花日記

六花の森(’19・5・15)


広尾からはまずは帯広市の手前にある中札内村の六花の森に寄ります。


山岳画家、坂本直行が六花亭の包装紙に描いた北海道の山野草が四季折々、
園内に咲き誇ります。中でも十勝六花といわれる6種の花はその代表格。
春先のカタクリに始まり、秋に咲くエゾリンドウまで様々な彩りを添えてくれます。
(北海道ガーデン街道HPより抜粋させていただきました)
クロアチアの古民家を移築したギャラリーには画家たちの作品が展示されています。
なお、坂本直行氏は坂本龍馬の甥の孫にあたるそうです。

前回2013年に訪問以来再訪を楽しみにしていました。
あの時は30℃を超える暑さの中、お菓子工場の甘い香りに辟易。
今回も甘い香りがしましたが、おいしそうな香りでした。
前回は気がつかなかった花もあり、嬉しい収穫でした。



入口の券売所

f0146493_22535335.jpg

   

奥の突き当りがオオバナノエンレイソウの群生地ですが
そちらは最後に・・・手前からぐるりと回ります

f0146493_22540133.jpg



エゾオオサクラソウ

f0146493_07200168.jpg



こちらも終盤でかろうじてきれいな花

f0146493_07201249.jpg



エゾノハナシノブ

f0146493_07202336.jpg



バイカイカリソウとイカリソウ

f0146493_07203361.jpg



イワベンケイ  ミツバツチグリ  ルイヨウボタン

f0146493_07204108.jpg



ムラサキケマン   名前のわからないスミレ

f0146493_07204906.jpg



クロアチアの古民家には画家たちの作品が展示

f0146493_07210144.jpg



シラネアオイ

f0146493_07212360.jpg




f0146493_07225557.jpg



川の縁のはエゾノリュウキンカ

f0146493_07231063.jpg




f0146493_07232186.jpg




f0146493_07233098.jpg




f0146493_07233700.jpg




f0146493_07234314.jpg




f0146493_07234875.jpg




f0146493_07235398.jpg



エゾノウワミズザクラ

f0146493_07235906.jpg



房状に咲く花

f0146493_07333416.jpg



オオバナノエンレイソウとニリンソウの群生地

f0146493_07252177.jpg




f0146493_07252861.jpg




f0146493_07253381.jpg



広いひろ~い・・・圧倒されます

f0146493_07253869.jpg



ニリンソウ

f0146493_07255002.jpg




f0146493_07255901.jpg



ミドリニリンソウ

f0146493_07260731.jpg


チシマエンレイソウ

f0146493_07261418.jpg




f0146493_07262592.jpg



エンコウソウ

f0146493_07270007.jpg

  十勝ヒルズと真鍋庭園に続く・・・


by maphananikki | 2019-05-22 09:44 | 北海道 | Comments(6)
Commented by ふみ at 2019-05-22 16:52 x
mapさん こんにちは (^-^)

六花の森の券売所は趣がありますね。若葉に囲まれて綺麗ですね。
エゾオオサクラソウ、目が覚めるような美しさですね。
バイカイカリソウ、イカリソウ、ミツバツチグリ、ルイヨウボタン、どの花も可愛いですね。
クロアチアから古民家を移築したんですか。ギャラリーになってるのね。見てみたいです。
エゾノリュウキンカが綺麗に咲いている小川が素敵です。
エゾノウワズミザクラは珍しいです。ソメイヨシノとはずいぶん違いますね。
オオバナノエンレイソウとニリンソウの群生が素晴らしいですね。この広さに木と白い花の景色は見事ですね。

六花亭の包装紙にはいろいろな花が描かれていますが、山岳画家の坂本直行の描いたものなんですね。初めて知りました。
以前、旅行の時、六花の森には時間がなくて行きませんでしたが、六花亭でお茶をしましたので懐かしいです。
美しい景色と花を見せて頂きました。有り難うございます。 ヽ(^。^)ノ
Commented by maphananikki at 2019-05-22 17:25

ふみさん、こんにちは♪
券売所もまわりの風景に合わせた雰囲気ですね。
ここでもエゾオオサクラソウがたくさん見られましたが、ほぼおしまいですね。
帯広は気温が高いですから早いのでしょう。
前回はほかの花が目に入らなかったわ。あったのかしら?
クロアチアの古民家をギャラリーにしてるとは知りませんでした。
写真でしか見てないですが、クロアチアの田舎の風景ってステキなんですよね。
こんな民家だったかなあ?これは相当古い時代のものかもね。
オオバナノエンレイソウの群生は、前回も驚きましたが、今回も二度目でも感動ものでしたよ。

坂本直行は北海道では知られた画家ですが、全国的にはどうなのかしら。
わたしは絵には詳しくないのでわかりませんが・・・
坂本龍馬の親戚と言うことで、こちらでは新聞などで取り上げられることもありますよ。
この時期でしたら、一度はこの森を見ておくといいんじゃないかなと思います。
いつも見て頂いてありがとうございます(^o^)/
Commented by おかめ at 2019-05-22 17:36 x
mapさん、今日は♪

 六花の森の敷地内の川は以前からあった川でしょうか、それとも造った川なのかしら?
広いですね、さすが北海道です。
空気も美味しそう♪
チシマエンレイソウが綺麗ですね。
ミドリニリンソウも白い縁取りがくっきりとして綺麗ですね。
計算されて作られた庭園ですね、無駄がないですね。

「日高から広尾に」も拝見しました♪
牧場も広々していて放牧された馬は競走馬ですか、一頭の馬がこちらを 見ている、カメラ目線ですね。
桜が咲いていて、エゾオオサクラソウの花が可愛いわね。
襟裳岬が霧でかすんでいる。
フンベとはアイヌ語でクジラという意味ですか、めずらしい形の滝ですね。
アカゲラもいて良いアクセントになっていますね。
笹に隠れたエゾエンゴサクの群生は贅沢な眺めのように感じます。
広尾・シーサイドパークのオオバナノエンレイソウ群生地は広すぎませんか…、なんと贅沢な…という眺めです。
シラネアオイも咲いていたわね♪

野幌・大沢口も拝見しました♪
入口に咲いていたシラネアオイ、美しいですね。
フデリンドウ、オオカメノキの花など野幌大沢口の花は親しみを感じます。
さすがに咲いている花の種類が豊富ですね。
満足されたことでしょう。

楽しませて頂きました、有難うございます。
こちらに伺うのが遅くなってごめんなさいね<m(__)m>
Commented by maphananikki at 2019-05-22 22:28

おかめさん、こんばんは♪
六花の森の隣には札内川が流れていますが、そこから水を引いてるのかなあ?
造成された森なので小川も作られたのではないでしょうか。
地図を見ると札内川から支流が出来ているのですけど・・・
よく考えて作られた見せる森だと思います。
包装紙に描かれた花をモチーフにしているので、主に春の花だから他の季節はさびしいと思うわ。
でもそれがほかのガーデンとは違う趣があるように思います。
今回訪問した他のガーデンも特徴があるガーデンでしたよ。

下も見て頂き、ありがとうございました。
盛りだくさんなので、見るのも大変だったでしょう。ご丁寧にコメントもそれぞれに下さって。
忙しいおかめさんなので恐縮しちゃったわ^^;でも見て頂いて嬉しいです。
日高地方の牧場は競走馬でしょうね。近くから見ると、馬たちは結構反応してこちらを見るのよ。
観光客が多くて、人や車に慣れているのでしょうね。
以前にも春に襟裳岬に行ってるけれど、エゾエンゴサクがこんなにあるとは知らなかったです。
二度三度と行くと、以前とは違う景色が目につくようですね^^;
広尾は時期が少し早かったようで、この後もっと満開になったと思います。
そうなるとシラネアオイは終わっているかもしれませんが。
野幌はあれからまた次々に開花が始まっていて、追い立てられるような気分になっていますよ。
今の時期が一番見ごたえがあって忙しいです。
たくさん見て頂いて、本当にありがとうございました~(^o^)/
Commented by miki at 2019-05-26 01:30 x
mapさん、こんばんは~♪

六花の森、以前見せて頂いたのが6年も前になるんですね~
北海道は、こんな森が幾つもあって良いですね
六花亭の包装紙、好き~~
へぇ~っ!そうなんだぁ~っ!坂本龍馬の甥御さんのお孫さん♪

入口からワクワク感が~♪♫
エゾノハナシノブも見られたんですね
クロアチアの古民家、森の雰囲気に合ってます~作品も見に行きたいです~
川沿いの雰囲気も素敵です~
オオバナノエンレイソウとニリンソウの群生、夢のようです
mapさん、良いな良いな~行きたいよ~~
此の広さに此の群生、お手入れが大変でしょうね~
素晴らしい景色に見入ってました~溜息イッパイ
見せて頂けて良かった~~です
Commented by maphananikki at 2019-05-26 16:14

mikiさん、こんにちは♪
そうなのよ、あっという間に年月は過ぎていきますねぇ。
それぞれに個性を見せるガーデンがありますが、森と共存と言うのが私は好みです。
以前に訪問したときは、包装紙のオブジェがあったけれど、今回は気がつかなかったわ。

クロアチアの古民家だったんですね。
あの森の雰囲気にあっていますね。あの風景に溶け込んでいましたよ。
オオバナノエンレイソウとニリンソウの群生の道を歩くのは幸せでしたよ。
mikiさんなら、そこから動かずにカメラを向けていることでしょう。
行ならこの時期ですよ~いつか是非ご主人と訪ねてくださいね~(*^^)v

きょうはこの帯広が38.3℃にも気温が上がったそうです。
5月の日本の記録を更新したそうですよ~
わたしが以前行ったのは5月末でしたが、こんな気温では花たちは終わってしまうでしょう。
それにとてもじゃないけど歩けないわ・・・
名前
URL
削除用パスワード