花日記

2014年 11月 17日 ( 1 )

野幌・大沢口11月13日

       前日旅行から帰ってきたばかりですが、元気なのでいつもの定期コースを歩いてきました。
       寒々しくてあまり人もいなく駐車場も車は数えるほどしかありませんでした。

       歩き出して間もなく向こうからやってくる女性に目があった途端、
       「今、シカがいたんですよ~!」と言われました。
       その方はよほど驚いたらしく興奮状態です。
       「ここに鹿が出るなんて聞いたことが無いからびっくりして~!」
       「鹿が居るんですよ、20頭くらいいるんじゃなかったかなあ?」とわたし。
       「えっ、いるんですか、そんなこと初めて聞いたわ。ガサガサと言う音にびっくりして立ち止まったら
       鹿が飛び出してきて走り去ろうとしてそのまま固まって動かなくなったんです。 私は怖くて怖くて・・・」
       「鹿は襲いませんよ。もし人間が動いたら鹿の方が逃げると思います」
       「私はこの近くのものですけど、もう怖くて散歩に来られない、どうしよう。怖いから引き返してきたの」
       と相当ビビっているんです^^;
       わたし「鹿に会いたかった、これから行ってももういないですよね~」と言って別れました。
       日中でも出遭うチャンスはあるということですね。楽しみだなあ~

       道中、雨が降ったり小雪が舞ったり、忙しい空でした。
       この日の夜には本格的に雪で、翌朝雪の森を見に来たかったのですが、楽する方を選びました・・・(^^ゞ



                入口はもうすっかりさびしい姿
f0146493_2155504.jpg



                でも入口に、こんな緑の木があるんです
f0146493_21555978.jpg



                この坂道の途中で鹿に出あったそう
f0146493_2156739.jpg



                坂の左下、ついこの前までキツリフネやミゾソバが群生していた場所に、鹿は固まっていたのかなぁ
                斜面を駆け上って消えたそうですが、痕跡が無いかと探したけれど、わかりません
f0146493_2156144.jpg



                雨が降ってきました。でも5分くらいで止みました
f0146493_21562227.jpg



                先週歩いた道は通らずに・・・   
f0146493_21563284.jpg



                先週坂の上から見た湿地帯を歩きました
f0146493_21564713.jpg



                水芭蕉が春の準備をしています
f0146493_21565652.jpg



                倒木のヤドリギ
          ウィキペディアより
                  果実は冬季に鳥に食われる。果実の内部は粘りがあり、種子はそれに包まれているため、
                  鳥の腸を容易く通り抜け、長く粘液質の糸を引いて樹上に落ちる。
                  粘液によって樹皮上に張り付くと、そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろし、寄生がはじまる。
                下の写真の真ん中あたりに枝から発芽したのがわかる部分がありますね
f0146493_2157627.jpg



                大沢の池   鳥は一羽も居ませんでした
f0146493_21571551.jpg



                地面に、ナナカマドとホウの実
f0146493_21572581.jpg



                ツルシキミのつぼみ   葉っぱの形が違うのは種類の違いなのか?        
f0146493_21573449.jpg



                ツルシキミの実はあちこちにあります
f0146493_21574293.jpg



                キノコの木
f0146493_21575290.jpg



                左・ノリウツギ    右・ツルアジサイ
f0146493_21575966.jpg



                フッキソウのつぼみ?と実   真ん中が普通の形で左のようなのは初めて
f0146493_21581197.jpg



                ナニワズのつぼみ  赤い実もあったのに消えています
f0146493_21581993.jpg



                コマユミも見当たらなくなりました。わずかにみられるものはしわしわになってきました
f0146493_21582899.jpg




f0146493_21584140.jpg



                トド松林の道                
f0146493_21585140.jpg



                シダもビロ~ンと広がっています
f0146493_2159023.jpg



                この曲がり方はどんな強いストレスがあったのか?  
f0146493_2159825.jpg



                鳥の姿はよく見ましたが、ほとんどヒヨドリ
f0146493_21591596.jpg



                多分お初のアトリ
f0146493_21592179.jpg



                バス停に行く白樺の道
                先々週はドウダンツツジが紅葉してきれいだったのに、冬囲いされています
f0146493_21593145.jpg



                名前が思い出せない花・・・ヒメオドリコソウに似てるけれど、園芸種の花だと思います
                道端の草むらにひっそり咲いています  ラミウムでした
f0146493_21593867.jpg

by maphananikki | 2014-11-17 22:48 | 野幌森林公園 | Comments(12)