムラサキカタバミ?それともオキザリス?
余りの愛らしさに うわぁ~~~♪

f0146493_13381221.jpg



花畑

f0146493_13382040.jpg



ジニア  ホタルブクロ  カラー

f0146493_13382871.jpg



花畑の奥にりっぱなマタタビ

f0146493_13383684.jpg



クリ

f0146493_13415797.jpg



お庭の道路際にキンシバイ

f0146493_13385110.jpg



シナガワハギ  エゾスズシロ  マツヨイセンノウ
コンフリー  エゾカワラマツバ  ノコギリソウ

f0146493_13421860.jpg



ナツツバキ

f0146493_13422866.jpg



ハナミズキ

f0146493_13423681.jpg



ヒマワリ

f0146493_13424559.jpg


しかし札幌の郊外はまだまだ自然が豊か・・・




by maphananikki | 2017-07-24 14:06 | 北海道 | Comments(15)

野幌・瑞穂~登満別(’17・7・19)

異常な7月の暑さのあとは雨。おかげで涼しくなったのは良いのですが
なかなか森を歩けずに、森のお仲間さんの花が咲いた情報に焦りが出ます。
曇りの怪しげな空でしたが晴れ予報を信じてやっと出かけました。
ついに晴れませんでしたが、汗っかきのわたしでも、気持ちよく歩けるいい気温。
一番見たかったトモエソウとクルマユリにも何とか間に合ったよう。
たくさんの今年のお初にウキウキと楽しみました。
大沢口からの道にも見たい花があるけれど、こちらはいつ歩けるかなあ。
しばらくまた雨予報が続いています・・・




トモエソウ
今まで見ていた場所に姿はなく諦めていたら初めての場所で発見
しかし草むら方向を向いていて写真が撮りにくい・・・

f0146493_10504041.jpg



笹のある草むらにはダニがいるかもと足を中々踏み出せません
が、思い切って前に周りやっと顔が見られました
そのあとは急いであちこち衣服を点検…

f0146493_10505488.jpg



クルマユリ
数か所で見られましたが、満開時は花が三輪つきますが、全部一輪でした

f0146493_10510237.jpg



こちらは蕾があるのでまた見られます

f0146493_10511628.jpg



ノラニンジン    シャク      ミツバ

f0146493_10512481.jpg



ウメガサソウ
いつもたくさん見られるのに全然ありません
間もなく開花しそうな花です

f0146493_10513004.jpg



キツネノボタンは花盛り   マツヨイグサ

f0146493_10513880.jpg



左はヤブハギ 右はヌスビトハギ
今まで区別がついていませんでした。ヤブハギは下部に葉が集中、
ヌスビトハギは上の方にも葉が付くそうです
今まで種が微妙に違うと思っていたのは、これらの違いだったのか?

f0146493_10514580.jpg



森の道

f0146493_10515270.jpg



紅葉も始まっています  もみじとナナカマド

f0146493_10520262.jpg



オオウバユリの咲く道

f0146493_10523618.jpg



花つきの良いオオウバユリ

f0146493_10524447.jpg



実いろいろ 10点あります

クワ  ツタウルシ  ナニワズ     サルナシ(コクワ)  ツリバナ

f0146493_10525279.jpg



エゾニワトコ

f0146493_10525931.jpg



マユミ  シウリザクラ     キタコブシ  ナナカマド

f0146493_10530883.jpg



キンミズヒキ  ウツボグサ  エゾノコンギク

f0146493_10531675.jpg



エゾスズラン

f0146493_10532406.jpg



ゲンノショウコ  ミヤマトウバナ  イヌゴマ

f0146493_10533246.jpg



白樺のある道

f0146493_10533903.jpg



ノリウツギ

f0146493_10534726.jpg



シナノキ

f0146493_10542532.jpg



イワガラミ

f0146493_10543280.jpg



別な道のオオウバユリ群生

f0146493_10543995.jpg



ドクダミ

f0146493_10544607.jpg



エゾアジサイ
こちらの装飾花は角ばっていますが

f0146493_10545548.jpg



こちらは丸みを帯びています
色合いも鮮やかです ピンクや赤紫なども

f0146493_10550324.jpg



アスチルベ
毎年見かけるけれど野草じゃないですよね・・・
森の中でハッとする美しさ、森に似合っていますが

f0146493_10551212.jpg



ヨツバヒヨドリ   ヒヨドリグサ

f0146493_10551848.jpg



ギンリョウソウ
ここで見られるツルアリドオシとクルマユリはもう終わっていました

f0146493_10552790.jpg



ガガイモ   ツユクサ

f0146493_10554220.jpg



今日のお初は24点でした

f0146493_10561243.jpg
f0146493_10561996.jpg


by maphananikki | 2017-07-21 11:23 | 野幌森林公園 | Comments(10)

中富良野・富田ファーム(’17・7・10)

富田ファームのラベンダーはどうなってるか?と思いながら来ましたが、意外や満開です。
一部まだの部分がありました。遅咲きなのかもしれません。相変わらず観光客でにぎわっていました。
後日新聞によると、やはりラベンダーは半分ほども傷みが出て打撃を受けたところが多かったそうです。
おかげで観光客の入りもかなり悪いということでした。
富田ファームははやめに苗を植え替えたので、大丈夫だったそうです。
もう夕方だったのに暑くて暑くてハンカチを握りしめて歩きました。

※ 下に「浦臼~美瑛」の更新があります


ラベンダー一ヵ所目

f0146493_22172695.jpg



一ヵ所目の続き

f0146493_22173591.jpg



園内  上はシモツケ

f0146493_22175162.jpg



東側の花畑

f0146493_22175972.jpg



一ヵ所目

f0146493_22180572.jpg



ラベンダー二か所目

f0146493_22181134.jpg



二か所目

f0146493_22182016.jpg



ラベンダー三か所目   ここはまだ早かったです
上の方はいつもはポピーで赤く染まるのに、今年は無しでした

f0146493_22183809.jpg



上のラベンダー畑の左にちらりと見えてる花畑

f0146493_22184381.jpg



ここの花はまだ早かったです

f0146493_22184953.jpg



十勝岳連峰がいつもはきれいに見えるのに~

f0146493_22192044.jpg



ハシドイ
ライラック(ムラサキハシドイ)の仲間

f0146493_22192653.jpg


f0146493_22193321.jpg



一ヵ所目のラベンダー

f0146493_22194014.jpg



奥に西側の花畑が見えます

f0146493_22194919.jpg



奥に東側の花畑が見えます

f0146493_22195685.jpg



西側の花畑  下の部分

f0146493_22200417.jpg



西側の花畑 上の部分

f0146493_22201182.jpg



真ん中に見えるホテルのそばに「風のガーデン」があります

f0146493_22201856.jpg



江別付近の夕焼け6:58

f0146493_22202523.jpg

by maphananikki | 2017-07-16 22:31 | 北海道 | Comments(14)

浦臼から美瑛へ(’17・7・10)

義姉の法要があり旭川まで出かけてきました。
雨予報で時に雷や集中豪雨の恐れもあったため、心配しながら出かけましたが
旭川に着く前から空は晴れ渡り、大変暑かったです。
おかげで無事法要を終えたあとは、美瑛・富良野周りで帰宅につきました。
のんびりとは周れませんでしたが、途中の景色を楽しんできました。
夫の姉から今年のラベンダーは、雨で根腐れを起こしてダメらしいよと聞かされていましたが
寄ったところではラベンダーは咲いていましたが、満開と言う感じではなかったです。
いつもなら満開の時期なのですが、植え替えたりして遅くなってるようです。

  ※ 後半の富田ファームは次回更新にします。



浦臼・麦畑とどんよりの空

f0146493_21310472.jpg



ブタナの群生

f0146493_21311177.jpg



旭川空港そばの畑の道に咲くイヌカミツレ
この道の突き当りは旭川空港のため行き止まり

f0146493_21311907.jpg



イヌカミツレ

f0146493_21312549.jpg



イヌカミツレ

f0146493_21313141.jpg



ここからいつも旭岳が綺麗に見えるのに・・・

f0146493_21313897.jpg



美瑛・ぜるぶの丘

f0146493_21314314.jpg


f0146493_21314817.jpg


f0146493_21315309.jpg


f0146493_21315914.jpg


f0146493_21323484.jpg


f0146493_21324121.jpg


f0146493_21324992.jpg



美瑛の丘

f0146493_21325781.jpg



美瑛の丘

f0146493_21330598.jpg



美瑛の丘

f0146493_21331293.jpg



美瑛・四季彩の丘

f0146493_21332048.jpg



花がまださびしい感じです

f0146493_21332791.jpg


f0146493_21333321.jpg



美瑛の丘

f0146493_21334182.jpg


富田ファームに続く



by maphananikki | 2017-07-16 21:40 | 北海道

野幌から当別へ花めぐり(’17・7・7)

野幌を歩いた後、新聞に出ていた近くのノハナショウブ群生地へ行きました。
以前に行った時と違う道だったので、登満別からこんなに近いのとびっくり。
畑作地帯でしたが、道々にノハナショウブやタチギボウシも見られてよい道でした。
そのあとはこれもまた新聞に出ていた当別の亜麻畑へ。
亜麻の花は午前中に咲き終わるので、私が行ったときは少しさびしい状態。
いつものお気に入りの道も歩き、いろいろな畑の作物を楽しみつつ帰路へ。

この日は今年一番の33.2℃と言う日でした。
冷房の車から出ると、その温度差に疲れました。
この日から4日連続の真夏日が続き、さらに気温の高い日々が続いています。
こんな年は初めての経験・・・
ネッ友さんたちの暑い夏を横目に(半分羨ましさも感じることもあったけど)
爽やかな7月の夏をいつもは楽しんでいたのに・・・いつもの夏が恋しい・・・




ノハナショウブ
昔はあちらこちらで自生していた花たちが、北海道の開拓が始まってからどんどん乾燥化
消えつつある花を地元の方々が保存に努めていらっしゃいます

f0146493_09294435.jpg


f0146493_09295621.jpg



木々の下にノリウツギがいっぱい

f0146493_09301357.jpg



かろうじてあったノリウツギ装飾花

f0146493_09302994.jpg



ノハナショウブは花菖蒲の原種だということです

f0146493_09323584.jpg



タチギボウシ    ハナニガナ

f0146493_09324929.jpg



防風林
その手前は麦畑さらに手前は草地

f0146493_09325905.jpg


南幌の三重湖
キショウブが無いとちょっとさみしい・・・

f0146493_09330648.jpg



スイレンは咲いていましたが、撮りにくい場所

f0146493_09331490.jpg



エゾニワトコの実   クワの実

f0146493_09332213.jpg



名前のわからない三種類の花

f0146493_09341029.jpg



ハマナス

f0146493_09341929.jpg




ヤマホロシ

f0146493_10034183.jpg



新江別大橋?から見た牧草地

f0146493_09342540.jpg



当別町東裏地区の亜麻畑

f0146493_09343295.jpg


f0146493_09344003.jpg



麦畑とイヌカミツレ

f0146493_09345071.jpg



イヌカミツレがあちこちで見られましたが、今まで見た記憶が・・・?

f0146493_09345838.jpg



ソバ畑

f0146493_09350881.jpg



ソバの花

f0146493_09351538.jpg



こちらはいつものお気に入りの道
ここにも麦とイヌカミツレ
センダイハギ  ノハラムラサキ

f0146493_09352207.jpg



コメツブウマゴヤシ    ミヤマトウバナ

f0146493_09355740.jpg



ムシトリナデシコ   ゲンノショウコ
クサフジ  エゾノキツネアザミ  ドクダミ

f0146493_09360512.jpg



オニシモツケ   クリの花

f0146493_09361284.jpg



アマニュウ    オオウバユリ

f0146493_09361881.jpg



麦畑

f0146493_09362782.jpg



田んぼ

f0146493_09363490.jpg



あぜ道のシロツメクサ

f0146493_09364322.jpg


f0146493_09365225.jpg




by maphananikki | 2017-07-13 09:56 | 北海道 | Comments(12)

野幌・大沢~登満別(’17・07・07)

30℃の予報が出ていた日でしたが、花を見逃したくないと思って
朝7時半に家を出て歩きました。
始めは風が涼しくて気持ちよかったのですが・・・
3時間歩いた後は汗と疲れでよれよれでした。
ウッカリ着替えの用意を忘れましたが、このあと新聞情報の花を見に
周るうちに、車の冷房で乾いてしまいました。
車から降りると、足元から熱気がまとわりつくような暑さでした。
この日は33.4℃にもなったのです。

  ※ 下にも遅くなった野幌を更新しています。ご覧くださいね。



いつもの入り口

f0146493_23150754.jpg



大木

f0146493_23151402.jpg



トチバニンジンの開花が始まりました

f0146493_23151806.jpg



オニシモツケの咲く道  満開です

f0146493_23152493.jpg



オニシモツケ

f0146493_23153015.jpg




ルイヨウボタン    ホウチャクソウ
エンレイソウ    ルイヨウショウマ

f0146493_23153770.jpg



ヒメヘビイチゴと実

f0146493_23154586.jpg



サルナシの花が落ちています

f0146493_23155116.jpg



がまだ残ってる花が何ヵ所かに

f0146493_23155966.jpg



ハエドクソウ

f0146493_23160627.jpg



ハイイヌツゲ

f0146493_23163977.jpg



キツネノボタンは咲き初めには花弁が3~4枚と言うこともあるようです
普通は5枚

f0146493_23164757.jpg



コウゾリナ

f0146493_23165323.jpg



チドメグサ  開花してますが、わかりにくい写真です・・・

f0146493_23170178.jpg



キツリフネ   コナスビ   ミゾホオズキ

f0146493_23170811.jpg



ナワシロイチゴ

f0146493_23171357.jpg



ミヤケラン

f0146493_23172132.jpg



ツルアジサの花が茶色くなりました

f0146493_23172776.jpg



ヨブスマソウのつぼみ

f0146493_23173836.jpg



オオウバユリとツチアケビのつぼみ

f0146493_23174544.jpg



ヨツバヒヨドリのつぼみ

f0146493_23181792.jpg



コイチヤクソウのつぼみ

f0146493_23182771.jpg



エゾスズランとアクシバのつぼみ
アクシバも去年教えて頂いたまだ見ぬ花です

f0146493_23194090.jpg



エゾニワトコとトチの実

f0146493_23194746.jpg



今日のお初は12点

f0146493_23195502.jpg


蕾は7点  開花が見られますように

f0146493_23200281.jpg


by maphananikki | 2017-07-09 23:32 | 野幌森林公園 | Comments(10)

野幌・大沢~記念塔(’17・6・30)

雨ばかりの天気ついでに後回しにした野幌、やっと歩いてみたら
見たかった花が2~3終わっていました。
まぁ仕方がないと今年は諦めです。

この日は、いつも会うSさんにお会いして花情報を頂いていたら、
近くで休憩していた女性が、わたしにも見せてくださいと仲間入り。
Sさんが自転車で先に行った後、その方がご一緒してもいいですかと
言うので一緒に歩くことになりました。
何と茨城から一人で、本で知ったというここ野幌へ来られたとか。
親の介護が始まって、このままでは自由な時間が無くなると思い、
家族に宣言して飛び出してきたそうです。
木や昆虫特にキノコが好きだという女性、詳しくてびっくりです。
キノコは家に帰ってから顕微鏡で調べて特定するとか。
わたしが素通りする葉っぱの上の虫を目ざとく見つけて○○です、と。
お互いに教えられたり教えたりしながら、新鮮な気持ちで歩いた森の中でした。

  ※ 次も野幌なので、コメント欄は閉じさせていただきました。



大沢口

f0146493_22451327.jpg



オオハナウドの種

f0146493_22452196.jpg



ウマノミツバ

f0146493_22452857.jpg



チシマアザミ   下・下からのぞいたところ

f0146493_22453889.jpg



オニシモツケ

f0146493_22454473.jpg



クルマバツクバネソウ  フタリシズカ  オオダイコンソウ

f0146493_22455794.jpg



キンポウゲ

f0146493_22460406.jpg



キンミズヒキ    ハナニガナ

f0146493_22461206.jpg



ミヤマナルコユリ
Sさんが持ち上げて見せてくれなかったら、気が付かなかったでしょう

f0146493_22462143.jpg



輝く葉

f0146493_22462951.jpg



ツルアジサイの花が開花

f0146493_22470397.jpg



ツルシキミの新旧の実

f0146493_22471003.jpg



クワの実

f0146493_22471862.jpg



シウリザクラの実

f0146493_22472463.jpg



シダ(ワラビ?)の新葉かと思ったら・・・

f0146493_22474500.jpg



胞子のうをもつ胞子葉かな

f0146493_22473206.jpg



ジンヨウイチヤクソウがかろうじて残っていました
見えている葉は別の植物です

f0146493_22475242.jpg



イワミツバ
去年教えて頂いた花を初めて見られました

f0146493_22480186.jpg



イワミツバ

f0146493_22480736.jpg



ランのつぼみは何のラン?

f0146493_22481478.jpg



記念塔広場のブタナ

f0146493_22485244.jpg



あちこちで群生

f0146493_22490177.jpg



コウリンタンポポも混じっています

f0146493_22490932.jpg



ウツボグサも

f0146493_22491743.jpg



ヒトフサニワゼキショウが以前に見た場所とは違うところで

f0146493_22492621.jpg



今日のお初は8点

f0146493_22493314.jpg





by maphananikki | 2017-07-09 23:03 | 野幌森林公園

オロフレ山のふもとで(’17・6・28)

ヨコスト湿原から、登別方面に向かいオロフレ峠、オロフレ山駐車場まで行きます。
2時を回っていたせいか、車も数台しかありませんでした。
昼過ぎから雲が広がり、山はどんよりです。
山道に入りたかったですが、時間も遅いしと駐車場の周辺や下り道を歩いただけでしたが
やはりここは花が豊かです。たくさんの野草を楽しみ、洞爺湖周りで帰宅の途につきました。



左奥がオロフレ山(たぶん)
駐車場の右の草むらや写真手前の小高い丘の上で花を観ます
f0146493_10271487.jpg




登別方面から来た山道

f0146493_10274765.jpg



ダケカンバ

f0146493_10275597.jpg



登山口右手のチシマキンバイ
今回はまだ群生には早かったようです

f0146493_10280726.jpg



チシマキンバイ

f0146493_10281471.jpg



ヨツバシオガマ

f0146493_10282382.jpg


f0146493_10282819.jpg



ミヤマオダマキ

f0146493_10283649.jpg



マイヅルソウ
タカネミミナグサ?  マルバシモツケはまだつぼみ

f0146493_10284499.jpg



ハクサンチドリはいたるところに

f0146493_10285473.jpg


f0146493_10290446.jpg



がけ崩れ防止の金網の下の
チングルマとミヤマオダマキが健気です

f0146493_10310838.jpg



来馬岳に行く小山の道で
終わりのチングルマ

f0146493_10311567.jpg



わずかに咲くチングルマ

f0146493_10312348.jpg



チシマフウロ

f0146493_10313149.jpg



イワツツジ?

f0146493_10313704.jpg



イワカガミ

f0146493_10314682.jpg



ハクサンボウフウ

f0146493_10315491.jpg



下りの道でも花探し 主に左側で

f0146493_10320389.jpg



ウコンウツギ

f0146493_10321250.jpg


f0146493_10322031.jpg



昆虫が受粉すると花の中の色が赤くなるそうです。
赤くなると昆虫には見えなくなって黄色い若い花に行く
という仕組みのようです

f0146493_10330778.jpg



野幌では終わってる花
マイヅルソウ  ニョイスミレ  オオタチツボスミレ  シロバナノエンレイソウ

f0146493_10331456.jpg



このはなも終ってしまったなあ
ミツバツチグリ

f0146493_10332261.jpg



ノウゴウイチゴ

f0146493_10333084.jpg



カキドオシ

f0146493_10333721.jpg



ノビネチドリ

f0146493_10334511.jpg



ビューポイントから洞爺湖
こんな空で残念…

f0146493_10335216.jpg



洞爺湖に下りてもどんより

f0146493_10340033.jpg



切り抜いてみましたが、鳥の名前は?

f0146493_10340778.jpg




by maphananikki | 2017-07-06 11:00 | 北海道 | Comments(12)

ヨコスト湿原(’17・6・28)


樽前山のふもとからは、苫小牧に出て白老に向かいます。
海沿いの道を車を走らせていると先の方に見えるのは「逃げ水」じゃないですか。
たまたま前日だったか、火野正平さんの出る「こころ旅」で逃げ水を見たばかりでした。
気温の高い日に現れる地上の蜃気楼と言うことです。
追いかけても追いかけても追いつくことのない水なのです。
夏場には案外とよく見る現象ですが、逃げ水と言う言葉は知りませんでした。

ヨコスト湿原のあとは、近くにポロト湖や萩の里自然公園などがあるのですが
オロフレ山まで行くことにしました。

※ 下にも更新があります『支笏湖~樽前山麓』



逃げ水
道路の向こうが濡れているように見えませんか?

f0146493_23023135.jpg




ヨコスト湿原
何もないように見えますが、中にはいろいろな花が見られます

f0146493_23023884.jpg



ヒオウギアヤメ

f0146493_23024554.jpg



ハマエンドウ

f0146493_23025472.jpg



ハマエンドウ

f0146493_23030459.jpg



ハマエンドウ

f0146493_23031186.jpg



ハマナス

f0146493_23031883.jpg


f0146493_23032405.jpg



ハマナスはあちらこちらで群落

f0146493_23033349.jpg



ハマナス

f0146493_23034147.jpg



ハマナスとエゾスカシユリ

f0146493_23034813.jpg



エゾスカシユリ

f0146493_23051961.jpg



ヒメイズイがここにあったとは     オオダイコンソウ

f0146493_23052873.jpg



ハスカップ?

f0146493_23053309.jpg



釣りをする人 マスが釣れるそうです   オオセグロカモメ

f0146493_23054170.jpg



樽前山

f0146493_23054867.jpg



エゾキスゲ

f0146493_23055706.jpg



ヤナギトラノオ    キンポウゲ

f0146493_23063010.jpg



ハマフウロソウ

f0146493_23064107.jpg



ハマヒルガオ

f0146493_23064962.jpg



アサツキ

f0146493_23072216.jpg



センダイハギ

f0146493_23073076.jpg



湿原の東の端には民家がすぐそこに

f0146493_23073788.jpg



ハクセキレイ

f0146493_23074592.jpg

『オロフレ山のふもとで』に続く


by maphananikki | 2017-07-02 23:16 | 北海道 | Comments(8)