花日記

野幌森林公園 12

開拓の村
 正面入り口
f0146493_9194353.jpg

 開拓史札幌本庁舎
f0146493_9203337.jpg

 来正旅館
f0146493_9211472.jpg
  
 河本そば屋
f0146493_9213123.jpg

 馬車鉄道
f0146493_9214819.jpg

 札幌警察署南一条巡査派出所
f0146493_922462.jpg

 武岡商店
f0146493_9222656.jpg

 店内
f0146493_923211.jpg

 裏庭
f0146493_9231736.jpg

 山本理髪店
f0146493_9233628.jpg

 渡辺商店店内
f0146493_924644.jpg
f0146493_9243464.jpg
f0146493_925835.jpg


ずらずら~っと並べましたが、開拓の村には明治・大正期に建築された北海道の
建造物を復元・再現しています。
村全体が展示物であり他に動く展示として、夏は馬車鉄道、冬は馬そりが走ります。
市街地・漁村・農村・山村群に分かれ、52点の建造物が展示されています。
そのごくごく一部をご紹介しました。全部見たら何時間かかるでしょうね?
この日は幼稚園児から大学生などが随分多かったです。
修学旅行の高校生の姿もありました。
これらの建物は、いわゆる内地のその時代の建物と違う所があるのでしょうかね?
わたしの小学校時代は、田舎住まいだったせいでしょうか。まだ旅館や蕎麦屋さんは
こういう姿でありましたねえ。
# by maphananikki | 2007-09-26 09:48 | 野幌森林公園 | Comments(4)

野幌森林公園 11

野幌森林公園
 国道12号線から横道に入り、この坂を登ると公園です
f0146493_1065277.jpg

 北海道開拓百年記念塔
f0146493_108133.jpg
f0146493_1081973.jpg

 ツリバナ
f0146493_1083921.jpg
f0146493_109266.jpg
  
 園内はただ広々と・・・
f0146493_1093410.jpg

 ゲンノショウコ
f0146493_10111861.jpg
f0146493_10113012.jpg

 ノラニンジン
f0146493_10122298.jpg

 この橋を渡って次の目的地へいざゆかん...((((=・o・)ノ ♪
f0146493_10124349.jpg

 橋の近辺にホオの木
f0146493_10134780.jpg

 ホオの実
f0146493_1014114.jpg


いつもわたしが行く野幌森林公園は、色々な顔があります。
こちらは正面玄関とでも言いましょうか。
この日は記念塔の下で遠足の小学生の姿も見られました。
わが家の子どもたちもよく遠足で出かけたものですが、ここだけでなく瑞穂の池や
開拓記念館、開拓の村など色々な場所があります。
1968年に北海道開拓百年を記念して建てられた記念塔は100メートルの高さがあり、
上まで登ることが出来ます。
見晴らしは最高!と思われますが・・・何度も行ってる割には一度も上った事が
ありませんでした。あらら・・・(^▽^;)
子どもたちで賑やかだったので、記念塔の付近はパスして開拓の村へ・・・

ちなみに坂の下までだとわが家から歩いて30分くらいの近さです。
記念塔の後ろ側が散策路コースかな?
# by maphananikki | 2007-09-25 10:39 | 野幌森林公園 | Comments(4)

日本海・積丹 5

神威岬(かむいみさき)にて
女人禁制の門
f0146493_9165030.jpg

f0146493_9223491.jpg
f0146493_923457.jpg
f0146493_9242674.jpg
f0146493_9245337.jpg
f0146493_9254180.jpg

念のため この人はわたしじゃないです  σ(o^_^o)カメラマン
f0146493_9255914.jpg

ハマフウロ
f0146493_9262430.jpg

ゲンノショウコと比べた大きさはこんな感じ
f0146493_9265497.jpg

ツリガネニンジン
f0146493_9274248.jpg

コウゾリナ 10/05
f0146493_928373.jpg

クサフジ
f0146493_9284648.jpg

散策路
f0146493_929325.jpg


駐車場から少し坂を上って着いたところがこの女人禁制の門。
なんと、強風のため本日は通れませんの張り紙が~~!
 ≪ 「チャレンカの小道」とよばれる散策路が通じていて、所要20分で行くことができる。
沖に立つ巨大な神威岩には、源義経を慕って後を追ってきたアイヌの娘チャレンカが
海へ身を投じ、その姿がやがて岩と化したという伝説が残っている。
かつては海路の難所で、舟に女性を乗せると海が荒れるという言い伝えがあり、
1855年(安政2)まで女人禁制の岬だった。 ≫
 (yahoo!トラベル・国内観光温泉地ガイドより抜粋させていただきました)
小さく見える灯台まで行くと、岬の先端からカムイ岩とメノコ岩が見られます。
この写真では上から4枚目と5枚目に見えるのがメノコ岩と思います。
カムイ岩は乙女の化身と言われているそうです。

ちなみに義経については伝説がありますが・・・
義経は衣川で奥州藤原氏の襲撃を受けて自害したことが史実になっていますが、実は
生きのびて東北・北海道から中国大陸に渡ってジンギスカンになったという伝説があります。
最初に唱えたのは江戸後期に来日したあのシ-ボルトなのだそうです!
(大阪府立図書館より抜粋)
北海道のあちこちに義経が来たと言う言い伝えが残っているそうです。
と、話が横道にそれましたね(^▽^;)ゞ

今回なんたって一番うれしかった花との出会いは、ハマフウロです♪
とにかく女人禁制の門まで登るのに、階段の両側にゲンノショウコとともにた~っくさん
咲いていたのです。
今までゲンノショウコとフウロソウの区別が全くつきませんでしたが、これはあきらかに
大きさが違いました。比較した感じを合成してみました。正確ではありませんが。
坂道を登ると一面の草原です。散策路が長く続いています。
少し残念ではあったけれども、うれしい出会いもいっぱいの積丹へのドライブでした。


追記
昨日の積丹4でご紹介した「フユナラの実」は「カシワの実」でした。
お知らせを頂きましたので確認の後、訂正させていただきました。
お知らせをありがとうございました<(_ _)>
# by maphananikki | 2007-09-24 10:23 | 北海道 | Comments(10)