花日記

タグ:鳥 ( 174 ) タグの人気記事

野幌とおまけの小川

28日はいつもの内科に行き、先月の健康診査の結果を聞いてきました。
何処にも異状なしでホッ。冬の間にかなり体重が増えたので内心心配でした。
そして一年前に図書館に予約した当時話題の「火花」、やっと連絡が来たので受け取りに行き、
そのまま野幌の森の様子見に。
のんびり森歩きしてる時間は無いので、車で行けるトド山口と登満別口に行きました。
どちらもエゾエンゴサクやエンレイソウが見られましたが、ニリンソウの姿はありません。
お気に入りの農道のそばの小川に寄り道して、こちらでも楽しんできました。
大沢口の方を歩けば、いろいろ花が咲き始めてるようです。
いつ歩けるかなあ。


トド山口

f0146493_21015115.jpg



エンレイソウ

f0146493_21015826.jpg



福寿草とエゾエンゴサク

f0146493_21020380.jpg



エンレイソウ   エゾエンゴサク   福寿草

f0146493_21021903.jpg



アオジ
この鳥が樹上にいるのを見るのは珍しいです

f0146493_21022704.jpg



登満別口
カタクリは咲き始めでつぼみもあります

f0146493_21023563.jpg


f0146493_21024044.jpg



エゾエンゴサク

f0146493_21024947.jpg



ザゼンソウ

f0146493_21030071.jpg



アカゲラ

f0146493_21030746.jpg



原の池

f0146493_21034959.jpg



キンクロハジロがいました

f0146493_21035868.jpg



ツクシ

f0146493_21040868.jpg



ここでは初めて見るエゾノリュウキンカ

f0146493_21041585.jpg


f0146493_21042356.jpg



ここにあるのも知らなかった水芭蕉

f0146493_21141802.jpg



キタコブシ

f0146493_21043083.jpg



ナニワズ

f0146493_21043955.jpg



ヒメイチゲ

f0146493_21044737.jpg



お気に入りの小川で

f0146493_21051839.jpg



ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリ

f0146493_21052436.jpg


f0146493_21062935.jpg



ニリンソウは結構咲いていました

f0146493_21063826.jpg


f0146493_21064460.jpg



フッキソウのつぼみ

f0146493_21065227.jpg




by maphananikki | 2017-04-29 21:17 | 野幌森林公園

春の花・当別~浦臼へ

特に忙しかった先週、日曜日はのんびり休養日、と決めていたのに
段々空が青くなってくるとそわそわが始まります。
そこへ夫も同じ気持ちなのでしょう、「花を見に行こうか」「いこいこ~♪」
ささっと準備をして出かけたのはいいのですが、出掛ける予定ではなかったので
カメラの電池が・・・
数日前から残量が少ないマークが出ていました。
まぁ今年は花が遅そうだから何とか間に合うかも?と淡い期待と言うのも変ですが
仕方が無いのでそのまま出かけました。
ところがこちらの予想と違い、花がたくさん咲いています。
いつもならとりあえずパチリパチリしまくるのに、数枚撮っては我慢がまん^^;
最期までハラハラしながら、でも何とか間に合いました。
いつもなら500枚前後撮るところ、200枚でした(^^ゞ



最初に寄ったのは、アオサギの営巣地
左の木の上の黒い点々が巣です。

f0146493_10461094.jpg



巣を見守るようにアオサギたちがいます

f0146493_10461899.jpg



時々飛び立つアオサギ

f0146493_10462412.jpg



当別町のお気に入りの道で
ツクシが群生
数本だと愛らしく思えるのに、すごい数があるとなんだかな・・・

f0146493_10462974.jpg



エゾエンゴサクもアズマイチゲも去年よりたくさん

f0146493_10463869.jpg



水芭蕉も小規模ながらあちこちに

f0146493_10464695.jpg



キクザキイチゲも群生

f0146493_10465201.jpg



月形町の偕楽公園で
白鳥も鳥も見えない…と思ったら奥の赤い橋の向こうに

f0146493_10473085.jpg



白鳥やカモが数羽

f0146493_10473864.jpg



土手に群生するエゾエンゴサクは満開
去年のほぼ同時期は残雪もあり、花は蕾がわずかでした

f0146493_10474344.jpg



エゾヤマザクラの咲く予定の土手の道
右手にもエゾエンゴサクがいっぱいです
でもニリンソウはまだでした

f0146493_10474924.jpg


f0146493_10475643.jpg



浦臼町の「いこいの森公園」に行く坂道

f0146493_10481906.jpg



上の道を歩く前に、左手の小山の道
エゾエンゴサク、カタクリ、キクザキイチゲが満開

f0146493_10482692.jpg



カタクリ

f0146493_10483247.jpg



公園の中にある浦臼神社のエゾエンゴサクの群生地
ここは一部分です

f0146493_10483745.jpg



エゾエンゴサク

f0146493_10484379.jpg



カタクリと一緒

f0146493_10484933.jpg



福寿草も

f0146493_10490091.jpg



浦臼神社1910年創建

f0146493_10490889.jpg



キバナノアマナ

f0146493_10491686.jpg



さて帰ろうといつもと違う山側の道を進むと道の両側に
水芭蕉とエゾノリュウキンカ(道の左手)

f0146493_10495165.jpg



道の右手の水芭蕉

f0146493_10500063.jpg



初めて見る花、エゾキンポウゲ
草丈が低く、花はキンポウゲ(ウマノアシガタ)より気持大き目

f0146493_10500895.jpg



エゾキンポウゲ

f0146493_10501787.jpg



エゾノリュウキンカ

f0146493_10502654.jpg



白樺林の奥にある家
こんなところにも住む人が・・・

f0146493_10503389.jpg



畑もまだ寒々しい景色です

f0146493_10504127.jpg


by maphananikki | 2017-04-24 11:09 | 北海道 | Comments(12)

野幌・埋蔵文化財センターから

今日は札幌も19℃にもなったようです。
毎日慌ただしく過ぎて行き、時間があると眠たくてたまらないほど体は疲れているのに、
森に行くとなれば、身体はシャキッ!わくわくです。
予報と違い朝から晴れてきたので、急きょ出かけることにしました。
ですが、森の道も大沢口からはまだ雪も多く残り、長靴でないと大変。
それに気温が高いので、暑くて暑くて参りました。
大沢の池方向は省略したのに、かなり体力消耗しました。
前回と同じ埋蔵文化財センターから大沢コース、記念塔へと出る道2時間半でした。
福寿草はもうあちらこちらに、エゾエンゴサクの開花株はまだ片手で数えるほど、
ニリンソウのつぼみはたったの一輪だけ、ヒメイチゲは咲いてる、エンレイソウも
つぼみが出ていると言うのに、見つけられず・・・
徐々に春が本物になっています。



トドマツの下にはフキノトウが群生

f0146493_22475173.jpg



フキノトウ

f0146493_22480115.jpg



フキノトウとザゼンソウ

f0146493_22480945.jpg



ふれあいコースはほとんど土の道ですが、まだこんな道も

f0146493_22481518.jpg



アズマイチゲが一番多く咲く場所で

f0146493_22482115.jpg



アズマイチゲ

f0146493_22482799.jpg



ナニワズはもう数日で開花

f0146493_22483415.jpg



トドマツの花芽ももう少しかかりそう

f0146493_22483973.jpg



キタコブシもまだです

f0146493_22484516.jpg



大沢口の雪はすっかり消えました

f0146493_22485144.jpg



入口からすぐの道はいつも花が早く咲きます
水芭蕉

f0146493_22495623.jpg



林床には福寿草がいっぱい

f0146493_22500426.jpg



福寿草

f0146493_22501133.jpg



大沢コースはまだ雪が多く残っていました

f0146493_22502118.jpg



水芭蕉の咲く湿地
まだ花には早いです

f0146493_22502937.jpg



左手から中ほどにある遊歩道の左側にも湿地が続く
水芭蕉が咲く一番広い場所

f0146493_22503602.jpg



その湿地を望みながら登る坂もまだ雪がいっぱい

f0146493_22504450.jpg



エゾエンゴサク

f0146493_22505048.jpg



ヤマゲラ

f0146493_22505815.jpg



記念塔に向かう道、ここが一番ひどい雪道でした
水たまりはあるし、非常に歩きにくい道

f0146493_22510556.jpg



記念塔広場のキクザキイチゲ

f0146493_22513836.jpg



まだ満開にはなっていません

f0146493_22514689.jpg

by maphananikki | 2017-04-15 23:16 | 野幌森林公園 | Comments(16)

北帰行途中の鳥たち(3・28)

いいお天気が続き、気持ちがそわそわしていた日、ドライブの誘いです。
野幌の小川は花が顔を出しただろうか?とまずそこに行きたい私。
夫は長沼の川に白鳥がいるんじゃないかとそちらに気持ちが。
運転者にお任せで長沼に行ったところ、いましたいました。
すると、宮島沼はどうだろうかとなり、そちらに足を延ばすことにしました。
途中寄り道しながら久々のドライブです。
まだ真っ白な雪原と、融雪剤をまいて土が出てる畑を見ながら楽しんできました。




野幌・トド山は歩くとズブズブ埋まりました

f0146493_14041763.jpg



トド山付近の畑では、土から水蒸気が立ち上っています

f0146493_14043151.jpg



長沼町の馬追(マオイ)運河
手前の橋の欄干下には

f0146493_14043830.jpg



白鳥が8羽

f0146493_14044532.jpg



反対側にはカモ類が13羽いました

f0146493_14045056.jpg



上 ヒドリガモの雌(上)と雄(下)     下はオナガガモ多分

f0146493_14045915.jpg



運河の隣の畑にも白鳥が

f0146493_14050662.jpg



野幌の小川の土手
一見まだ何もないようですが

f0146493_14051637.jpg



福寿草が2輪

f0146493_14052241.jpg



顔を出したばかりのヒメオドリコソウが3輪ほど

f0146493_14052965.jpg



フッキソウのつぼみはたくさんまとまってあります

f0146493_14060360.jpg



小川のそばの畑はまだ雪原

f0146493_14061045.jpg



野幌・登満別園地
真ん中の木には

f0146493_14062437.jpg



3月初めに見た赤い実がまだたくさん

f0146493_14063294.jpg



おなじみの鳥たちもたくさんいます

f0146493_14063991.jpg


f0146493_14064751.jpg



凍り付いてた偕楽公園の池から宮島沼の間にいた白鳥

f0146493_14065613.jpg



宮島沼もまだ凍り付いています
様子を見に来ていた年配のご夫婦が、近くの畑にマガンがたくさんいると教えてくださいました

f0146493_14070578.jpg



沼の近辺の畑

f0146493_14071206.jpg



飛んでくるマガン

f0146493_14072094.jpg


f0146493_14075351.jpg



それを狙ってるかのように見つめるトビ

f0146493_14080349.jpg



雪どけの畑にいるマガン

f0146493_14080900.jpg


f0146493_14081848.jpg



沼はまだ凍っていますが、夜はどこで休むのでしょうか
近くの石狩川や美唄川でしょうか

f0146493_14082631.jpg



by maphananikki | 2017-03-30 14:32 | 北海道 | Comments(15)

野幌・埋蔵文化財センターから(’17.3.26)

19日に福寿草が開花したと知りました。
が、用事やお天気のせいでなかなか出かけられずにいました。
この日も午後から用があったけれど、もう待てないとばかりに森に走りました。
大沢口の手前の埋蔵文化財センターまで来たところで気が変わって、
そこから森に入りました。
心配するまでもなくまだまだ道は固く締まり、安心して歩けました。
大沢口も先月よりは雪は減っていましたが、まだ春が来たと言う気にもならない残雪です。
それでも目的の福寿草や鳥たちに出会い、楽しい気持ちで歩いてきました。

話は変わりますが、娘が職場内異動で大変忙しい部署に変わります。
4月は残業続きになりそうと言うので、私の出番かもしれません。
孫たちを保育園に迎えに行き、夕食を作り食べさせて、親の帰りを待つことになりそう。
今年の春の花はどこに見に行こうかとウキウキしていた気分もどこかにぶっ飛んでしまいました。
遠出は無理かもしれませんが、まぁこんな年もあるってことで、仕方がないですね。



埋蔵文化財から入ると草地が広がる場所なので、雪原が続きます
真ん中に見える丸太の柵は私の太もも付け根の高さです。
なのでまだここは40~50センチほども積もっているのでは・・・

f0146493_21344651.jpg



まん丸いネコヤナギの芽

f0146493_21350521.jpg



大好きなめったに会えないシマエナガ♪
かろうじてこれ一枚だけが撮れました
夏になると高い梢にいるので、ますます会えなくなります

f0146493_21351116.jpg



雪どけしてる場所も。下はナナカマドの実かな?

f0146493_21352233.jpg



野幌開拓百年記念塔が見えます

f0146493_21352949.jpg



カラマツ林では以前に鳥たちを見ていますが、今回は誰もいなく・・・
ここの丸太の柵はほぼ雪に埋もれています

f0146493_21353602.jpg



カラマツの花芽も大きくなり始めています

f0146493_21354184.jpg



アカゲラ

f0146493_21354726.jpg



土の道はふかふかと足にとっても優しかったです

f0146493_21355628.jpg



ヤドリギ
下はできたばかりですね

f0146493_21360300.jpg



道ではない右手に踏み跡が
何があるんだろうと目で追うと、わお!花が咲いてるみたい

f0146493_21363981.jpg



最初に見たのとは違うネコヤナギ

f0146493_21364477.jpg



ちょっと細長いです
ネコヤナギにもいろいろ種類があるようです

f0146493_21365001.jpg



これが上のネコヤナギの木
ネコヤナギってもっと貧弱なイメージでしたが、この木は立派です

f0146493_21365523.jpg



大沢口
2月末に来たときは正面の柵の文字の辺りまで雪でした

f0146493_21370200.jpg



まだまだ雪がいっぱいです

f0146493_21370793.jpg



それでも日当たりの良いところはこんなに雪が消えています

f0146493_21371457.jpg



フキノトウもちらほらと

f0146493_21372247.jpg



いつも一番早く開花する場所の福寿草
写真には四輪しか見えませんが、十輪くらい咲いていました

f0146493_21372909.jpg


f0146493_21373552.jpg


f0146493_21381020.jpg



ハシブトガラ

f0146493_21381722.jpg



ヤマガラ

f0146493_21382480.jpg



コゲラ
この鳥は二羽で追っかけっこしてました。
恋の季節なのかな?

f0146493_21383317.jpg



この日は団体さんのグループがたくさん通りました
野幌の森の探検?観察?会があったようです

f0146493_21384071.jpg



突き当りの赤い看板の右手奥の駐車場から溢れた車が路上駐車中
見えていない左奥の道にもずらりとでした

f0146493_21385265.jpg



上の大沢口に行く道は文京台通りですが、私はひそかに白樺通りと呼んでいます

f0146493_21385905.jpg

by maphananikki | 2017-03-27 22:02 | 野幌森林公園 | Comments(10)

野幌・登満別園地('17.3.8)

最近予報よりお天気が良いのです。
けさも晴れる予報なんかじゃないのに、ピカピカに輝く青空でした。
すぐさま、どこかに行こうと意見が一致。
ただ予報は雪なので、天気が崩れたら困るから近場で。
と言う訳で、お正月明け以来の登満別園地へ行ってきました。
エゾリスがいるかなと期待半分でしたが、真新しい足跡はたくさんあるものの
姿は全くありませんでした。
お天気が良いせいか、カメラを持った方もそこそこ来てました。
あんまり収穫は無かったけれど、まぁいいか・・・(^^ゞ

札幌の真冬日(最高気温の)は平均すると3月11日には終わるそうです。
去年は3月3日が最後だったとか。
今年は今のところ3月4日です。このまま暖かくなる一方だと嬉しいなあ。



野幌の東側の外周路
出掛けた時はこんないいお天気だったのです

f0146493_23223771.jpg



途中の右手の畑

f0146493_23225314.jpg



登満別園地 10:21

f0146493_23230309.jpg



シジュウカラや

f0146493_23230805.jpg



ヤマガラや

f0146493_23231496.jpg



ハシブトガラ(ヒガラかも)など毎度おなじみの鳥しかいません

f0146493_23232193.jpg



赤い実がいっぱいついたこの木、何の木!?

f0146493_23232658.jpg



ズミかなあ、春に気が付いたことはないですが
鳥たちの餌にはならないのか、残ってるのが不思議

f0146493_23233189.jpg



大きなヤドリギ

f0146493_23233809.jpg



北海道にはないと言われてる杉

f0146493_23234673.jpg



森の中の道もまだまだ雪深いです

f0146493_23241961.jpg



キタコブシ

f0146493_23242515.jpg



エゾヤマザクラ

f0146493_23243226.jpg



ツルアジサイ

f0146493_23244031.jpg



森の近くの農道にある小川
ここに来たときはすでに雲が一面に覆っています 11:03
福寿草や、オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウはいつみられるの?

f0146493_23244594.jpg



最後の青空も雲に覆われようとしています。
この後帰宅途中から雪になりました

f0146493_23245351.jpg




by maphananikki | 2017-03-08 23:35 | 野幌森林公園 | Comments(10)

北海道開拓の村

北海道開拓の村では「桃の節句 ひなまつり」が開催中です。
お雛様が近いし、明日から天気は荒れると言うし、晴れてるから行って見ようと出かけました。
こんないいお天気なのに、村内にはお客さんの姿もまばらで何とももったいないこと。
冬は敬遠されがちなんでしょうね。
運動不足のわたし、帰りは博物館周りで記念塔により、国道のバス停まで歩きました。
3~4キロは歩いたでしょうか。暖かい日だったので、汗をかき、いい運動になりました。

写真はたくさん撮ったのですが、載せきれないのでお雛様のあるお宅中心にしてみました。
ひな人形も大正時代から昭和後期までの17組が飾られていますが、そのうちの一部のご紹介です。



開拓の村への入り口になる管理棟
旧札幌停車場(明治41年・札幌)

f0146493_22461048.jpg



旧開拓使札幌本庁舎(明治6年・札幌)
現在はビジターセンターになっていて、中は立派な現代の内装です

f0146493_22462437.jpg



開拓の村のジオラマ
今回は左側の市街地部分を歩きました

f0146493_22463768.jpg



村内

f0146493_22464720.jpg



旧浦河支庁庁舎(大正8年・浦河)

f0146493_22465917.jpg



当時の明かりと暖房

f0146493_22470722.jpg


f0146493_22471609.jpg



旧来正旅館(大正8年・旭川)

f0146493_22472283.jpg



大正14年のおひな様

f0146493_22472796.jpg



家の中の様子

f0146493_22473637.jpg



旧三〼河本そば屋(明治42年・小樽)

f0146493_22481812.jpg



f0146493_22482600.jpg



昭和29年のおひな様

f0146493_22483173.jpg



旧武井商店酒造部(明治19年ごろ・泊)

f0146493_22483776.jpg


f0146493_22484214.jpg



昭和5年、10年、20年のおひな様(ほかにも多数ありました)

f0146493_22484972.jpg



旧青山家漁家住宅(主屋大正8年・小樽)
こちらの別邸が小樽市に残されていて、見学ができます

f0146493_22485604.jpg



ニシン漁のやん衆が寝泊まりしていました

f0146493_22490299.jpg


f0146493_22490925.jpg



昭和5年のおひな様

f0146493_22491410.jpg



移動中見つけたツグミ

f0146493_22495606.jpg



旧竹岡商店(明治31年・新ひだか)

f0146493_22500498.jpg


f0146493_22501222.jpg


f0146493_22502144.jpg


f0146493_22502859.jpg



昭和初期のおひな様

f0146493_22503692.jpg



旧近藤染物店(大正2年・旭川) 旧小樽新聞社(明治42年・小樽) 旧広瀬写真館(大正13年・岩見沢) 

f0146493_22504403.jpg



野幌百年記念塔

f0146493_22505300.jpg


by maphananikki | 2017-03-01 23:17 | 野幌森林公園 | Comments(14)

野幌・大沢口(2017・2・22)

久々に野幌を歩いてきました。
1月15日に登満別をウロウロ、その前は11月30日でした。
長らく歩いていないので雪道をしっかり歩けるだろうかと心配になったほどでしたが
道は固く締まり、何ら問題なく2時間15分歩けました。
今日は予報によるとプラスの気温だったんじゃないかと思いますが、歩いていると
汗ばむくらいで気持ちよかったです。
鳥の写真が撮れたらいいなくらいの気持ちで歩きましたが、自然現象の日暈や、久々の
クマゲラの姿にきてよかったぁ~とにっこにこで森歩きを楽しみました。
一番早くに福寿草が見られる場所もまだ雪に覆われていましたが、次は見られる頃かなあ。



入口
去年より雪は多く、一昨年よりは少ないです

f0146493_23070991.jpg



雪道は固く締まり平坦で歩きやすかったです

f0146493_23071881.jpg



ツリバナがまだ残っていました

f0146493_23072551.jpg



倒木の上の雪とキノコ
雪は50センチくらいはあるでしょうか

f0146493_23073336.jpg



シジュウカラ

f0146493_23074128.jpg



シジュウカラのペアが一緒にあっちへこっちへ

f0146493_23074717.jpg



ハシブトガラ(ヒガラかも)

f0146493_23075253.jpg



ヤマガラ

f0146493_23075856.jpg



春に水芭蕉の咲く湿地もまだ深い雪

f0146493_23080550.jpg



突き当りは大沢の池

f0146493_23081112.jpg



大沢の池は凍り付いて雪原

f0146493_23085019.jpg



歩くスキーを楽しむご夫婦

f0146493_23085560.jpg



テーブルとイス

f0146493_23090224.jpg



ツルアジサイと手前ノリウツギ

f0146493_23103825.jpg



ツルアジサイ     ノリウツギ

f0146493_23104675.jpg



森の奥へと延びる足跡

f0146493_23105473.jpg



キタコブシの実がまだこんなに!
美味しくないのかな?
ナナカマドやツルウメモドキなどの実はもう見当たりませんでした

f0146493_23105885.jpg



キタコブシ、よく見ればつぼみが

f0146493_23110787.jpg



来た道を振り返ったとき、空に虹色が見えてあれ?

f0146493_23111637.jpg



日暈(ひがさ)でした
これが見られるときは、お天気は下り坂です

f0146493_23112349.jpg



キューンキューンと言う鳴き声とともにクマゲラが飛んできました
近くの木に降りて、ラッキー♪

f0146493_23115905.jpg



盛んに鳴いています。ややしばらくいましたが、飛び立つ気配もなくずっと木の上にいました

f0146493_23120835.jpg



ヤドリギ

f0146493_23121870.jpg


by maphananikki | 2017-02-22 23:25 | 野幌森林公園 | Comments(16)

百合が原公園・温室

1月31日から「雪割草展」開催なので晴れた日に出掛けたいと思っていました。
朝から雪のこの日、昼前からみるみる青空が広がり、この後も雪予報ばかりなので
いつもより遅い時間だけれどけれど行って見ようとなりました。

毎年、10日前後に出かけていましたが、今年開催が早いのはなぜなのか?
それゆえか花がまだ開き切っていないものが多く、写真に撮るのが難しかったです。
また温室内の花も少なく、さびしい雰囲気でした。
それでも初日なのに人出も少なく久々に花が撮れて、ゆっくりと遊んできました。



百合が原公園・緑のセンター

f0146493_21125466.jpg



歩くスキーコースがあります

f0146493_21131223.jpg



温室に入るとすぐの「中温室」にはかんきつ類がいっぱい

f0146493_21132803.jpg



「大温室」のミモザはまだ小さな蕾

f0146493_21133504.jpg



温室の周囲には椿がびっしりと植えられています

f0146493_21134382.jpg



満開の椿もあります

f0146493_21135680.jpg



ビオラと葉牡丹が多かったです

f0146493_21140310.jpg



「雪割草展」
50種100鉢の花が集められてるそうですが、去年より少なく思えました
ただでさえ小さい花なのに、開花していないので余計少なく見えたのかも?

f0146493_21141052.jpg



かろうじて開花してた花

f0146493_21141628.jpg



左からヤブツバキ系「秋一番」 右上・ヤブツバキ系「野々市」 右下・サザンカ「乙女」

f0146493_21142444.jpg



左・ワビスケ系「相模侘助」 右上・ユキツバキ系「初刈」 右下・ツバキ(ヤブツバキxチャ)「炉開き」

f0146493_21150453.jpg



ビオラと葉牡丹寄せ植え

f0146493_21151162.jpg



ハボタン

f0146493_21151973.jpg



シクラメン

f0146493_21152551.jpg



ピラカンサス

f0146493_21153272.jpg



小温室のハーデンベルギア

f0146493_21153937.jpg



アザレア

f0146493_21154728.jpg



プリムラ

f0146493_21155513.jpg



園内
散策コースがあります

f0146493_21160431.jpg



リリートレイン駅は冬季休業中

f0146493_21161100.jpg



サイロ展望台

f0146493_21165299.jpg



帰路、信号待ちしてると街路樹のナナカマドに鳥がたくさん

f0146493_21170149.jpg



アトリのようです
西日本に多い鳥だとか こういうのが嬉しいおまけです♪

f0146493_21170839.jpg


by maphananikki | 2017-02-01 21:31 | 百合が原公園 | Comments(10)

野幌周辺


厳しい寒さと大雪の予報が5日間ほど続きましたが、
札幌は寒さは厳しいものの、雪は意外と降りませんでした。
札幌は、と言うよりは我が家の地区はと言うのが正しいかもしれません。
そして意外と青空の日々でした。
野幌に行きたいと思いつつ、用事があってかないませんでしたが、けさの空に
野幌日和~♪と飛び出しました。

ところが向うにつれ空が曇る一方です。
おまけに登満別園地に行けばエゾリスが見られるかな?と期待して行ったけれど
リスの姿もなく何より冷え込みが厳しく寒くてたまりません。
早々に引き揚げてきました。シャクなことに帰り道から晴れてきたのです。
どんよりした見るからに気分も落ち込むような雪景色ばかりとなりました・・・^^;




雪捨て場に行く車がいました。

f0146493_22262112.jpg



野幌の東側の外周路

f0146493_22265553.jpg



その右手は畑ですが、今は雪原

f0146493_22271279.jpg



森を抜けるとデントコーン畑ですが、ここも雪原に
春先には北に帰る白鳥が寄る場所です

f0146493_22271835.jpg



野幌・登満別園地の駐車場の先では除雪中

f0146493_22272519.jpg



登満別園地には人の姿もなく、エゾリスもいなく・・・

f0146493_22273253.jpg



その左手の東屋に向かう道はかろうじて一本道

f0146493_22274096.jpg



ハシブトガラ

f0146493_22274735.jpg



シジュウカラ
等の鳥たちが寄ってきてくれました

f0146493_22275402.jpg



寒くて早々に引き揚げて、お気に入りの土手に向かいました
途中東の空が、午前中なのに夕焼け空みたいに見えました

f0146493_22280338.jpg



土手に道はなく、北の畑も今は雪原

f0146493_22284268.jpg



綺麗に除雪された道路は、やけに広々

f0146493_22391463.jpg




上から4番目の写真の小さく見える牧場がこれ

f0146493_22284847.jpg



支笏湖そばにある恵庭岳がくっきり

f0146493_22285444.jpg

by maphananikki | 2017-01-15 22:41 | 雪のある風景 | Comments(18)