花日記

2017年 08月 18日 ( 1 )

サロベツ原野の花(’17・8・14)

今年も墓参に行ってきました。
墓参のあとは、遠回りして…ともくろんでいたのでお天気と相談しながら、
雨を避けて14日出発となりましたが、札幌は晴れていたのに
道北は雨が降ったりやんだり、帰り道はついに止まない雨でした。
それでも肝心な場所は降らずに済んだのでラッキーだったかな。
しかし朝6時出発帰り着いたのは、21時でした。
息子と孫が一緒だったので、運転は交替出来て夫は楽できましたが、
乗っているのも大変でした。
前回もそうだったけれど、サロベツはやっぱり遠い・・・
2年前とは違う花を楽しんできました。



途中名寄のひまわり畑に寄り道

f0146493_22111622.jpg



名寄・知恵文のひまわり畑は少々早かったよう

f0146493_22112520.jpg



幌延の展望台から見た幌延ビジターセンターとその東側の湿原
湿原の奥の方は次に寄るサロベツ湿原があります
車で1時間弱くらいのところ

f0146493_22122859.jpg



南西方面の幌延オトンルイ風力発電
3.1キロメートルに28基の風車
帰りに通る道にあります

f0146493_22131216.jpg



ネジバナ

f0146493_22132020.jpg



ハンゴンソウ

f0146493_22132805.jpg



タチギボウシ

f0146493_22133629.jpg



ナガホノシロワレモコウ       クサレダマ

f0146493_22134322.jpg



ノリウツギ
強風なのか、背の低いものばかりでした

f0146493_22135008.jpg



オオヤマサギソウ

f0146493_22135737.jpg



ウメバチソウ

f0146493_22143351.jpg



サワギキョウ

f0146493_22143913.jpg



オゼコウホネ
葉は水面に浮き花は水面から飛び出る
コウホネは葉の茎が水面から飛び出ます

f0146493_22144610.jpg



ヤマドリゼンマイの紅葉

f0146493_22145303.jpg


f0146493_22150052.jpg



ヒツジグサ
スイレンより小さい花
スイレンは明治期に入ってきた園芸種で、ヒツジグサは日本古来からある花

f0146493_22150968.jpg



展望台

f0146493_22151609.jpg



サロベツ湿原センターのある湿原

f0146493_22152706.jpg



こちらもノリウツギとクサレダマがたくさん見られます

f0146493_22154349.jpg



ナガホノシロワレモコウ  タチギボウシ  サワギキョウ

f0146493_22161469.jpg



ネジバナ     エゾノサワアザミ

f0146493_22165389.jpg



サワギキョウ群生

f0146493_22170483.jpg



ミミコウモリ    エゾナミキソウ

f0146493_22171312.jpg



ヒメシロネ

f0146493_22172319.jpg



何の実?形からイケマやシオデかなと思ったものの、違うよう・・・

f0146493_22173269.jpg



オオマルバノホロシ

f0146493_22173968.jpg



キツリフネ     エゾニワトコ

f0146493_22175026.jpg



帰路のサイレージと日本海

f0146493_22180468.jpg



幌延オトンルイ発電の風車のある道

f0146493_22181580.jpg


f0146493_22182836.jpg


f0146493_22190112.jpg


by maphananikki | 2017-08-18 22:36 | 北海道 | Comments(12)