花日記

夕張へ(’18・11・17)

7日、14日、17日・・・と札幌の初雪予報は次々とはずれています。
暖かいということだからうれしいのだけど、何とも落ち着かない気持ちでいます。
札幌の初雪の統計が始まったのは1877年(明治10年)だそうです。
一番遅かったのは1890年11月20日。
きょうを入れて3日雪が無ければ、新記録と言う訳です。
それなら記録を作ってもらいましょうか。

雪の予報は出ていたように、曇りがちで雨も多く、パッとしない空が続きました。
が、17日は朝からきれいに晴れ渡ったドライブ日和。
行くところも無いと思いつつ、夕張へ向けて出かけました。
札幌近郊の山にはまだ色がありましたが、夕張方面は落葉した木ばかりでした。
なぜか目的地のシューパロ湖へ行く道とは反対に進んだら、山はさすがに雪でした。
寒いのなんのって、外には出ていられません。冬の寒さってこうだったんだ・・・
そこから引き返して目的地へ。
駐車帯には車も停まっていて、こんな寒さでも写真を撮りに来る人がいるのですねぇ。
シューパロ湖は凍っているかのような水の色でした。
ここでも小雪が舞う寒さ。持参していたひざ掛けを腰に巻いて写真を撮ってきました。



野幌の畑  左端にちらりと見えるのがいつもの森

f0146493_09212751.jpg



そこの空に何の集団?カラスかも?

f0146493_09213365.jpg



冬枯れの道をどこまでも
空もだんだん曇って嫌な感じに

f0146493_09214169.jpg



夕張の山中は積雪

f0146493_09214731.jpg



公園がありました

f0146493_09215542.jpg



戻り道

f0146493_09220114.jpg



コンビニ前のスキー場

f0146493_09222049.jpg



夕張シューパロ湖

f0146493_09222818.jpg


f0146493_09223824.jpg


f0146493_09233119.jpg


f0146493_09241098.jpg


f0146493_09241658.jpg


f0146493_09242334.jpg


f0146493_09243004.jpg



アメリカオニアザミ

f0146493_09244207.jpg



用水路の奥の橋にはシラサギが3羽

f0146493_09244992.jpg



反対側には水鳥が

f0146493_09245802.jpg



光芒

f0146493_09250686.jpg



家の近くで

f0146493_09254045.jpg



1週間前にはまだきれいだったイチョウ並木も今は落葉

f0146493_09254938.jpg


f0146493_09255557.jpg


by maphananikki | 2018-11-18 09:34 | 北海道 | Comments(8)
Commented by おかめ at 2018-11-19 15:14 x
mapさん、今日は♪

 目的地は気温が低かったのですね。
札幌とは温度差があるのですね。

夕張の山中は積雪だったのですね、真冬のようにみえます。
シューパロ湖の水は凍っているように見えますね、空気が冷たいからでしょうか…。
写真からも冷え込んでいるのが伝わってきます。
用水路の水鳥も寒そうに見えます。
広範囲に渡った光芒ですね。
家の近くに戻ったらホッとしますね。
夕張はモノトーンで家の近くは色のある世界です。
帰ったぁ~♪って気持ちになりました♪
寒いところで咲いているアメリカオニアザミの色が印象的です。
Commented by maphananikki at 2018-11-19 22:49

おかめさん、こんばんは♪
夕張は山の中のようなものですから、かなり気温が低かったと思われます。
山中の雪は、たぶん明け方に降った雪でしょう。積もったばかりのような雪でした。
シューパロ湖を見た瞬間、水の色に凍ってる!?と思ったほど、冷たい色に見えました。
なぜこんな色をしているのか、不思議です。

光芒って、眼で見るとはっきりわかるのに、写真に撮るとなんだかぼやけて良くわからないですね。
一番くっきり見えたのがこの写真でした。撮り方があるのかしら・・・
夕張は晩秋の色濃くて寒々としていましたが、札幌は少し南の分だけ暖かいのでしょう。
帰って来たらあちこちに色がありましたよ。
中央分離帯の紅葉や、イチョウは車の中から撮ったので、色合いが少しおかしいのですが~^^;
アメリカオニアザミ、あの寒い中で良く花を咲かせてる~と感動ものでした。
Commented by ふみ at 2018-11-20 10:21 x
mapさん おはよう (^-^)

夕張の山中は雪が薄っすらとありますね。
シューパロ湖、どんより曇っていて初冬の感じですね。水面が鉛色に濁って見えます。
湖の中から生えている枯れ木が、独特の景観をつくっていますね。長い橋がいい眺めです。
アザミの花が綺麗ですね。枯れた周りに色があると嬉しくなりますね。
光芒が沢山出てますね。
イチョウも盛りを過ぎて落ち葉がいっぱいですね。

mapさんの好きなシューパロ湖を見るのも今年最後になるでしょうね。
初冬の景色を見せて頂きました。有り難うございます。 (*^^*)
Commented by ikutoissyo at 2018-11-20 19:10
札幌に初雪が・・・、ニュースで伝えています。
記録上では、2回目の遅い初雪だそうですね。

冬枯れのシューパロ湖、深々と寒さが伝わってきます。
この辺りは雪は積もらないのですか。

冬空に舞うのはカラスですか。
何をしているのでしょうね。
北海道にはハシブトガラスがいますね。

コンサートが終わったので、紅葉狩りに出かけたいのですが
この辺りでは、例年は12月に入らないと紅葉は綺麗になりません。
銀杏並木は見頃かな?



Commented by mitikusa-tukasa at 2018-11-20 20:56
mapさん、こんばんは

記録的にも遅い初雪になりましたね。
シューパロ湖の寒々とした木々、水の色、もう寝雪に成るのでしょうか?

お家の近くの木々はまだ綺麗な緑ですね、
銀杏の木々も我が家の辺りの色と変わりませんよ、
アメリカオニアザミのピンクにホッコリ、暖かさを感じます。

遠出のドライブもそろそろお休みかしら?
寂しいですね。
Commented by maphananikki at 2018-11-20 23:05

ふみさん、こんばんは♪
夕張の山はたぶん明け方にでも降ったのでしょうか。
うっすらだったので、新しい雪のようでしたよ。
シューパロ湖の水の色は、凍ってるように見える色でした。
青みがかった渋い色でしたよ。これを鉛色と言うの?
鉛色がよくわからなくて検索したら「鉛のような青みがかった灰色」だとか。
まさにその通りの色だわ・・・(^^ゞ

湖の中の枯れ木が、今まで見ていたのと雰囲気が違って見えました。
細い枝が落ちたり、年月を経てだんだん姿も変わっていくのでしょうね。
いつまでも同じ姿の物なんてありませんしね。
アザミのピンク色に、ぱっと目を引かれましたよ。
外出すれば、何かしら目に留まるものがあるものですね。
ふみさん、こちらこそいつもありがとうございます。
Commented by maphananikki at 2018-11-20 23:06

domaniさん、こんばんは♪
今朝未明の初雪でしたが、この目で見ていないので何とも…ピンときません。
そうなんです、128年ぶりに今までの最も遅い日と並んだ記録だとか。
今日のラジオでも言ってましたが、以前132年ぶりに遅いと言ってたのに、128年ぶりってどういうこと?
私も納得いかないこの128年ぶりなのです(^^ゞ

シューパロ湖は夕張の山の中なので、雪は積もります。
全道的に雪が遅いのです。降ったら一気に積雪になるかもしれないと言う話もあります。
今週はずらりと雪マークがついているんですよ。

北海道にはハシブトガラスがいますが、そちらにはいませんか?
と言ってもカラスの区別が私にはわかりませんが。
あの団体はカラスかなあと思いますが、家の周囲で見るカラスは、せいぜい飛ぶのは2羽くらいですが、
カラスも団体行動をするんでしょうかね?

そちらでは紅葉よりイチョウの黄葉の方が先ですか!?
所変われば、ですね。こちらは断然イチョウが遅いですよ。
Commented by maphananikki at 2018-11-20 23:08

TUKASAさん、こんばんは♪
去年より27日も遅かったそうですよ。ほぼ一ヶ月も遅れたのですねぇ。
それだけ暖かかったと言うわけで、ありがたい秋でした。
一気に積雪になるのではとも聞きますが、どうでしょうか。
山の中はもう根雪になるのかもしれません。
スキー場では、どか雪になってほしいと願っていますが。
今週はずらりと雪マークが並んでいますが、どの程度の量なのかが問題です。

遅い雪のおかげなのか、いつもそうなのか、まだ色のある木々も目につきます。
山と平地ではかなり違いが出ますね。
雪になるともう夫は遠出はだめです。吹雪が怖いと言います。
野幌辺りをうろうろするくらいでしょうね(^^ゞ
こういうことにも歳をとったなあと年月の移り変わりをしみじみと感じます。
名前
URL
削除用パスワード