花日記

野幌・大沢口(’18・10・10)

8日、ネットを調べていたら野幌の森が歩けると言うニュース!
3日から一部を除いて通行が解除になってると言うので、うわぁ・・・
度々確認していたつもりが、そうではなかったようです^^;
9日は用事があり、10日は曇り空でしたが、雨の降らないうちにと
8時半にいそいそと出かけました。
途中の道路の温度計は12℃、着いたら寒かったです。

歩く前から、入り口横のベンチがある場所にも倒木、歩き初めからも
倒木が目につきます。空が見える場所もあって、ため息が・・・
中でも一番ひどかったのは、トド松林でした。
いつも薄暗い中を歩くのですが、すっかり開けた場所になっていて、
全く知らない場所のよう。そこにあった花は、来年大丈夫なのでしょうか。

悲しい気持ちと紅葉の美しい葉に慰められるような気持ちとで歩きました。
毎年20日前後が紅葉の見ごろです。また来て見ましょう。



入口

f0146493_21401024.jpg



上の右側

f0146493_21402595.jpg



空なんて見えなかったのに・・・

f0146493_21403386.jpg



こんな倒木があちらこちらに
えぐられた跡が浅いと言うことは、根が張っていないと言うこと?

f0146493_21404034.jpg



紅葉もぽつぽつと在ります

f0146493_21404587.jpg


f0146493_21405120.jpg


f0146493_21405664.jpg



倒木となり黒く枯れた葉とともに、キタコブシの冬芽と実が残って

f0146493_21410253.jpg



オオウバユリの実

f0146493_21410880.jpg



葉の上に落ちた種は、ニンニクのよう~

f0146493_21411807.jpg



オオカメノキの実

f0146493_21415451.jpg



ツリバナ

f0146493_21415935.jpg



ツリバナ

f0146493_21420666.jpg



栗  マムシグサ  ゲンノショウコ  ホオ

f0146493_21421254.jpg



大沢の池にたくさんのカモたち
一部ですが、こんなにいるのは初めて見ました

f0146493_21422095.jpg


f0146493_21422543.jpg



古い倒木のキノコ

f0146493_21423295.jpg



ツルリンドウ

f0146493_21423926.jpg



色づいて来た道

f0146493_21424713.jpg


モミジ

f0146493_21425314.jpg



カエデとカツラ

f0146493_21432536.jpg



ツルシキミ  実とつぼみ

f0146493_21433008.jpg



切り株に芽生える植物たち
コケ、シダ、カエデ、キノコ

f0146493_21433696.jpg



トド松林にさしかかると、あれ?奥が明るい・・・

f0146493_21434736.jpg



両側に倒木

f0146493_21435908.jpg


f0146493_21440954.jpg


f0146493_21441837.jpg



すっかり空が見えて、知らない場所のよう
昭和33年にここに1000本を植林したそうです
どのくらい倒れたのでしょう

f0146493_21443199.jpg


f0146493_21444350.jpg



ここが一番きれいだったかな

f0146493_21445218.jpg



ここにだけ花が  ユウゼンギク

f0146493_21452514.jpg



不明の実

f0146493_21453232.jpg



ガマズミの実

f0146493_21453851.jpg



ツチアケビの実

f0146493_21454661.jpg




# by maphananikki | 2018-10-12 22:01 | 野幌森林公園 | Comments(12)

金山湖から宮島沼へ(’18・10・4)

このところドライブに出かけたそうな夫、でも行きたい場所が思い当たらない私。
ところが4日の朝の快晴の空には、さすがに私もじっとしていられませんでした。
ふと思いついたのが、夏ごろだったか、列車の旅のテレビ番組で見た「金山湖」
東大樹木園から先の帯広に向かう道は、まだ通ったことがありません。
帯広のガーデンめぐりもしたいので、下見を兼ねて途中まで行って見ることに。
狩勝峠から帯広までは60数キロとの表示に、距離感もわかって来春はぜひ
訪れたいものと思いました。
いざ出かけてみると富良野方面はすっかり黄葉が始まっていました。
あと1週間もすれば最盛期じゃないのでしょうか。とうとう紅葉の季節です。
帰路は富良野からまっすぐ宮島沼に向かい、マガンの様子を見てきました。
こちらは最盛期には6~7万羽のマガンがねぐら入りしますが、この日は16000羽です。
2日前には25000羽と言うので、期待して寄ってみたのですが、沼もスカスカでした。



山の上にだけ雲があります
銀杏並木もかすかに黄色味を帯びてきました
f0146493_22041082.jpg



貧相だけどここにもひまわり畑  

f0146493_22041604.jpg


岩見沢付近の山はまだ青い
f0146493_22042585.jpg


30分ほども進むと色づいています
f0146493_22043796.jpg



f0146493_22044323.jpg

富良野に入ってすぐの十勝岳連峰
雪山にはまだ早かった・・・
f0146493_22044775.jpg


春には桜の名所の東大樹木園
f0146493_22045811.jpg


振り返れば芦別岳
いつも雪の山しか見ていません
f0146493_22050586.jpg


近くの畑のそばでエゾシカ
f0146493_22051310.jpg



f0146493_22051827.jpg



f0146493_22064144.jpg


南富良野の金山ダム湖
f0146493_22064886.jpg



f0146493_22065699.jpg



f0146493_22070272.jpg



f0146493_22070717.jpg


狩勝峠に向かう道は貸切り状態
f0146493_22071540.jpg


狩勝峠から
山は東大雪でしょうか?
f0146493_22072257.jpg


宮島沼に向かう途中で見た火力発電所
上は砂川か奈井江、下は奈井江と思われます(奈井江には1号と2号あり)
たまたま7日の新聞に出ていましたが、地震後のブラックアウト後、
まず復旧したのは金山発電所からの種火が、砂川発電所に来て奈井江など
次々動き出したそうです。出かけた場所が明かりをともす役目を果たしたとは・・・
奈井江は道内で一番古い発電所なので、来年3月でお役御免になるようです
最後に大事な仕事をしたのですね
f0146493_22072855.jpg


宮島沼にも倒木が・・・
f0146493_22073598.jpg


宮島沼  16:57
f0146493_22074091.jpg



f0146493_22081717.jpg


夕日を受けて飛ぶマガン
f0146493_22082231.jpg



f0146493_22082607.jpg



f0146493_22083144.jpg



f0146493_22083742.jpg


最盛期は沼が真っ黒になるのに・・・
f0146493_22084401.jpg


駐車場に戻ると近所の田にいたマガンが一斉に飛び立ったところ
f0146493_22085081.jpg



f0146493_22085670.jpg



f0146493_22090863.jpg


V字編隊
f0146493_22091643.jpg


陽が落ちた道を帰りました  17:29
f0146493_22094738.jpg





# by maphananikki | 2018-10-07 22:24 | 北海道 | Comments(14)

当別から宮島沼へ(’18・9.26)

そろそろ出かけたい気分の頃、朝から気持ちよく晴れ渡りました。
去年見損ねていたアキノノゲシを今年こそは見に行きたいと
そそくさと支度を済ませて、家を飛び出しました。
お気に入りの道を歩き出すと、難なくその花は見つかりました。
向きを変えながら何枚も撮る私を不審に思ったのでしょうか、
その前にある画廊のご主人が「なにしてるの?」と声をかけてきました。
「アキノノゲシを撮りに来たのです」「これ?雑草でしょ」とにべもなく。
「ファンも多い花なんですよ、ステキでしょう、かわいくないですか」
と言う私に「別に」とあっさり切り捨てるように一言。
「札幌からきたの?」あきれたようでした(^^ゞ
ご主人は、アキノノゲシを知らなかった様子。
「来年も来るので、草刈りしないでくださいね」とお願いしてきました。

そこを離れ今度は赤花のゲンノショウコを見つけました!
自然の中で咲く赤花ゲンノショウコは支笏湖でしか見たことが無かったような?
アキノノゲシも赤花ゲンノショウコも一ヵ所でしか見られませんでした。
こんなにかわいい花たち、雑草の一言で済ませてはかわいそう、野草好きの
わたしはそう思います。そう思う人、きっとたくさんいますよね。
今回もたくさんのいわゆる雑草と言う花たちを撮りましたが、紙面の都合上
カットしたのが正直なところ残念なのです。



当別町でひまわり

f0146493_21541363.jpg



緑肥として畑に漉き込まれるのでしょう

f0146493_21541930.jpg



お気に入りの道で  アキノウナギツカミ

f0146493_21542553.jpg


f0146493_21543036.jpg



ミゾソバもいたるところで群生

f0146493_21543746.jpg



赤っぽい花

f0146493_21544644.jpg


f0146493_21545329.jpg



白っぽい花

f0146493_21550004.jpg



ススキ

f0146493_21550615.jpg



オギ    ススキ

f0146493_21551415.jpg



エノコログサ
ムラサキエノコログサ   キンエノコログサ

f0146493_21555327.jpg



ゲンノショウコ混合

f0146493_21560520.jpg


f0146493_21561483.jpg



アキノノゲシ

f0146493_21562351.jpg


f0146493_21562923.jpg


f0146493_21563543.jpg



ウンラン

f0146493_21564351.jpg


f0146493_21564993.jpg



コスモスとお地蔵さん

f0146493_21570713.jpg



ユウゼンギク

f0146493_21572021.jpg



JR札沼線沿いに咲くユウゼンギク

f0146493_21575324.jpg



浦臼・いこいの森に行く坂道
春にカタクリなどが咲く道です

f0146493_21581064.jpg



今は実がいろいろ
オオウバユリ   トチバニンジン
マムシグサ  ユキザサ

f0146493_21581944.jpg



アキノキリンソウ

f0146493_21582700.jpg



いこいの森から見える葡萄畑
ブドウは摘み取った後のようです

f0146493_21583447.jpg



葡萄畑の周辺に  イヌカミツレ

f0146493_21584276.jpg



イヌカミツレ

f0146493_21584853.jpg



宮島沼にて
この日の二日前はマガンはまだ25羽の飛来だったそうです
わたしが見た時は200~300羽くらいでしたが、あとで調べると
この日26日は1000羽、28日には24000羽になったそうです
6~7万羽になるのはいつでしょうか

f0146493_21585701.jpg



帰路の北村のスイレン

f0146493_21590953.jpg


f0146493_21592126.jpg



稲刈りも始まっていました

f0146493_21595402.jpg






# by maphananikki | 2018-09-29 22:12 | 北海道 | Comments(12)