花日記

苔の洞門 (8・25)

                 樽前山を下った後、コケの洞門に寄りました。
                 風不死岳(ふっぷしだけ)の北麓にある小さな渓谷で約30種類の苔に覆われた
                 幻想的な岩肌が見られます。ただし現在は岩盤崩落のため、観覧台からのみ
                 見学可能。(ここで頂いた千歳観光ガイド遊ing千歳より抜粋)


                           駐車場からは、こんな道を750メートルほど歩きます。
                           この日はハンゴンソウが群生していてトンネルのようでとても素敵な道でした。
f0146493_22561719.jpg



                           ハンゴンソウ
f0146493_22562960.jpg



                           森の中
f0146493_22564038.jpg



                           遠くに見えたクサギ
f0146493_22564990.jpg



                           コケの洞門、観覧台へ
f0146493_22565968.jpg



                           階段の横にはコケむした岩
f0146493_2257785.jpg



                           洞門の入り口。ここまでしか見られません。
                           冬はこの先にある第二の洞門に1時間ほど山を越えて行き
                           見学できるようです。それはちょっとね・・・
f0146493_22571615.jpg



                           
f0146493_22572685.jpg



                           苔
f0146493_22573570.jpg




                           30種類もあるという苔の一部
f0146493_22574558.jpg



                           ハンゴンソウはいたるところに咲いていました
f0146493_22575469.jpg



                           エゾゴマナ・ウド
f0146493_22581380.jpg



                           タランボノキ・ツルアジサイ
f0146493_22582657.jpg



                           コケの洞門からの帰路、また支笏湖周りで戻ります
                           行ってきた樽前山が見えます。右の風不死岳の北麓に洞門
f0146493_22583659.jpg



                           帰りの山道で、花が目に付き寄り道タイム
                           ほぼ同じ場所で見つけました。以下の花も同じく・・・
                           真ん中ヤナギラン、こんな所で見られるなんて珍しい花
                           滝野の公園ではありますが。
f0146493_22584690.jpg



                           ヤマハハコ
f0146493_22585776.jpg



                           エゾミソハギ・クサレダマ・ノラニンジン
f0146493_2259632.jpg



                           エゾニュウ?それともエゾノヨロイグサ?区別が付けられません
f0146493_22591821.jpg



                           ダケカンバの見える山道
f0146493_22593830.jpg

          支笏湖・樽前山・コケの洞門。こんなにたっぷり見学した有意義?な一日でした~♪
by maphananikki | 2009-11-03 23:34 | 北海道 | Comments(16)
Commented by ふみ at 2009-11-04 11:55 x
mapさん おはよう (^。^)

ハンゴソウは黄色いから群生していると、周りが明るくなるでしょう。
苔の洞門、洞門って、ほら穴のことよね。興味があるわね、どんなところ ?   私も覗いてみたい !   入り口しか見られなかったのね。写真でもほら穴が見えるわね。
岩にいっぱいコケが生えているわ。コケが生えるのは湿気があるのかしら。自然のなせるワザはすごいものを感じます。

雑草の中に花を見つけると、温かいものを感じるわね。
エゾミソハギ、クサレダマ、ノラニンジンなど綺麗でかわいいわ。

ずいぶんたっぷりと見させて頂いて、私も一緒にドライブをしたような気分です。
ご主人に 「ありがとう」 を申し上げます。
mapさん ありがとう (^.^)/~~~
Commented by will-mari at 2009-11-04 13:01
コケ、いいよね。
日本のワビサビを感じるわ。

しかし、コケの洞門なんてあるんだ。
はじめてしりました。
ここ、是非、訪れてみたい。
でも、遠いよ・・・(笑)
Commented by map at 2009-11-04 15:05 x

♪ ふみさん

ふみさん、こんにちは(^O^)
午後から崩れるかと思ったけど、まだ晴れてます~♪
ハンゴンソウもオオハンゴンソウもそうだけど、黄色い花は目立つわね。
ピンク色も意外と目立つのよ、エゾミソハギなどもぱっと目に付きます。

苔の洞門、どんなところ?って写真のようなところ![壁]・m・) プププ
あれ以上は行かれないから、中がどうなっているのかわたしも気になる~~~
岩が緑色のビロードをまとったようなんだそうですよ。
平成13年ごろに崩落したそうなので、その前に行っていたらよかったのにね。
でも崩れたと言うニュースでわたしも知ったのだったかも?
夫に伝えますね。きょうは免許の書き換えに行ってていないのよ。
Commented by map at 2009-11-04 15:06 x

♪ porinさん

porinさん、支笏湖へは行ったことがあるって言ってたよね。
そこから近いのだけどね。支笏湖に来るまでが遠いね~(^▽^;)
チラッと見える苔むした岩を見ただけでちょっと神秘的なものを感じます。
北海道のどこかには光る苔があると聞いた事があるんだけれど・・・
こういうところや鍾乳洞など、気になります。
秋吉台、ここに行ってみたいの。

ゆっくりする事にしたのね。さっき読ませていただいたわ。
どうしたら無理がかからないのかと考えた結果だから、それを応援するわね。
Commented at 2009-11-04 17:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おかめ at 2009-11-04 17:07 x
mapさん♪今日わ(^^♪

 コケの洞門…素敵~冬に中に入れるの?雪は大丈夫なの?
冬に完全防備で出かけたら?冬には行く気はないの?
苔も30種類もあるの?京都の苔寺の庭園も素敵だけれど、このように大自然の苔の洞穴は興味をそそるわ♪
ヤマハハコはハハコグサの種類でしょう、似てるわね♪
野草も良いわ~♪
タップリと見せて頂いて有難う~♪
Commented by map at 2009-11-04 22:31 x

♪ カギコメさん

ナッナニー! (^(^(^(^(^(^^;)

後で伺いま~す。
Commented by map at 2009-11-04 22:44 x

♪ おかめさん

おかめさん、こんばんは(*^▽^)ノ
苔の洞門、中も探検できるのなら魅力的な場所なんだけどね~
冬も中には入れないのよ。崩落してからは危険なので。
よく分からないけど、この洞門の裏に第二の洞門があるって、検索していたら出てたの!
ただ裏と言っても、雪の山道を1時間も歩くほどの遠くにあるそうなの。
それも平坦な道ではないみたいで、冬の山道なんてとんでもないです~ブンブン((>_< )( >_<))ブンブン
そういえば、京都の苔寺は有名でしょう。わたしも名前だけは知ってます。

ヤマハハコはハハコグサと同じキク科だけど属が違うのね。色は違うけれど形は似てるようだわ。
ハハコグサって春の七草のゴギョウのことなのね~!
ヤマハハコも食べられるってことかな?
Commented by miki at 2009-11-04 23:22 x
こんばんわぁ~♪
朝は冷え込みましたが日中は暖かさが戻ったようです

この日は随分歩かれたのですね~
何てったって山登りの後ですものね
ハンゴンソウのトンネル綺麗でしたでしょう
黄色のお花って野道で見ると良いですものね
お花はツワブキのお花に似てるかしら?
苔の種類が30もあるのですか~(◎ー◎;)
30年ほど前に京都の苔寺に行きました
その頃は良さも全く分からず、ただ行ったというだけで何も覚えていません(´ヘ`;)
帰りの寄り道、可愛いお花が沢山見られて良かったですね
スッと伸びてるエゾミソハギ・クサレダマ・ノラニンジン好きです
今頃は樽前山や風不死岳は紅葉してるでしょうね
珍しい苔の洞門見せて下さって有難うございました((o(_ _o)ペコリ

Commented by map at 2009-11-04 23:53 x

♪ mikiさん

mikiさん、こんばんは~(^ー^)ノ
今朝はどこも冷えたようね。こちらも日中はとても暖かかったのよ。
でもね、ストーブはもう手放せなくなってしまったわ(^▽^;)ゞ

この日は充実した一日でしたよ。
樽前山からの景色に久々の感動を味わい、行ってみたいと思っていた苔の洞門にもこられたし
ちょっと期待はずれの感もあったけどまずまずね。
mikiさんも苔寺には行った事があるのね。そうよね、30年前なんて・・・
(⌒▽⌒)アハハ! わかるわ。わたしだって行ったとしてもmikiさんと同じだったと思うわ。
ツワブキも見たことが無い花なの。だから何とも言えないけれど、花は多分もっと小さいと思いますが?

今ごろの樽前山や風不死岳はきっと紅葉は終わって、はげ山でしょう!
どんな色になっているか週末、確認してきます。
野道にも花はもう見られないんじゃないかな。多分、湖の周りしか行かないけれど花にも注目しているわ。
何か咲いてるかな、どうかな?
Commented at 2009-11-05 00:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by あみちゃん at 2009-11-05 09:10 x
mapさん、おはようございますm(_ _)m

コケの洞門なんてあるんですねぇ~◎▼◎ホー
と~~っても興味深いです。
苔って30種類もあるんですかぁ~ 知らなかったぁ~
苔は苔で単純に1種類かと思ってました(*≧m≦*)ププッ
何処まで単純なんだぁ~(笑)

ハンゴンソウが群生している道はとっても綺麗
だったでしょうね。
私もその道、歩いてみた~い。。。。。。((( ^ ∀^) ♪♪♪

ところで、これ→ 風不死岳←ふっぷしだけって読むんですね。
名前も面白い(o^^o)ふふっ♪
知らないことだらけなので、mapさんちへ伺うと
ちょっと利口になった気がします( ̄▼ノ ̄) ハッハッハッハ

気がするだけ!?


↓の記事も読ませて頂きましたよ。
 
「ブッシュを抜けると・・・」に思わず反応。
ブッシュカンが頭に浮かんだぁ~~ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆
Commented by map at 2009-11-05 14:41 x

♪ カギコメさん

(o ̄ー ̄o) ムフフ
分かっていただいてありがとう~
あ~驚いた!
Commented by map at 2009-11-05 14:55 x

♪ あみちゃん

あみちゃん、こんにちは(^ー^)ノ
コケの洞門って他の地方には無いのかしら?珍しい場所なのかな??
コケにも種類が色々あるなんてわたしも知らなかったわ。
コスモスを見に行ったとき、コケの道があってそこを歩いたらふかふかだったの。
足に優しい道だなあと思いました。
でも大勢の人が踏みつけると、固まってしまうのでしょうね。
多分あそこを歩く人はそうはいないでしょうけれど・・・
ハンゴンソウの道、ひっそり咲く花もいいけれどこうして群れて咲くと
これはこれで素敵なのよ。
こういうのも好きです♪

風不死岳と言うのは
 「ふっぷし」という風変わりな山名は、アイヌ語の「フプ・ウシ」(トドマツが多く生えている)から
きてるそうですよ。当て字ね。昔は見事なトドマツ林だったけれど、今は台風の影響などで
その面影は無いそうです。そうなんだ~わたしも今、知ったわ(^▽^;)

ブッシュ・・・カン
あみちゃんの頭の中に、かなり強烈な印象で残っちゃったのね!
(ノ∇≦*)キャハッッッ♪
Commented by hanayasan09 at 2009-11-07 15:01
苔の洞門。もう中に入れないんですね~。
もうちょっと昔に苔の洞門を通り抜けて風不死岳に登り、風不死岳を降りてそのまま樽前山登山をしたことがあります。
今はもう考えられない行程で、若かったんだね~
懐かしく見せて戴きました。
でも多分洞門の入り口の写真だと思うけど、苔少なくなりましたね~
Commented by map at 2009-11-07 21:45 x

♪ hanayasan09さん

hanayasan09さん、こちらに気がつくのが遅くてごめんなさい!
風不死岳に登ったことがあるんですか!
そしてそのまま樽前にも・・・!
風不死岳も登れる山なんですね~当たり前だけど(^▽^;)ゞ
わたしももっと前から山に興味があればなあって思います。
今の体力では、かなりきついです。7合目からでさえ辛かったですからね。
洞門は入り口ですよ。あれでもコケが少なくなりましたか?
わたしはその前を全く知らないのです。
入れないとなると、なおさらのぞいてみたくなりますね~!
名前
URL
削除用パスワード