花日記

2019年 06月 27日 ( 1 )

判官館森林公園(’19・6・21)

4時間かかって判官館(はんがんだて)森林公園につきました。
「判官館は新冠川河口にぞびえ立つ岩壁でおよそ800年の昔、
九郎判官源義経が兄頼朝の迫害から逃れて蝦夷の地に亡命し
この要害の地に館を築き身を安めたといわれ、義経に恋した
ピリカメノコが両親の反対に世を儚みここから身を投じたという
悲しい伝説があります」
新冠町観光協会HPから抜粋させていただきました

今の時期は野草も端境期なのでしょうか、あまり花も無く残念。
やっぱり春が一番素敵です。とは言え、森の空気を身にまとい
ゆったりと散策を楽しみました。広場のコウリンタンポポの群生も見事でした。
その時、森の中から三頭のエゾシカが出現!急いでカメラを向けたものの
あちらも思わぬ人間の姿に驚いたのか、すぐ木々の中に消えました。
鹿が居るんだ~ ん?熊もいるのかしら・・・急に怖くなりました(^^ゞ



駐車場となりの広場のコウリンタンポポ
奥の森の中にエゾシカは消えました

f0146493_14582633.jpg



いつもはこちらの道から歩きます

f0146493_14583807.jpg



オオバナノエンレイソウが群生する道ですが、きょうはここまで

f0146493_14584530.jpg



夫もカメラを持って歩くと言うので、近道から
バイケイソウ

f0146493_14585232.jpg



バイケイソウ

f0146493_14585807.jpg



オオダイコンソウ

f0146493_14590404.jpg



キンポウゲ

f0146493_14591342.jpg



ツルアジサイ

f0146493_14592094.jpg



オオハナウドもあちこちで群生

f0146493_14593367.jpg



湿地の木道

f0146493_15000298.jpg



マユミ

f0146493_15004545.jpg



カンボク

f0146493_15005509.jpg



カンボク

f0146493_15010096.jpg



湿地を出て
エゾカンゾウ
たったこれ一本しか見つけられず・・・

f0146493_15010730.jpg



トリアシショウマ

f0146493_15011591.jpg


f0146493_15012107.jpg



オオカサモチ

f0146493_15012877.jpg



花を拡大

f0146493_15013563.jpg



ヤマハタザオ

f0146493_15014280.jpg



太平洋

f0146493_15015009.jpg



JR日高線
2015年の高波被害からは休止になっています
バス転換の方向へ・・・

f0146493_15022209.jpg



覗き込んでいたら、崖に張り付く花発見
エゾスカシユリ

f0146493_15022921.jpg



オオセグロカモメ

f0146493_15023668.jpg



新冠(にいかっぷ)のまち 一部です

f0146493_15024477.jpg



フタリシズカ

f0146493_15025374.jpg



ハクウンボク

f0146493_15030002.jpg



アカゲラ  口にくわえているのは巣作りの材料?
それともヒナの餌になる虫?

f0146493_15030746.jpg



駐車場に戻って雑草と呼ばれる花たちと遊びます

f0146493_15032197.jpg



コウリンタンポポ・アカツメクサ・ブタナ・フランスギク

f0146493_15032947.jpg



アカツメクサ・シロツメクサ・コメツブツメクサ

f0146493_15034197.jpg



高速道から見える牧場

f0146493_15042745.jpg



国道274号沿いに咲くポピー

f0146493_15043451.jpg



by maphananikki | 2019-06-27 15:27 | 北海道 | Comments(10)