花日記

<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春の花と鳥(浦臼~宮島沼)

23日、当別の道端の花を楽しんだ後は浦臼へ。
もうエゾエンゴサクやカタクリが咲いてるはずと足を延ばします。
宮島沼や偕楽公園でマガンや白鳥にもあっておきたい。
去年は24日に出かけていましたが、もう花が満開でした。
今年はまだ雪が残り、エゾエンゴサクは満開には早くその分寒い?
白鳥が今年はずいぶん残っていました。
マガンもねぐら入りは54000羽と言うことですが、その時間まで
残っていられないので帰宅しましたが、たくさんのマガンに会えました。
また秋に会えるかな?



浦臼・いこいの森公園に至る坂道

f0146493_15035252.jpg



上の写真の左側の丘の登り口はもう満開の花々

f0146493_15035839.jpg



キクザキイチゲも

f0146493_15040388.jpg



キクザキイチゲ

f0146493_15040714.jpg



坂を上り切ると公園入り口前にはまだ雪が

f0146493_15041268.jpg



公園内

f0146493_15041974.jpg



上の写真の雪が消えた場所は去年はもう満開でしたが、今年はまだ花が無い
でも木の根元には早いエゾエンゴサクが見られます

f0146493_15042427.jpg



浦臼神社の東側は満開の花畑

f0146493_15043023.jpg



カタクリ

f0146493_15043641.jpg



カタクリとエゾエンゴサク

f0146493_15044523.jpg



カタクリとエゾエンゴサク

f0146493_15051552.jpg



福寿草

f0146493_15052033.jpg



階段を下りて、国道そばの広場では
キバナノアマナとクロッカス

f0146493_15073324.jpg



国道そばの草地にもエゾエンゴサクやカタクリ、キクザキイチゲ
車の中からも青いじゅうたんのように明らかに見えます

f0146493_15053898.jpg



偕楽公園には白鳥がたくさん、写真に写っていない右手にもいっぱい

f0146493_15074464.jpg


f0146493_15075244.jpg


f0146493_15080277.jpg



土手のエゾエンゴサクはまだ早い

f0146493_15081041.jpg



一部こんなところもあります

f0146493_15081890.jpg


f0146493_15082665.jpg



ツグミ

f0146493_15085725.jpg



宮島沼でマガン

f0146493_15090486.jpg



草地もまだ草が無く沼が丸見え。この時期だけ見えます
マガンが岸辺近くまでいる眺めは初めてです

f0146493_15091223.jpg



次々に沼から飛び立ち、食事でしょうか

f0146493_15092018.jpg



20分くらいの間にかなりいなくなりました

f0146493_15092784.jpg



駐車場から帰ろうとすると目の前の畑に・・・

f0146493_15093543.jpg



マガンが食事中でした

f0146493_15094208.jpg



by maphananikki | 2018-04-26 15:26 | 北海道 | Comments(12)

春の花(石狩・水芭蕉)

22日水芭蕉が満開と知り、23日青空の下、車を走らせました。
後から調べたら前回は2011年でしたので7年ぶり!?
そんなになるのと驚きました。月日の経つのはなんと早いのでしょう。
野幌の水芭蕉もあちらこちらで見られますが、規模が違います。
ここマクンベツ湿原は、石狩川沿いに40ヘクタールの湿地が広がり、
長さ1.5キロメートルの木道が整備され、石狩川まで続きます。

水芭蕉を楽しんだ後、近くの石狩浜から当別のお気に入りの道、
そして浦臼のカタクリ、偕楽公園のエゾエンゴサク、宮島沼へとまわりました。
長くなるので、二回にまとめました。



この橋を渡って左折するとそこはもう湿原
右折すると石狩の海の方向です

f0146493_14281548.jpg



マクンベツ湿原

f0146493_14282856.jpg



木道が1.5キロメートル、中ほどは草原です

f0146493_14283530.jpg



ハンノキの中に水芭蕉が群生

f0146493_14284001.jpg


f0146493_14284406.jpg



中ほどの草地も広い  鶯が鳴いています

f0146493_14284963.jpg



水芭蕉の一帯を過ぎると石狩川に出ます

f0146493_14285681.jpg



左の花柱にある白い点々が花

f0146493_14290364.jpg


土筆はマクンベツ湿原の草むらに
道路沿いの草むらに水仙があちらこちらで見られました

f0146493_14291180.jpg



石狩のはまなすの丘公園(写真奥方面)にはまだ花は無いとは思いますが、
工事中のようで木道には入れません
右のビジターセンターの建物もまだ閉ったままでした

f0146493_14291883.jpg



石狩の海で釣り人  カレイが釣れるようです

f0146493_14295202.jpg



当別のお気に入りの道ではもう鯉のぼりが

f0146493_14295808.jpg



線路沿いに咲く水芭蕉

f0146493_14300348.jpg



線路と道路の間の草むらに咲く水芭蕉
こんな道で花探し

f0146493_14301036.jpg



アズマイチゲが団体さんで咲いています

f0146493_14301837.jpg



アズマイチゲ

f0146493_14302303.jpg



キクザキイチゲが混じる場所もあります

f0146493_14303083.jpg



エゾエンゴサクも今年は早い?いつもより数があります
ヒメオドリコソウはたった一輪

f0146493_14303780.jpg



道みち、キタコブシの白い花?つぼみ?がたくさん見られました

f0146493_14304566.jpg
この後は浦臼→偕楽公園→宮島沼へ


by maphananikki | 2018-04-25 14:45 | 北海道 | Comments(12)

野幌・大沢口から


大沢口の情報も目にしていて、早く歩きたいと思っていました。
大谷君の試合も無くて晴れると言う17日、やっと腰をあげました。
(この記事をアップの18日は、負け投手になってとても残念。
いつまでも良いことが続く訳ではないですし仕方がないですね)

さて森の道はさすがに雪は消えていますが、思ったほど花が無い・・・
後で調べたらこの時期としては普通の事でした。
今週は気温の高い日が続きます。楽しいのは来週からでしょうか。
とは言え、この日も思いがけずフクロウとの出会いがあり、森は
いつだって楽しませてくれます。


大沢口

f0146493_15023316.jpg



エゾエンゴサク  開花株はまだ少ない

f0146493_15024346.jpg



ザゼンソウの群落

f0146493_15025401.jpg



ザゼンソウ

f0146493_15030074.jpg



フクジュソウ

f0146493_15030953.jpg



林床にはたくさん!あちらこちらに花盛り

f0146493_15031767.jpg



遊歩道わきでも群れ咲いて

f0146493_15032541.jpg



わずかに雪の残る道も数か所ありましたが、歩くには問題なし

f0146493_15033181.jpg



フキノトウ

f0146493_15033726.jpg



どこにでも咲いています

f0146493_15034670.jpg



湿地の水芭蕉はまだ早め

f0146493_15042294.jpg


f0146493_15042838.jpg



水芭蕉

f0146493_15043512.jpg



大沢の池には水鳥が結構います

f0146493_15044104.jpg



遠くてよくわからないけれどマガンのつがい

f0146493_15044753.jpg



コガモ

f0146493_15045317.jpg



谷地の水芭蕉の中にエゾノリュウキンカが花をつけています(手前の黄色)
もう一ヵ所の谷地はまだ雪でいっぱいでした

f0146493_15050094.jpg



エゾフクロウ 去年見たあたりで、今年も営巣?

f0146493_15050825.jpg



楽しみだったエンレイソウはまだつぼみ

f0146493_15051691.jpg



アズマイチゲは満開  今までになく固まりがいっぱいでした

f0146493_15052322.jpg



アズマイチゲ

f0146493_15055838.jpg



猫柳

f0146493_15060458.jpg



ナニワズ

f0146493_15061113.jpg



キクザキイチゲも満開

f0146493_15061906.jpg


f0146493_15062676.jpg




記念塔広場から恵庭岳 がとても大きく見えました 

f0146493_15065684.jpg

by maphananikki | 2018-04-18 15:20 | 野幌森林公園 | Comments(16)

野幌・瑞穂口から

連日の大谷君のメジャーでの活躍に興奮して、テレビから目が離せません。
プロ野球も始まったばかりとあって、日中のゲームも続いていて、
森の様子が気になりつつもテレビ漬け・・・
やっと8日朝は大谷君の出番がないので腰をあげました。

前夜は雪が降り、お天気はいまいちの10時から12時半まで、瑞穂口を歩きました。
大沢口ではエゾエンゴサクの開花や、エンレイソウのつぼみも見られるそうですが
こちらの道はまだ花は福寿草やナニワズなどわずか。
この4月の寒さで開花は遅れ気味でしょうか。
それでも今年初の土の道、足の裏が痛かったですが、楽しんできました。



森の入口、ここから歩きます
100メートルほど奥に駐車場がありますが、この道にも野草が見られるのです

f0146493_15092258.jpg



早速ナニワズが。開花はここだけでした

f0146493_15093041.jpg



駐車場からすぐの道
右側には福寿草が見られる道ですが、まだ雪でいっぱい

f0146493_15093535.jpg



フキノトウはたくさん見られます

f0146493_15094029.jpg



この木木はストレスがあったのかな?

f0146493_15094954.jpg



5輪あった福寿草、一番開いていた花が隠れています

f0146493_15095517.jpg



白樺の道

f0146493_15100256.jpg



バイケイソウの芽出し
この中から開花が見られるでしょうか
毎年芽が出ても咲けない花が多いです

f0146493_15100704.jpg



雪の残る道

f0146493_15101347.jpg



林床のフキノトウ

f0146493_15101966.jpg



園地について鳥の声に足を止めると、目の前にエゾリス!
上空のトビなのかタカなのか飛ぶ姿に警戒しながらクルミを食べています

f0146493_15175611.jpg



小刻みな音が聞こえて振り返ると後ろの木にもエゾリス!
大きく見えるかもしれませんが、目の前で見ると片手に乗れそうなくらい小さかったです。

f0146493_15180559.jpg



原の池はやっと氷が融けたよう。カワセミはいつ来るのかな

f0146493_15181253.jpg



ザゼンソウとエゾエンゴサくの葉、まだつぼみは見えません

f0146493_15181911.jpg



園地に戻ると地面を走り回るエゾリス3匹!

f0146493_15182953.jpg


f0146493_15184165.jpg



園地の右手で走り回っていました、よく見かけるそうです

f0146493_15184856.jpg



登満別園地入口
左の大木はイチョウ

f0146493_15185698.jpg



銀杏の下にはギンナンがたくさん残っています

f0146493_15190354.jpg



園地に1輪だけあった福寿草

f0146493_15190955.jpg


by maphananikki | 2018-04-09 15:35 | 野幌森林公園 | Comments(14)