花日記

カテゴリ:北海道( 375 )

金山湖から宮島沼へ(’18・10・4)

このところドライブに出かけたそうな夫、でも行きたい場所が思い当たらない私。
ところが4日の朝の快晴の空には、さすがに私もじっとしていられませんでした。
ふと思いついたのが、夏ごろだったか、列車の旅のテレビ番組で見た「金山湖」
東大樹木園から先の帯広に向かう道は、まだ通ったことがありません。
帯広のガーデンめぐりもしたいので、下見を兼ねて途中まで行って見ることに。
狩勝峠から帯広までは60数キロとの表示に、距離感もわかって来春はぜひ
訪れたいものと思いました。
いざ出かけてみると富良野方面はすっかり黄葉が始まっていました。
あと1週間もすれば最盛期じゃないのでしょうか。とうとう紅葉の季節です。
帰路は富良野からまっすぐ宮島沼に向かい、マガンの様子を見てきました。
こちらは最盛期には6~7万羽のマガンがねぐら入りしますが、この日は16000羽です。
2日前には25000羽と言うので、期待して寄ってみたのですが、沼もスカスカでした。



山の上にだけ雲があります
銀杏並木もかすかに黄色味を帯びてきました
f0146493_22041082.jpg



貧相だけどここにもひまわり畑  

f0146493_22041604.jpg


岩見沢付近の山はまだ青い
f0146493_22042585.jpg


30分ほども進むと色づいています
f0146493_22043796.jpg



f0146493_22044323.jpg

富良野に入ってすぐの十勝岳連峰
雪山にはまだ早かった・・・
f0146493_22044775.jpg


春には桜の名所の東大樹木園
f0146493_22045811.jpg


振り返れば芦別岳
いつも雪の山しか見ていません
f0146493_22050586.jpg


近くの畑のそばでエゾシカ
f0146493_22051310.jpg



f0146493_22051827.jpg



f0146493_22064144.jpg


南富良野の金山ダム湖
f0146493_22064886.jpg



f0146493_22065699.jpg



f0146493_22070272.jpg



f0146493_22070717.jpg


狩勝峠に向かう道は貸切り状態
f0146493_22071540.jpg


狩勝峠から
山は東大雪でしょうか?
f0146493_22072257.jpg


宮島沼に向かう途中で見た火力発電所
上は砂川か奈井江、下は奈井江と思われます(奈井江には1号と2号あり)
たまたま7日の新聞に出ていましたが、地震後のブラックアウト後、
まず復旧したのは金山発電所からの種火が、砂川発電所に来て奈井江など
次々動き出したそうです。出かけた場所が明かりをともす役目を果たしたとは・・・
奈井江は道内で一番古い発電所なので、来年3月でお役御免になるようです
最後に大事な仕事をしたのですね
f0146493_22072855.jpg


宮島沼にも倒木が・・・
f0146493_22073598.jpg


宮島沼  16:57
f0146493_22074091.jpg



f0146493_22081717.jpg


夕日を受けて飛ぶマガン
f0146493_22082231.jpg



f0146493_22082607.jpg



f0146493_22083144.jpg



f0146493_22083742.jpg


最盛期は沼が真っ黒になるのに・・・
f0146493_22084401.jpg


駐車場に戻ると近所の田にいたマガンが一斉に飛び立ったところ
f0146493_22085081.jpg



f0146493_22085670.jpg



f0146493_22090863.jpg


V字編隊
f0146493_22091643.jpg


陽が落ちた道を帰りました  17:29
f0146493_22094738.jpg





by maphananikki | 2018-10-07 22:24 | 北海道 | Comments(14)

当別から宮島沼へ(’18・9.26)

そろそろ出かけたい気分の頃、朝から気持ちよく晴れ渡りました。
去年見損ねていたアキノノゲシを今年こそは見に行きたいと
そそくさと支度を済ませて、家を飛び出しました。
お気に入りの道を歩き出すと、難なくその花は見つかりました。
向きを変えながら何枚も撮る私を不審に思ったのでしょうか、
その前にある画廊のご主人が「なにしてるの?」と声をかけてきました。
「アキノノゲシを撮りに来たのです」「これ?雑草でしょ」とにべもなく。
「ファンも多い花なんですよ、ステキでしょう、かわいくないですか」
と言う私に「別に」とあっさり切り捨てるように一言。
「札幌からきたの?」あきれたようでした(^^ゞ
ご主人は、アキノノゲシを知らなかった様子。
「来年も来るので、草刈りしないでくださいね」とお願いしてきました。

そこを離れ今度は赤花のゲンノショウコを見つけました!
自然の中で咲く赤花ゲンノショウコは支笏湖でしか見たことが無かったような?
アキノノゲシも赤花ゲンノショウコも一ヵ所でしか見られませんでした。
こんなにかわいい花たち、雑草の一言で済ませてはかわいそう、野草好きの
わたしはそう思います。そう思う人、きっとたくさんいますよね。
今回もたくさんのいわゆる雑草と言う花たちを撮りましたが、紙面の都合上
カットしたのが正直なところ残念なのです。



当別町でひまわり

f0146493_21541363.jpg



緑肥として畑に漉き込まれるのでしょう

f0146493_21541930.jpg



お気に入りの道で  アキノウナギツカミ

f0146493_21542553.jpg


f0146493_21543036.jpg



ミゾソバもいたるところで群生

f0146493_21543746.jpg



赤っぽい花

f0146493_21544644.jpg


f0146493_21545329.jpg



白っぽい花

f0146493_21550004.jpg



ススキ

f0146493_21550615.jpg



オギ    ススキ

f0146493_21551415.jpg



エノコログサ
ムラサキエノコログサ   キンエノコログサ

f0146493_21555327.jpg



ゲンノショウコ混合

f0146493_21560520.jpg


f0146493_21561483.jpg



アキノノゲシ

f0146493_21562351.jpg


f0146493_21562923.jpg


f0146493_21563543.jpg



ウンラン

f0146493_21564351.jpg


f0146493_21564993.jpg



コスモスとお地蔵さん

f0146493_21570713.jpg



ユウゼンギク

f0146493_21572021.jpg



JR札沼線沿いに咲くユウゼンギク

f0146493_21575324.jpg



浦臼・いこいの森に行く坂道
春にカタクリなどが咲く道です

f0146493_21581064.jpg



今は実がいろいろ
オオウバユリ   トチバニンジン
マムシグサ  ユキザサ

f0146493_21581944.jpg



アキノキリンソウ

f0146493_21582700.jpg



いこいの森から見える葡萄畑
ブドウは摘み取った後のようです

f0146493_21583447.jpg



葡萄畑の周辺に  イヌカミツレ

f0146493_21584276.jpg



イヌカミツレ

f0146493_21584853.jpg



宮島沼にて
この日の二日前はマガンはまだ25羽の飛来だったそうです
わたしが見た時は200~300羽くらいでしたが、あとで調べると
この日26日は1000羽、28日には24000羽になったそうです
6~7万羽になるのはいつでしょうか

f0146493_21585701.jpg



帰路の北村のスイレン

f0146493_21590953.jpg


f0146493_21592126.jpg



稲刈りも始まっていました

f0146493_21595402.jpg






by maphananikki | 2018-09-29 22:12 | 北海道 | Comments(12)

野幌周辺にて(’18・9・16)

9月6日の胆振東部地震では、ネットのお友達の皆さんにも
大変ご心配いただき、ありがとうございました。
被災地で今なお避難所暮らしの皆様や、ご家族を亡くされた方々など
たくさんいらっしゃることを思うと、言葉になりません。
一刻も早く日常が戻りますよう、祈るばかりです。

我が家の地域は電気の復旧も早く、大変助かりました。
今では日常も戻り、スーパーの品ぞろえも今週には回復の見込みです。
ただ余震が続いているのが、唯一落ち着きません。
やっと森のことにも気持ちが動くようになり、森のお仲間さんのブログで
立ち入り禁止と言うのはわかっていたのですが、実際には?と確認に
出掛けてみました。
瑞穂口、トド山、登満別とまわり、あ然呆然とはこういうことでしょうか。
地震の前日には台風21号がやってきて、瞬間最大風速32メートルとか。
ダブルパンチの被害となったようです。
これら倒木の跡地が回復するには一体何十年かかるのでしょう。
そして森の中で暮らす動物たち、無事だったでしょうか。
ついでに野幌近辺の様子も見て回りました。



瑞穂口駐車場にて 
重機が入っていました

f0146493_18594815.jpg



ここは樹木が林立していた場所
すっかり空間が広がっています

f0146493_18595775.jpg



上の丸太のように処理されるのでしょう

f0146493_19000397.jpg



中央線に向かう散策路も倒木で塞がれています

f0146493_19000835.jpg


f0146493_19001460.jpg



駐車場でエゾノコンギク

f0146493_19002002.jpg



瑞穂の池に向かう入口

f0146493_19002784.jpg



野幌南端の草地で
オオノアザミ   ユウゼンギク

f0146493_19003380.jpg



トド山口で

f0146493_19004154.jpg



登満別口で

f0146493_19004773.jpg



森を出て北の縁

f0146493_19170230.jpg



小川のそばの草地
いつもは草原なのに牧草ロールが・・・
今年は長雨で牧草も足りないと聞きます
そのせいでしょうか

f0146493_19170801.jpg



お気に入りの小川で
ツユクサ  オオイヌノフグリ  アキノウナギツカミ
ミゾソバ  タチイヌノフグリ  イヌホオズキ

f0146493_19171572.jpg



豆畑  大豆?

f0146493_19172348.jpg



放牧の牛

f0146493_19172962.jpg



南幌町の防風林沿いで
ここでも倒木が

f0146493_19173739.jpg



用水路に沿って雑草と呼ばれる花たちがたくさん見られます
ノブドウ  ツルウメモドキ  コンクリートの壁の隙間からユウゼンギク

f0146493_19174451.jpg



稲作地帯が広がります  間もなく刈り入れでしょう

f0146493_19175137.jpg



ナギナタコウジュ

f0146493_19175821.jpg



ダイコンソウ  ノハラムラサキ  イシミカワ
ミミナグサ  ゲンノショウコ  マツヨイグサ

f0146493_19180480.jpg



キンエノコログサ カタバミ
ツユクサ  エノコログサ 

f0146493_19183355.jpg



オオハンゴンソウ
エゾアカバナ  ムシトリナデシコ

f0146493_19185762.jpg



田んぼと白樺

f0146493_19190620.jpg



ナナカマド

f0146493_19191346.jpg



玉ねぎ畑

f0146493_19191974.jpg


f0146493_19192634.jpg



カルガモ

f0146493_19193333.jpg



今年開拓した道で
ヤマブドウ  トリカブト

f0146493_19194024.jpg



トウモロコシ畑も端の方は倒れています

f0146493_19194854.jpg



足もとにはミゾソバが群生

f0146493_19195591.jpg





by maphananikki | 2018-09-17 19:39 | 北海道 | Comments(10)

美瑛とetc.・・・(’18・8・12)

9日から17日朝まで続いた長雨の日々。
お墓参りに行かなくちゃと思い、天気予報を見て12日が晴れそうなので
即座に決行。これがよかったです。この日だけ晴れ間が広がりました。
道中は曇りがちで、車の中も涼しいし、旭川の墓所に着いたときだけ
青空が広がって暑かったけれど、美瑛辺りも青空だと良かったかなあ。
大雪山連峰や十勝岳連峰が全く見られなかったのはとても残念。
どちらが目的かわからないほどに、道中を楽しんできました・・・^^;




浦臼町を出るあたりの田んぼが青く染まっていて、急停車
ミズアオイ

f0146493_14014389.jpg


f0146493_14015439.jpg


f0146493_14015929.jpg



最初に目に留まった場所

f0146493_14020648.jpg



田んぼのそばにはヒルガオがたくさん

f0146493_14021419.jpg



お寺できれいだったコスモスを

f0146493_14021989.jpg



お昼にした旭川空港が見える場所で

f0146493_14022695.jpg



ヤマハギ  タチオランダゲンゲ
クサレダマ    オトギリソウ

f0146493_14023393.jpg



左はイヌカミツレ  右は?こちらの花の方が多かったのですが・・・

f0146493_14023980.jpg



「ぜるぶの丘」の裏には「亜斗夢の丘」と書かれてあるのが何故なのかわかりません・・・
「ぜるぶ」とは かぜ かおる あそぶ の最後の文字を用いて命名したそうです

f0146493_14031349.jpg



ハナアオイ      タチアオイ

f0146493_14032077.jpg


f0146493_14032959.jpg


f0146493_14033417.jpg



今年の花畑は派手ハデ・・・

f0146493_14033975.jpg



それより隣りのそば畑の方が好き

f0146493_14034723.jpg



オオハンゴンソウは道端に嫌になるほど咲いています

f0146493_14041238.jpg



「新栄の丘」から望む「赤い屋根の家」

f0146493_14042077.jpg



南側にはひまわり畑

f0146493_14042762.jpg



シラカバ

f0146493_14043523.jpg



トウモロコシ畑
(わたし的にはトウキビ畑)

f0146493_14044175.jpg



その隣の「赤い屋根の家」
2年前より屋根の色が薄くなって・・・
その時もこの日もアジアの方々が三脚にカメラで撮影中

f0146493_14044640.jpg



2年前にはひまわりはありませんでした
左はトウモロコシ、奥は刈り入れの終わった麦畑

f0146493_14045399.jpg



ハンゴンソウの向こうにも赤い屋根が

f0146493_14050173.jpg



真ん中に見えるのは「四季彩の丘」の花畑
今回は寄りませんでした

f0146493_14050848.jpg



帰路の山の端にもオオハンゴンソウが群生中

f0146493_14054228.jpg



稲が開花中 稲の花は2時間ほどしか咲かないそうですね・・・
ソバ畑もあちらこちらに

f0146493_14054818.jpg



ヤマハギ  イシミカワ  ミチヤナギ  キンミズヒキ

f0146493_14055424.jpg



エゾノキツネアザミ

f0146493_14060598.jpg



アリが群がって

f0146493_14061289.jpg



コオニユリ
今回初めて知りました オニユリと違い、茎にむかごが無いそうです
そういえば前回↓防風林に咲いていたオニユリは茎が黒くなってむかごがついていました

f0146493_14062104.jpg



ガガイモに絡み付かれ・・・

f0146493_14062702.jpg



ノラニンジンもあちこちで群生

f0146493_14063798.jpg



ノラニンジン

f0146493_14064449.jpg



栗        ツルウメモドキ

f0146493_14065219.jpg


by maphananikki | 2018-08-18 14:28 | 北海道 | Comments(4)

野幌周辺にて(’18・8・9)

MLBが早朝にあり、空いた午前中に野幌近辺の花を見に行ってきました。
小川の道でトモエソウを見たいのと、近辺の田んぼでアオサギが見られたら、
と思ったのですが、まずは野幌の森の南縁のツリガネニンジンが第一目的です。
まずは南縁に着くと既にカメラを持った先客がいらっしゃいました。
写真を撮ってると、またもやお声掛けいただきました。
この日はリュックも首タオルも無かったのですけどね・・・^^;
なんと前回↓お会いした方のお友達だそうで、偶然ですが、偶然にしても
こんなことってあるのでしょうか。目が点になる思いでした。
この方からは私がオグルマと思っていた花はカセンソウと教えて頂きました。
また春にはハクサンチドリも見られますと言うことでした。
季節ごとに訪問すると思わぬ発見がありそうです。実際この日もありました。
お教えいただき、ありがとうございました~m(__)m



南縁の草むら

f0146493_14495508.jpg



ツリガネニンジン

f0146493_14500991.jpg


f0146493_14501689.jpg



カセンソウ
オグルマとの違いは総苞片がわかりやすいようです

f0146493_14502223.jpg



オミナエシ   ヤナギタンポポ

f0146493_14503019.jpg



ヤマハギ     ノラニンジン
ノコギリソウ   ナンテンハギ

f0146493_14503759.jpg



これは?

f0146493_14504437.jpg



サルナシの実と右は不明

f0146493_14505156.jpg



道ばたで
シナガワハギとシロバナシナガワハギ

f0146493_14512564.jpg



ノラニンジンが道端に群生

f0146493_14513241.jpg



ドクダミ      コンフリー
ミチヤナギ  エゾミソハギ  ヒルガオ

f0146493_14513964.jpg



ムラサキウマゴヤシ

f0146493_14514606.jpg



ビロードモウズイカ  アメリカオニアザミ  マツヨイセンノウ

f0146493_14515232.jpg



ヤマボウシの実

f0146493_14515952.jpg



今年開拓した道で
ノリウツギ

f0146493_14522272.jpg



こんな道です  左はトウモロコシ畑

f0146493_14522870.jpg



トウモロコシに絡むガガイモとヒルガオ

f0146493_14523571.jpg



春には見下ろしたトウモロコシ畑なのに・・・

f0146493_14524031.jpg



上の道の奥にある木々の下で
キツリフネ   セリ?ドクゼリ?
トリカブト  キンミズヒキ  マツヨイグサ

f0146493_14524771.jpg



オオハンゴンソウ

f0146493_14525349.jpg



ハンゴンソウ

f0146493_14530141.jpg



ガマの穂

f0146493_14530859.jpg



ヤマブドウ  ミズナラの実   マタタビの実

f0146493_14531618.jpg



小川の農道でトモエソウは見つけられず
ユウゼンギク

f0146493_14534702.jpg



タチギボウシ   チシマオドリコソウ
どちらも今年初めての発見♪
チシマオドリコソウが野幌にもあったとは!

f0146493_14535408.jpg



オオイヌノフグリ

f0146493_14540103.jpg



足を延ばした南幌町の田んぼで

f0146493_14541977.jpg



田んぼに佇むアオサギ

f0146493_14542627.jpg



防風林にはオニユリがたくさん
タチギボウシはすでに終わりの姿で惜しかった

f0146493_14543479.jpg



エゾノミツモトソウ
花弁がガクより短いそうです
ミツモトソウは同じか長いです
ガクの後ろに更に三角の飛び出ているものは副がくです

f0146493_14544277.jpg



田んぼに群生するオオハンゴンソウ
背景は雨で煙っています

f0146493_14544843.jpg



道ばたに群生するオオハンゴンソウ

f0146493_14545594.jpg



by maphananikki | 2018-08-13 15:14 | 北海道 | Comments(10)

ワッカ原生花園(’18・7・22)

オホーツク海の佐呂間湖にあるワッカ原生花園には3年前に初訪問でした。
たくさんの花に興奮したことを思い出します。
ただ、その時の目的はクロバナハンショウヅルを見ることでした。
が広い園内、探し当てられずとても残念な気持ちで帰宅しました。

まだ見ぬその花にぜひ会いたいと、再び訪問しました。
3年前と同じ時期ですが、多少花が遅いのか早いのか?見られない花もありました。
エゾノカワラナデシコも以前はもっと群生していたのに。
現在咲く花の略図がネイチャーセンターに出ていたのでチェックして出発。
今回も前回と同じく貸自転車で周りましたが、足が重くなり、老化を感じました^^;
前回果たせなかった第二湖口の先まで行って見たかったのに、又いけませんでした。
今でダメなら、もう二度と行くことは無いでしょうね・・・



なんと旭川近くまでは晴れの予報だったのに雨が降り、
帰ろうかと言いながらももう少しもう少しと車を走らせました

f0146493_20282225.jpg



国道沿いの草地に群生するエゾクガイソウ

f0146493_20283013.jpg



茶色く見えるので、もう花が終わりなのかと思ったら
しべの色でした。拡大すると露に濡れて・・・
葉も素敵なのです。

f0146493_20283838.jpg



マツヨイセンノウ  イヌカミツレ
ノハナショウブ  エゾオオヤマハコベ

f0146493_20284563.jpg



佐呂間湖  白い屋根がネイチャーセンター
この時はまだ雲が多かったけれど、いる間晴れてくれました

f0146493_20285086.jpg



ミヤマラッキョウ

f0146493_20285798.jpg



ナミキソウ

f0146493_20290350.jpg



エゾノカワラマツバ

f0146493_20291095.jpg



ムシャリンドウ

f0146493_20292021.jpg



ミヤコグサ   エゾオトギリソウ

f0146493_20292812.jpg



ハマフウロ

f0146493_20300030.jpg



あちこちで群生しています

f0146493_20301167.jpg



ナワシロイチゴ

f0146493_20301749.jpg



道の両側の草地に花がたくさん

f0146493_20302236.jpg



ノビタキ   ベニマシコ

f0146493_20303066.jpg



オホーツク海

f0146493_20303600.jpg



ハマニガナ   ハマボウフウ

f0146493_20304379.jpg



オオダイコンソウ  シロバナシナガワハギ  ヒロハクサフジ  オオヤマフスマ

f0146493_20305166.jpg



キタノコギリソウ
右の赤い花はアカバナエゾノコギリソウかなと思うのですが、
ワッカ原生花園のHPには開花中の花に記載なしです

f0146493_20305835.jpg



ハマウツボ

f0146493_20310684.jpg



竜宮街道
この先まで行って見たかったものの・・・

f0146493_20324001.jpg



ハマナス

f0146493_20324884.jpg



カセンソウ

f0146493_20325382.jpg



アキカラマツ
この花もいたるところで開花中

f0146493_20330355.jpg



ホタルサイコ

f0146493_20331584.jpg



クロバナハンショウヅル
探せられずに、ネイチャーセンターで教えて頂きやっと見つけました

f0146493_20332266.jpg



草の中から二輪、顔をのぞかせて

f0146493_20332877.jpg



アキカラマツ、エゾノカワラマツバ、エゾカワラナデシコ
などが群生する草原

f0146493_20334145.jpg



エゾカワラナデシコ

f0146493_20335015.jpg



ネイチャーセンターそばの草地

f0146493_20335849.jpg



ハマヒルガオ

f0146493_20343841.jpg



ハマエンドウ   ウンラン

f0146493_20344705.jpg



第二湖口

f0146493_20345404.jpg



左方面に第二湖口が見えています

f0146493_20350254.jpg


結構距離があるのですが、歩いている人もいました

f0146493_20364493.jpg

by maphananikki | 2018-07-29 21:02 | 北海道 | Comments(6)

野幌周辺にて(’18・7・12)

森を歩いた後は、帰り道も楽しみました。

去年も同じような時期に同じコースで帰りましたが、少し早い分
また寄り道した分、違うものも見られました。
マタタビの花発見、いやぁ寄り道してみるものですね。
そのあとのコースも好きな寄り道先です。
夏椿やヤマボウシが楽しみな道。
また端折らずにゆっくり散策したいですが、これからは暑さとの戦いが・・・




森から出ると麦畑が広がっています

f0146493_13193028.jpg


お気に入りの農道に周ります
トモエソウを期待していきましたが、姿なし・・・
去年はジャガイモ畑、今年はキャベツ畑に

f0146493_13194059.jpg



エゾニワトコの実とノブドウのつぼみ

f0146493_13194880.jpg



オニシモツケ

f0146493_13195414.jpg



イワミツバ  マツヨイグサ
エゾスズシロ  ヒメオドリコソウ  クサフジ

f0146493_13200173.jpg



帰り道、入ったことのない脇道へ興味を持って進みます
小川には水芭蕉の葉がたくさん

f0146493_13200838.jpg



そこには鳥の声が賑やかでした
ヒヨドリ   クワノミ   イワガラミ

f0146493_13202001.jpg



マタタビの花が、あまりにも巨大でびっくり!
持ち上げてみましたが、こんな立派な花は初めてです
山道で見る花は小さいのです

f0146493_13202981.jpg



イワミツバ   コンフリー
他にもオオウバユリやクルマユリのつぼみが見られました

f0146493_13203522.jpg



トウモロコシ畑

f0146493_13204178.jpg



ジャガイモ畑

f0146493_13211577.jpg



ジャガイモの花

f0146493_13212093.jpg



トゲナシヤエムグラ
ヨコスト湿原で見た花がここにも

f0146493_13212708.jpg



夏椿

f0146493_13213368.jpg


f0146493_13213914.jpg



ヤマボウシとアカバナヤマボウシ

f0146493_13214438.jpg

by maphananikki | 2018-07-20 13:35 | 北海道

ヨコスト湿原(’18・7・8)

樽前山麓を早々に切り上げて苫小牧に出て白老へ向かいます。
国道36号線とJRが並行してる道を走りますが、右手草むらに
黄色い花が!?草むらでカメラを構えてる人もいました。
帰りに寄ろうとひとまず目的地へ直行。
大好きなフウロソウやハマナス、いくつかの花を楽しみ帰路へ。
行きに見たエゾキスゲの群生は1キロほどもあったでしょうか。
ところどころに立ち寄りながら楽しんできました。
この時期にも通ってる道なのに、エゾキスゲに気がついたことがありません。
とても驚きましたが嬉しい発見でした。
ちなみにエゾキスゲは夕方開いて翌日の午後に閉じるそうです。
午前中だともっときれいに咲いていたのでしょうか。



カモメ?ウミネコ?が二羽 鳴きながら飛んでいます
猫の鳴き声のようでした

f0146493_20470845.jpg



ヒバリ   ノビタキ

f0146493_20471566.jpg



エゾキスゲが広い湿原にぽつんと
奥に見える国道のさらに奥も湿原です

f0146493_20472350.jpg


f0146493_20473040.jpg



エゾスカシユリも数は少ない

f0146493_20474357.jpg



エゾフウロ
太平洋側はエゾフウロ、日本海側はハマフウロと区別するようです

f0146493_20475155.jpg



ハマナス

f0146493_20475703.jpg


f0146493_20480444.jpg



アサツキなのかエゾネギなのか区別がつきません
北海道にあるのはエゾネギと書いてあるところも

f0146493_20481623.jpg



ハマエンドウ

f0146493_21243193.jpg



ハマヒルガオ

f0146493_20485692.jpg



アカネムグラ   

f0146493_20490592.jpg



トゲナシヤエムグラ

f0146493_20491612.jpg



ナワシロイチゴ

f0146493_20492334.jpg



オオヤマフスマ   エゾノカワラマツバ

f0146493_20493059.jpg



ヒロハカワラサイコ

f0146493_20513653.jpg



ノハナショウブはこれから?

f0146493_20514418.jpg



ヒオウギアヤメはもう終わり

f0146493_20515239.jpg


f0146493_20520076.jpg



ムラサキツユクサ

f0146493_20520769.jpg



ノイバラ

f0146493_20524653.jpg



ここから帰路です
湿原隣の社台ファームの馬

f0146493_20525591.jpg



エゾキスゲ

f0146493_20530227.jpg



JRの線路との間の草地に群生

f0146493_20531094.jpg



特急が目の前で見られます

f0146493_20531830.jpg



ここにもエゾフウロがたくさん

f0146493_20533060.jpg



ホザキシモツケ

f0146493_20534024.jpg



ヒトフサニワゼキショウ

f0146493_20534692.jpg



ノハナショウブ

f0146493_20535360.jpg



クサフジ

f0146493_20540398.jpg



ヒロハカワラサイコ

f0146493_20543921.jpg



ヒロハカワラサイコ

f0146493_20544635.jpg



センダイハギ

f0146493_20545576.jpg



エゾキスゲ

f0146493_20550418.jpg



長く続いた群生に興奮でした

f0146493_20551448.jpg




by maphananikki | 2018-07-12 21:25 | 北海道 | Comments(10)

樽前山麓(’18・7・8)

朝起きたらいいお天気。こんな予報じゃなかったのに。
ネットでも調べたら、どうやら持ちそう。
即座に遠出に決定。どこに行こう?
樽前山麓から白老のヨコスト湿原かなあ、
そうそう、新聞に出ていた恵庭のバイカモも見て行こう

期待にわくわくしながら出かけた結果、期待外れ、期待通り、
そして期待してなかったグッドな景色に出会えました。
やっぱりお出かけは何かあるなあと思った一日。

ヨコスト湿原は、次回に更新、とりあえず期待はずれな
こちらをアップです。




恵庭市の茂漁川でバイカモが見られます。
茂漁川から整備された水路が住宅地を流れ、
そこにもバイカモが咲きます。
新聞には出ていたのですが、咲いた花は見つけられませんでした。

f0146493_19583556.jpg



でも川べりにスベリヒユや・・・

f0146493_19585051.jpg



オニノヤガラにエゾノカワヂシャが見られてこれは嬉しい出あい
オニノヤガラが住宅のすぐそばで見られるなんて!

f0146493_19585663.jpg



支笏湖に向かう山道にはマタタビの白い葉が盛りです
あいにく花はまだつぼみ

f0146493_19590217.jpg



そして山肌にエゾスカシユリがミニ群れ

f0146493_19591155.jpg



お気に入りの樽前錦岡線にて花探し
あいにく過渡期でしょうか、あまり収穫は無し

f0146493_19591810.jpg



ナワシロイチゴはいたるところに群生

f0146493_19592485.jpg



シロバナニガナもたくさん、めったに見られないのでうれしい花

f0146493_19593124.jpg


f0146493_19593729.jpg



ハナニガナ

f0146493_19594365.jpg


コナスビ  ウツボグサ  オオヤマフスマ

f0146493_20001671.jpg



ノイバラ  今まで見たことがあったかなあ?あちらこちらで

f0146493_20002292.jpg


f0146493_20003002.jpg



シモツケはもう終わり   ヨツバヒヨドリはこれから

f0146493_20003778.jpg



フランスギク   イワミツバ

f0146493_20004435.jpg



ヒメウラナミジャノメ

f0146493_20005177.jpg
時間も押してきたので、1時間歩いただけで白老へ向かいました



by maphananikki | 2018-07-11 20:13 | 北海道

積丹・神威岬(’18・6・22)

神仙沼からは岩内に抜けて、海岸線を一路積丹へ。
前回は道を間違えて山に入り、海岸線を見ないでしまったのです。
お天気も回復、車も少なく気持ちの良いドライブとなりました。
ただトンネルが多いのは仕方のないことなのでしょうか。

神威岬についたら、強風です。
残念なことに岬までの遊歩道は閉鎖されていました。
今まで歩いたことのない草地を歩いてみましたが、野草は少なく残念。

昨日(25日)の夕方、NHKで函館から小樽、そして積丹に周る
自転車の旅が放送されていました。
ニセコのわたしが通ったパノラマライン(と言うなんて知らなかった)を颯爽と走り抜け
神仙沼などは素通りしてましたが、もったいない・・・
積丹の海岸線はここに乗せた場所も写っていましたが、先にわかっていたなら
ネッ友さんたちにお知らせしたかったなあと思いました。
  あれ?全国版だったのかな?



奇岩の海岸線

f0146493_21521600.jpg


f0146493_21522235.jpg



神威岬(カムイミサキ)

f0146493_21522783.jpg


f0146493_21523361.jpg



坂を上ると女人禁制の門  
男性のシャツがめくれ上がるほどの強風で
カメラも揺れて風に持って行かれるのです

f0146493_21523948.jpg



駐車場

f0146493_21524667.jpg



通ってきた海岸線

f0146493_21525145.jpg



エゾノヨロイグサ

f0146493_21525727.jpg



神威岬

f0146493_21530255.jpg



シャコタンブルーの海

f0146493_21530734.jpg


f0146493_21534269.jpg



草地の中にエゾカンゾウが満開

f0146493_21534990.jpg


f0146493_21535699.jpg


f0146493_21540399.jpg


f0146493_21541091.jpg



タカネミミナグサ

f0146493_21541844.jpg



アザミ

f0146493_21542550.jpg


f0146493_21543112.jpg



いつもは歩かないこんな草地[ささやぶ]を歩きました

f0146493_21544021.jpg



行くたびに撮ってる気がする竜のように見える岩
岩場に水鳥、カモメかな

f0146493_21544727.jpg


by maphananikki | 2018-06-26 22:04 | 北海道 | Comments(8)