花日記

野幌・瑞穂口からの散策と・・・

       14日にまたまた娘を連れて野幌へ。
       彼女が子供のころは家族で散策したし、学校の遠足でも来てるのですが、それ以来の野幌です。
       懐かしいと言いながら、こうして歩くのも気持ちがいいねと案外楽しんで歩いたようです。
       花も2~3見つけて、面白いと言ってました。
       もっと花のある時を見せてあげたかったなあ~
       
       帰りには春先に行った農道によって見ました。
       すっかり花が変わっていました。

       
                オククルマムグラ
                ずっとクルマバソウのようだけど、それにしても花が小さいからもしかしたら違う花かなあと
                思いつつ調べもせず無精を決め込んでいました。
                先日の平取でしっかり調べて違いがやっと判りました。クルマバソウの時期は短かったです。
f0146493_21332051.jpg



                ミヤマキヌタソウ
                この花も似た花が色々あるのです
f0146493_21333084.jpg



                ヒメヘビイチゴ、マルバヒレアザミ、キツネノボタン、コケイラン
f0146493_2133373.jpg



                これらもいつも悩んでいた花
                白いのは多分、ムラサキ  根をすりつぶすとムラサキの汁が出るそうです
                ワスレナグサのような花は日本古来のエゾムラサキ ガクの毛が鉤状になっているそうですが・・・
                今度ルーペを持参して確認します
f0146493_21334466.jpg



                面白い葉を見つけました
f0146493_21335090.jpg



                ギンランのいそうな場所でいろいろ発見♪
                ウメガサソウのつぼみ?  ギンラン   ノビネチドリのまだ若い株?
                他にもランのような葉、トチバニンジンの小さな葉などいろいろあったので将来が楽しみ。
f0146493_2134015.jpg



                サイハイランとアオチドリ
f0146493_2134827.jpg



                ヤマアジサイ、オオウバユリ、トチバニンジンなどのつぼみ
f0146493_21341666.jpg



                エゾヤマザクラの実、ツクバネソウ、コンロンソウ、マムシグサ、クサノオウ
f0146493_2134238.jpg



                オシダ
f0146493_21342966.jpg



                カンボク
f0146493_21343732.jpg



                オオハナウドの道
f0146493_21344473.jpg



                森の奥までオオハナウドの群生でした
f0146493_21345580.jpg



                散策路                
f0146493_2135319.jpg



                鳥もいろいろ飛んでいます
f0146493_21351169.jpg



       農道にて
                オオハナウド林の中も
f0146493_21352178.jpg



                オオハナウド
f0146493_21352759.jpg



                小川沿いの斜面にこんもり咲くのは、アイヌわさび?西洋わさび?      
f0146493_21353591.jpg



                赤い蕾のオニシモツケとキショウブ
f0146493_21354847.jpg



                いつもワスレナグサと書いていたのはノハラムラサキだったようです
                2ミリ程度の小さな花
f0146493_21355580.jpg



                ベニシジミ蝶  ノボロギク  コシカギク
f0146493_2136370.jpg

by maphananikki | 2012-06-17 22:10 | 野幌森林公園 | Comments(15)
Commented by miki at 2012-06-18 01:51 x
mapさん、こんばんわぁ~♪

またまたお嬢さんと・・・野幌を散策ですか~
こんなノンビリとした時間も良いものでしょう
もう直ぐこの一時が夢のような時間になりますよ~(*´pq`)

野幌に咲くお花を見せていただけるのは凄く嬉しいです(^-^)
山野草の宝庫ですものね
mapさん野幌の事知り尽くしそうですね♪
自然いっぱいで四季を通じて色んな姿を見せてくれますものね~
ワスレナグサにしては花が小さいしキュウリグサとも違うしって仰ってたお花
チャンと名前が分かって良かったですねエゾムラサキなんですね♪
カンボクのお花も可愛い~
mapさんとお嬢さんの会話を耳にしながら後ろからついて行かさせてもらいました
有り難うございました~
Commented by map at 2012-06-18 09:43 x
  ♪ mikiさん、おはよう~

娘と一緒のこんな時間、今までなかったんですよ。
観光地にドライブに行くことはあってもね。
もうすぐこんなのんびりしてる場合ではないよ、と言いながら歩いています。

野幌はほんといつ出かけても何かしら見せてくれます。
ヤマシャクヤクの頃も行きたかったけど時期を失いました。
毎週行って見たいです。来年はそうしてみたいわ。
ただ広くて各コースをいっぺんに回れないのが、問題かなあ。
コースによって見られない花もあるしね。

私がいつも悩んでいたほうの花はノハラムラサキなんですよ。
エゾムラサキもそうだったけど、ノハラムラサキの方があちらこちらで見かけていて、
滝野でもワスレナグサですよと教えられていたので信じたいけど信じられないでいた花なんです。
写真で見ると、アップで撮るので見てくださる方にはどれがどれだかよくわかりませんよね(^^ゞ
野幌の花をいつも喜んでくださってmikiさん、ありがとう~(^o^)/
Commented by おかめ at 2012-06-18 10:30 x
mapさん、おはよう~♪

 お嬢さんとゆっくりした貴重なひと時を野幌で過せてよかったですね♪

キューリグサ?と疑問に思っていた花が「ノハラムラサキ」と分かってすっとした気持ちになったでしょう♪
野幌は日々変化しているのでしょうね、それだけ自然が一杯の野草の宝庫だわ。
生息している生物もいるし楽しめる場所が近くにあって良いわね♪
沢山の野草、色々分かって良かったですね、見せて頂いて有難うございます♪

Commented by map at 2012-06-18 12:11 x
  ♪ おかめさん、こんにちは

ほんと、娘とこんなにゆったりした時間を過ごせて幸せです。
わたしもずっと仕事で時間に追われていたし、家族でゆったりした時間は持てませんでした。
なんだかいい休息を頂いた気分ですよ。でもそれもここまでだったようです。

ネットで今まで何を調べていたのかと思いました。
今回探したらわかりやすいところが色々ありましたよ。
後はルーペを持って歩くべし、と言うことくらいですね。
現場で毛が曲がってるかどうかを調べたくても肉眼では難しいというのがわかりました。
野幌の変化もいい方に変化してるとよいのですけどね。
今回見つけた場所もどうか荒らされないようにと祈る気持ちです。
Commented by ピーコ at 2012-06-18 13:32 x
こんにちは~(*^_^*)
関西は台風の影響で お天気が悪いです。
明日は大雨の予報、朝から彼方此方で用事を済ませて来ました。
お孫さんとの対面は ソロソロかしら?

野幌の散策、舌を噛みそうな花の名前が並んでいますね~
オオハナウドの花を ニンジンの花と思っていました(^_^.)
自然がいっぱい♪ 今が1番良い季節かしら\(^o^)/
Commented by ふみ at 2012-06-18 15:03 x
mapさん こんにちは (^。^)

久しぶりに野幌を歩いたお嬢さん、mapさんとご一緒で昔を思い出したでしょうね。子供の頃歩いたお嬢さんが今は、母親になろうとしておられる、感無量だったと思います。

オククルマムグラは、ずいぶん小さな花ですね。遠目には雪が降ったように見えるかも知れませんね。
小さな小さな野草たちが咲いていますが、健気ですね可愛いわ~。
おなじみの花や、はじめて見る花や、野草がいっぱいで嬉しくなります~。
サイハイランは繊細な感じのランですね。野に咲くランという雰囲気がします。

散策路は、うっそうと木々におおわれていて、高くまで伸びるものですね。

今日もありがとうございました~。 (^_^)/~
Commented by map at 2012-06-18 20:20 x
  ♪ ピーコさん、こんばんは

そちらは台風の影響ですか。
そういえばこちらは20、21日と雨の予報なのは台風の影響なのでしょう。
そのころに孫が誕生しそうです。

舌を噛みそうな名前ですか(^^ゞ
いつも見てる花たちなので、わたしにはおなじみなんですよ。
オオハナウドはセリ科の花ですが、セリ科の花はどれも似ていて紛らわしいですね。
野菜の人参もセリ科なので似てますね。
ノラニンジンと言う花がよく見る花ですが、オオハナウドよりずっと小さいので区別がつきます。
オオハナウドは大きいものは2メートルほどもあるんですよ。
山野草は今くらいまでがいい季節ですね。
Commented by map at 2012-06-18 20:22 x
  ♪ ふみさん、こんばんは

娘は何十年ぶりと言うくらい久々の野幌でした。
野幌の近くの団地に居たのでよく出かけましたけど、娘が3歳くらいまでだったので
覚えていないでしょうね。
あの時の小さい子が、と思うと感慨深いものがあります。

オククルマムグラはおっしゃるように小さい花なんです。
花が皿状になってるそうだけど、肉眼ではよくわからないくらい小さいの。
小さな花もそれぞれに形や葉が違い自己を主張してます。かわいいものですね。
サイハイランはほかのランと比べてどこか独特のものがあります。
アオチドリはいかにも野のランと言う感じで素朴ですけど。

散策路もすっかり樹木に覆われて、少し前の面影はないですね。
オオハナウドの道なども、樹木の下でうっそうとした感じなんですよ。
Commented by sakurairononuno at 2012-06-18 22:21
mapさまへ

えぞむらさき・・・とっても可愛いお花ですね!
早春の時と違って、花の様子もずいぶん変わりましたね~!

近くにこんなにお花がいっぱいある公園があるって、素晴らしい環境ですね!
娘さんが小さいころ行っていた公園に、今度はお孫さんと一緒に手をつないで歩けますね!
その日が楽しみですね~!
Commented by sionn at 2012-06-18 22:34 x
mapさん こんばんは。

ルーペを持たないと、判らない位の違いは、何故できるのでしょうね。
エドムラサキは、みんな知ってる名前ですが、初めて見ました。
オオハナウドやアイヌワサビや西洋ワサビなんかは、食べられるのかしら?

この間家の図鑑で、岩ギキョウを調べていたら、コケイランは良く見られるが、
トケンランは、絶滅種に指定されると、書いてあったのです。
トケンランは、先に観せて頂きましたので、コケイランを観たかったのよ。

ワスレナグサでは無くって、ノハラムラサキかも知れないの?
肉眼では、見分けがつかないお花が、沢山あるのですね、調べるのも大変だわ~
進化するとき、他より少しでも目立って、自分を主張したのね。ほんの少しなのにね。

今日も沢山の野草を、心ゆくまで観させて頂きました。有難うございます。





Commented by map at 2012-06-19 15:02 x
  ♪ sakurairononunoさん、こんにちは

エゾムラサキ、ワスレナグサにそっくりなんですよ。
群生してることが多いのですが、今年はまだ早いのかよくわからないけれど、
群生と言う風ではなくてがっかりです。
2~3週間、早い花は4~5日で消えますからあっという間に様子が変わります。
つぼみを見つけたら咲くころを見計らうのが、まだ私は難しいんですよ。
トチバニンジンは去年は結構確認に行ったのに、うまくいきませんでした。
もうそろそろ咲いているかなあ・・・

孫と一緒に歩ける日が来たら、楽しいですね。
でもその時は夫に世話を見てもらわなくちゃ。
わたしは構わず花探しをしてしまいそう~(^^ゞ
Commented by map at 2012-06-19 15:03 x
  ♪ sionnさん、こんにちは

いつも熱心に見てくださってありがとうございます。
本当にたとえばエゾがつくつかないの差がどこで変わるのでしょうね。
気温なんでしょうか。属や科によって、花が変化を見せるのも本当に微妙な差で
そこまで細かく違いを作ったのは、神様?不思議と言うのか、面白いと言うのか。

sionnさん、エドじゃなくてエゾムラサキです。エドムラサキは美味しいもの、ですね(*^^)v
北海道では、古くはオオハナウドの若い茎を、ドッピと呼んで食用にしたといい、
セロリに似た香りと甘い味がするそうです。
アイヌワサビなどは食べられるんじゃないでしょうか。
ユキザサも別名アズキナと言って食用ですし、エゾノリュウキンカはヤチブキと言って食用です。
オオウバユリも根を食用にしていたし、カタクリもそうですね。
アイヌの人たちはいろんな野草を食用や薬草として活用していました。

長すぎると出たので、下に続けますね。
Commented by map at 2012-06-19 15:04 x
sionnさん、続きです。

昨日のコケイランはやはりそのままでよかったのですね。
トケンランをお届けした日だったので勘違いされたのかと思っったんです。
私の早とちりでした。ごめんなさいね。
トケンランは絶滅危惧種なんですか?野幌でも数はそう多くないですが見られるのよ。
先日の公園では、もう写真はいいわと言うくらい見られました。あるところにはあるんですね。
ワスレナグサのような小さな小さな花はノハラムラサキのようです。
花事典では、そのあたりの違いがいまいちわかりにくくて。
今回調べたネットでは詳しいところを見つけられました。
一度、詳しい方と歩いてみたいです。
Commented by ももリン at 2012-06-19 16:36 x
mapさんこんにちは~♪
こちらよく降っていますよ。

クルマバソウて小さい花なんですねそして咲く時期が短いのね
検索して見ましたがあり1つ覚えましたわ(*^ヮ^)
オククルマムグラてクルマバソウと本当によく似ていますね北海道しか無いのかな?
小さい花沢山撮り難かったでしょ~。
キショウブこちらにもあり咲終わったています。
オニシモツケは?ですが、しもつけ草はピンクでありこれも咲き終わっていますよ。
勿忘草にたのはノハラムラサキだったの。
また覚えましたわ(*^ヮ^)
お嬢さんも喜ばれよかったですね。
Commented by map at 2012-06-20 00:11 x
  ♪ ももリンさん、こんばんは

そちらは雨だけですか?荒れませんでしたか。
こちらは今、風の音もなく静かです。

オククルマムグラは九州まで見られるそうですよ。
そちらでも山に行くとみられると思います。林の中や森で咲いているんじゃないかしら。
小さい花は撮りにくいです。大方ぼけます^^;
でもそれに挑戦するのもまた楽しいんですよ。

オニシモツケはシモツケをすごく大きくしたような花でとってもきれい。大好きな花です。
でもきれいな時は短くてすぐ汚い姿になってしまいます。
ワスレナグサに似てるのはエゾムラサキとムラサキ、そしてノハラムラサキと三種類ありましたよ。
娘も楽しんだ様子で嬉しかったです。出産後はそんな余裕はないでしょうし・・・
名前
URL
削除用パスワード