花日記

2018年 09月 17日 ( 1 )

野幌周辺にて(’18・9・16)

9月6日の胆振東部地震では、ネットのお友達の皆さんにも
大変ご心配いただき、ありがとうございました。
被災地で今なお避難所暮らしの皆様や、ご家族を亡くされた方々など
たくさんいらっしゃることを思うと、言葉になりません。
一刻も早く日常が戻りますよう、祈るばかりです。

我が家の地域は電気の復旧も早く、大変助かりました。
今では日常も戻り、スーパーの品ぞろえも今週には回復の見込みです。
ただ余震が続いているのが、唯一落ち着きません。
やっと森のことにも気持ちが動くようになり、森のお仲間さんのブログで
立ち入り禁止と言うのはわかっていたのですが、実際には?と確認に
出掛けてみました。
瑞穂口、トド山、登満別とまわり、あ然呆然とはこういうことでしょうか。
地震の前日には台風21号がやってきて、瞬間最大風速32メートルとか。
ダブルパンチの被害となったようです。
これら倒木の跡地が回復するには一体何十年かかるのでしょう。
そして森の中で暮らす動物たち、無事だったでしょうか。
ついでに野幌近辺の様子も見て回りました。



瑞穂口駐車場にて 
重機が入っていました

f0146493_18594815.jpg



ここは樹木が林立していた場所
すっかり空間が広がっています

f0146493_18595775.jpg



上の丸太のように処理されるのでしょう

f0146493_19000397.jpg



中央線に向かう散策路も倒木で塞がれています

f0146493_19000835.jpg


f0146493_19001460.jpg



駐車場でエゾノコンギク

f0146493_19002002.jpg



瑞穂の池に向かう入口

f0146493_19002784.jpg



野幌南端の草地で
オオノアザミ   ユウゼンギク

f0146493_19003380.jpg



トド山口で

f0146493_19004154.jpg



登満別口で

f0146493_19004773.jpg



森を出て北の縁

f0146493_19170230.jpg



小川のそばの草地
いつもは草原なのに牧草ロールが・・・
今年は長雨で牧草も足りないと聞きます
そのせいでしょうか

f0146493_19170801.jpg



お気に入りの小川で
ツユクサ  オオイヌノフグリ  アキノウナギツカミ
ミゾソバ  タチイヌノフグリ  イヌホオズキ

f0146493_19171572.jpg



豆畑  大豆?

f0146493_19172348.jpg



放牧の牛

f0146493_19172962.jpg



南幌町の防風林沿いで
ここでも倒木が

f0146493_19173739.jpg



用水路に沿って雑草と呼ばれる花たちがたくさん見られます
ノブドウ  ツルウメモドキ  コンクリートの壁の隙間からユウゼンギク

f0146493_19174451.jpg



稲作地帯が広がります  間もなく刈り入れでしょう

f0146493_19175137.jpg



ナギナタコウジュ

f0146493_19175821.jpg



ダイコンソウ  ノハラムラサキ  イシミカワ
ミミナグサ  ゲンノショウコ  マツヨイグサ

f0146493_19180480.jpg



キンエノコログサ カタバミ
ツユクサ  エノコログサ 

f0146493_19183355.jpg



オオハンゴンソウ
エゾアカバナ  ムシトリナデシコ

f0146493_19185762.jpg



田んぼと白樺

f0146493_19190620.jpg



ナナカマド

f0146493_19191346.jpg



玉ねぎ畑

f0146493_19191974.jpg


f0146493_19192634.jpg



カルガモ

f0146493_19193333.jpg



今年開拓した道で
ヤマブドウ  トリカブト

f0146493_19194024.jpg



トウモロコシ畑も端の方は倒れています

f0146493_19194854.jpg



足もとにはミゾソバが群生

f0146493_19195591.jpg





by maphananikki | 2018-09-17 19:39 | 北海道 | Comments(10)