花日記

タグ:山野草 ( 528 ) タグの人気記事

野幌と周辺で(’19・7・11)

クルマユリが見たくて、野幌・瑞穂口へ行く森の縁や駐車場に咲く花なら
見に行っても大丈夫じゃないかと思い、寄ってみました。
案の定咲き始めた綺麗な花に出会えました。
次にはトモエソウが見られるかもしれない小川の道、マタタビの咲く道、
そして二年前に見て以来また会いたいと切望してる名の知れぬ花を、と
あちらこちらに寄り道しながら花探しです。
トモエソウだけは見られませんでしたが、思いがけぬ出会いがあったり
沢山の花に出会ってきました。
去年、余りに大きな花に驚いたマタタビ、そこには発見もありました。
最後の名前のわからない花、どなたかご存知ではないでしょうか。
ネットで探してみたものの、確信が持てません。




クマゲラ

f0146493_14363455.jpg


f0146493_14364187.jpg



その下に咲くクルマユリ

f0146493_14364854.jpg



駐車場のクルマユリ

f0146493_14365897.jpg


f0146493_14370462.jpg



その隣にも
笹の葉と比べて小さい花だとわかるでしょうか

f0146493_14371002.jpg



トモエソウを探しに行った小川で
エゾニワトコの赤い実とオニシモツケ

f0146493_14371535.jpg




エゾスズシロ  クサフジ  ビロードモウズイカ
 

f0146493_14372264.jpg



マタタビを探しに行く道で
ムラサキウマゴヤシ

f0146493_14372947.jpg



イワガラミ

f0146493_14373687.jpg


f0146493_14381089.jpg



キツネノボタン     キツリフネ

f0146493_14381896.jpg



ヤマブドウ

f0146493_14382728.jpg



ミヤマニガウリ

f0146493_14383368.jpg



ツルニガクサ

f0146493_14383908.jpg



マタタビ
あれ?上に小さな花がある・・・?
調べたら大きい花は両性花
小さい花は雌花

f0146493_14384737.jpg



こちらの小さい花が雌花
雌花に花弁は無く花弁のように見えるのはガク
また両性花の子房が無いのは雄花
今回撮った写真を探しても雄花は見当たりせんでした

f0146493_14385394.jpg



市民農園?のジャガイモ畑

f0146493_14390224.jpg


一昨年見た可愛い花に会いたくて探す道で
ノハラツメクサ

f0146493_14391255.jpg



ナガバツメクサ?

f0146493_14392036.jpg



キジバトが道をふさいでとおれません
仕方ないから今来た道を引き返します

f0146493_14395847.jpg



戻りながら再びきょろきょろ
あった~!草の根元の方に一輪だけ
本日一番の大興奮
タチロウゲ(オオヘビイチゴ)

f0146493_14400598.jpg



菜の花

f0146493_14401293.jpg



夏椿

f0146493_14401826.jpg



ヤマボウシ

f0146493_14402962.jpg



野幌の森お気に入りの南の縁で
フランスギク

f0146493_14403914.jpg



カワラマツバ

f0146493_14404587.jpg



ノコギリソウ

f0146493_14405229.jpg



ノハナショウブ

f0146493_14410048.jpg



ツリガネニンジン

f0146493_14410765.jpg



ホザキシモツケ

f0146493_14413917.jpg



さて、これが何の花なのか大変気になります
余りにも鮮やかな色合いなので園芸の花のような・・・

f0146493_14414644.jpg



でも野草ならばエゾノレンリソウ?
どなたかご存知の方はいませんか

f0146493_14415428.jpg



草むらの中に埋もれるようにイワガラミ
これって木なのに・・・

f0146493_14420217.jpg



by maphananikki | 2019-07-18 15:04 | 北海道 | Comments(6)

南幌で花探し(’19・7・11)

平岡公園から、野幌、南幌そしてまた野幌へとまわりました。
たくさんの花が見られたので、ブログ編集に嬉しい悲鳴です。
捨てきれなくて南幌と野幌を別々にまとめました。

南幌はここも田園地帯が広がっています。
防風林沿いや防風林の中に見つけた花がそろそろ咲くころと
出かけてみました。楽しみのギボウシにはちょっと早かったかな。
でもあちらこちらの田んぼにはアオサギがいて、カルガモや
馬の親子まで見られました。
いつもと違う道に周れば、又イヌカミツレの大群生に何度見ても
凄~いと歓声が上がります・・・




キャベツ畑

f0146493_21212013.jpg



ムスクマロウの咲く景色

f0146493_21212734.jpg



ムスクマロウ

f0146493_21213336.jpg



ビロードモウズイカ

f0146493_21213881.jpg



巨大なビロードモウズイカ
2メートルくらいもありました

f0146493_21214391.jpg



防風林
右手にも防風林の向こう側にも水田や麦畑が広がります

f0146493_21214993.jpg



水田のアオサギはあちらこちらに

f0146493_21215447.jpg


f0146493_21215936.jpg


f0146493_21220530.jpg



馬の親子

f0146493_21221006.jpg



仔馬の顔が見えないので、前に周ってみたが・・・

f0146493_21224789.jpg



カルガモ

f0146493_21225593.jpg



沼を見つけて
 そこにもやはりカルガモが数羽

f0146493_21230149.jpg



コウホネとスイレン

f0146493_21230907.jpg



畑の白樺

f0146493_21231898.jpg



イヌカミツレ大群生

f0146493_21232764.jpg



麦畑と思ったら、違いました。この作物はなんでしょうか?
豆のようなさやが見えます

f0146493_21233358.jpg



スズメもたくさんいました

f0146493_21234063.jpg



カラフトアカバナ?

f0146493_21234849.jpg



イケマ

f0146493_21235576.jpg



やっと見つかったタチギボウシはここだけ

f0146493_21243595.jpg



ヨツバヒヨドリの向こうに広がるのは水田

f0146493_21244280.jpg
   野幌に続く




by maphananikki | 2019-07-17 21:34 | 北海道 | Comments(2)

平岡公園(’19・7・11)

9日に平岡公園でオカトラノオを見ようと出かけたのですが・・・
勇んで湿地への階段を駆けるように下りると、イヌゴマが目に入りました。
カメラを構えると、アラッ!?
そうです、電池が無くなりそうだったのに、予備をテーブルの上に置いたまま
バタバタと出掛けてきたので入れ替えるのを忘れてしまったのです。
やっちまった~~~と思ってももう遅い。
仕方がない、オカトラノオだけでも撮って行こうと草地に向かうと
こういう時に限って、キタキツネがじっとこちらを見てるじゃないですか。

f0146493_09575138.jpg

慌ててカメラを向けるとすたすたと藪の中に消えていきました。
数枚撮りたいところを1枚だけ。ピンボケでした^^;
住宅地が隣り合ってる公園なのですが、身近な場所に暮らしているのですね。
オカトラノオは咲き始めたばかりだったので、心ゆくまで撮れないのも
心残り、森の中の道も歩きたいしと、改めて11日にやってきました。
オカトラノオはたくさん咲き、そして森の中も探検、数年前に会ったことのある
ギンリョウソウや、ここではお初のシャクジョウソウなどの花に、満足満足・・・



湿地の木道

f0146493_10054185.jpg



イヌゴマ

f0146493_10054831.jpg



オニノヤガラ(ランの花)
9日に撮ったときの花ですが、11日はもう終わっていました

f0146493_10055408.jpg



ヒルガオ  マツヨイグサ  オニシモツケ  コンフリー  ドクダミ

f0146493_10060400.jpg



オニシモツケ

f0146493_10061229.jpg



ノリウツギ

f0146493_10061708.jpg



オカトラノオ

f0146493_10062730.jpg



オカトラノオ

f0146493_10063259.jpg



ホザキシモツケ

f0146493_10064395.jpg



トリアシショウマ

f0146493_10072087.jpg



タチギボウシ

f0146493_10072586.jpg


f0146493_10073567.jpg


f0146493_10074076.jpg



ノハナショウブ

f0146493_10074635.jpg



エゾミソハギ

f0146493_10075390.jpg



ドクゼリ

f0146493_10080689.jpg



エゾノヒツジグサ

f0146493_10081690.jpg



ヘラオモダカ?  サギスゲ  イワミツバ?

f0146493_10082384.jpg



フランスギク  クサフジ  ハエドクソウ

f0146493_10083071.jpg



エゾニワトコ     クワの実

f0146493_10090216.jpg



オオウバユリ

f0146493_10091078.jpg



イチヤクソウとエゾスズランのつぼみ

f0146493_10091614.jpg



ツルアリドオシ
葉はたくさんあるのにつぼみも見当たらず花がこれだけ
最後の花だったのでしょうか

f0146493_10092451.jpg



シャクジョウソウ

f0146493_10093159.jpg



ギンリョウソウ

f0146493_10093755.jpg



ウメガサソウ

f0146493_10094490.jpg



駐車場で
ウスベニツメクサ

f0146493_10094948.jpg
野幌で見られるはずだった花たちもたくさん咲いていました




by maphananikki | 2019-07-16 10:21 | 札幌の公園など | Comments(2)

田園地帯で・当別(’19・7・6)

あすが当別の亜麻祭りと言う日、混雑しそうな日を避けて前日に出かけました。
毎年畑が違うので、念入りに場所を調べて出かけたのに4面もあると言う
亜麻畑が見つかりません???いつもなんとか見つけていたのになぁ~
畑にいる方に聞いてもうーん、わからないと言われるのです。
仕方なく田園風景を楽しむことにして、そのあとは岩見沢市に向かいました。
そちらはまた後日に。更新作業がなかなか進みません・・・(^^ゞ



田んぼ

f0146493_09015181.jpg



秋まき小麦

f0146493_09015841.jpg


f0146493_09020538.jpg



春まき小麦

f0146493_09021252.jpg



秋まきと春まきが隣り合って

f0146493_09021830.jpg



麦畑にイヌカミツレ
車の中から撮ったのであまりよくわからないかも

f0146493_09022706.jpg



イヌカミツレ

f0146493_09023464.jpg



イヌカミツレ

f0146493_09024066.jpg



カボチャ

f0146493_09024710.jpg



蕎麦

f0146493_09025535.jpg



そばの花

f0146493_09032313.jpg



シナガワハギ  ヒルガオ  エゾノミツモトソウ  エゾスズシロ

f0146493_09033102.jpg



オオハンゴンソウ

f0146493_09033642.jpg



キジバト(ヤマバト)

f0146493_09034137.jpg



菜の花
余り規模が大きくなかったので緑肥でしょうか
凄い数の白い蝶が乱舞してました

f0146493_09034860.jpg



畑のそばにはたくさんの咲初めの
エゾアジサイ

f0146493_09035739.jpg



こんな薄い色の花も

f0146493_09040309.jpg



キツリフネ

f0146493_09042058.jpg



北村の名も知らぬ沼地に
アオサギ
よく見ればコウホネも咲いていたようですが、近づけず

f0146493_09043549.jpg



アカバナ  エゾノミツモトソウ  ウツボグサ  イヌゴマ

f0146493_09044187.jpg



北村のスイレン池

f0146493_09051247.jpg


f0146493_09051990.jpg


f0146493_09052596.jpg



エゾイトトンボ?
オオアオイトトンボでしょうか・・・

f0146493_09053209.jpg



ナツグミとエゾニワトコの実

f0146493_09053947.jpg
  この後岩見沢に向かいます



by maphananikki | 2019-07-13 09:16 | 北海道 | Comments(8)

サロベツ原野(豊富)(’19・6・28)

幌延ビジターセンターからは、豊富(とよとみ)町にあるサロベツ湿原センターに行きました。
過去に三度ほど来ていますが、数年ぶりの当たり年と言うだけあって、エゾカンゾウと
コバイケイソウがたくさん咲いていました。が、エゾカンゾウの群生をカメラで撮ると
目の前に見える風景と違うのです。歩き初めにあった展望台が中ほどにもあると良かったのになあ。
景観のためにもそれは無理な話と言うことですね。自分の腕を棚に上げて愚痴ってしまいました!
遠かったけれど、見に来たかいがありました。帰路のオロロンラインの道の両脇にも
エゾカンゾウやハマナスなどが群生しているのが見られました。



サロベツ湿原センターMAP
f0146493_21220647.jpg


展望台から
エゾカンゾウと手前の白い花がコバイケイソウ
エゾカンゾウはこの幅で全体の三分の一くらい?かなあ
もっとあったかもしれません
f0146493_21221435.jpg


同じく展望台から東方向に向けて
f0146493_21221956.jpg


コバイケイソウ
f0146493_21222572.jpg


コバイケイソウ
f0146493_21223385.jpg


切り取りました
f0146493_21223899.jpg



f0146493_21224432.jpg


海の向こうにある利尻富士を背景に
f0146493_21224905.jpg


エゾカンゾウ
f0146493_21225757.jpg


サギスゲ
f0146493_21230396.jpg


エゾノサワアザミ
f0146493_21300596.jpg


ハナニガナ
f0146493_21312433.jpg


ツルコケモモ
f0146493_21313521.jpg


サワラン  お初でした
f0146493_21314468.jpg


トキソウ
f0146493_21315231.jpg


ノハナショウブ
f0146493_21320872.jpg


カキツバタ
f0146493_21321895.jpg


カラマツソウ
f0146493_21322657.jpg


木道
f0146493_21323438.jpg



f0146493_21324257.jpg


帰り道の国道から、湿原方向を見ました
f0146493_21331437.jpg


オロロンラインに出て、海辺に寄り道
f0146493_21332127.jpg


ハマニガナ  ハマエンドウ  ハマナス
f0146493_21332974.jpg


ハマヒルガオ
f0146493_21333778.jpg


国道沿いやその下にハマナス  ハマヒルガオとツルマンネングサ
f0146493_21334493.jpg


電柱もないこんな原野の道を走ります
f0146493_21335397.jpg


ブタナの群生?
f0146493_21340246.jpg


オトンルイ風力発電所
逃げ水も見えます
f0146493_21341000.jpg


風車は作業中でした
f0146493_21341782.jpg


右の海岸線はエゾノヨロイグサ?らしき花の群生が続いています
エゾニュウだそうです
f0146493_21342580.jpg


駐車公園でハマナスと風車
f0146493_21350650.jpg


左の道の下にはハマナスやエゾカンゾウが続きます
f0146493_21351454.jpg


原野を抜け出たこんな道の右手の斜面にノハナショウブらしき花が続き
撮りたい、でも疲れて車から出る元気なしでした・・・
f0146493_21352112.jpg




by maphananikki | 2019-07-07 21:51 | 北海道 | Comments(4)

サロベツ原野(幌延)(’19・6・28)

夫がサロベツのエゾカンゾウが見たいなあと言うけれど
あまりに遠いので、気が進まない私。
が、調べると今年はエゾカンゾウとコバイケイソウの当たり年、
見ごろは週末まで、とHPに出てるじゃないですか!
天気予報は曇りや雨だし、でも当たり年なら見たいし~と
結局雨が降らなさそうな曇りでいいやとこの日を選び出発。
どんよりした空のもと行ってみればサロベツ付近だけ晴れでした。

最初は幌延町にある幌延ビジターセンターに寄ってみましたが
こちらはエゾカンゾウもコバイケイソウもポツポツで、終盤と言う感じ。
それでも沼のある、サロベツ湿原センターとは違う景色を楽しめました。
風が強くて写真を撮るには四苦八苦でした。




出発したころの空  道みちにハシドイの花  旭川を過ぎた無料高速道は貸切

f0146493_13201093.jpg



亜麻畑が当別以外にもあるとは!

f0146493_13201676.jpg


f0146493_13202147.jpg



イヌカミツレ

f0146493_13202606.jpg



天塩町の広大なサイレージ

f0146493_13203103.jpg



ここまでサイレージが広々と転がってるのを見るのは初めてかな

f0146493_13203846.jpg



牧草地に青空が~

f0146493_13204363.jpg



牛の昼寝

f0146493_13204865.jpg



サロベツ原野の地図 マークの2から先に訪問です
このあと行く1には車で30~40分くらいです

f0146493_13205665.jpg



幌延ビジターセンターの自然探勝路へ

f0146493_13210299.jpg



コバイケイソウ

f0146493_13213181.jpg



エゾカンゾウはこんな感じでぽつぽつ、群生ではありません

f0146493_13213606.jpg



エゾカンゾウ

f0146493_13214306.jpg



こちらの花弁は細長く見えます

f0146493_13214980.jpg



エゾノサワアザミ

f0146493_13215896.jpg



カキツバタ

f0146493_13220809.jpg



カキツバタもおしまいの風情・・・

f0146493_13221733.jpg



木道の奥にパンケ沼が

f0146493_13222629.jpg


ノビタキ

f0146493_13224045.jpg



ツルコケモモ

f0146493_13231211.jpg



トキソウ
ランです  トキの羽の色に似ることからついた名前だとか

f0146493_13231968.jpg



たくさん咲いていました

f0146493_13232673.jpg



モウセンゴケ

f0146493_13233520.jpg



サギスゲ

f0146493_13234417.jpg



パンケ沼
手前にはコバイケイソウがありますが、もう枯れています

f0146493_13240281.jpg



ここには三種類のコウホネがあるそうです
でも普通のコウホネが、わかりませんでした
コウホネの葉は水面から飛び出ます

f0146493_13241921.jpg



オゼコウホネ
花柱の先が赤くなっています。葉が水面から飛び出ません

f0146493_13243587.jpg



ネムロコウホネ
花柱の先は黄色で、葉が水面から飛び出ません

f0146493_13244755.jpg



ホロムイイチゴの実

f0146493_13252607.jpg



ノハナショウブ

f0146493_13253469.jpg



湿原の西の方

f0146493_13254165.jpg



海の向こうにある利尻富士  雲がてっぺんにかかっています

f0146493_13255057.jpg



展望台と幌延ビジターセンター

f0146493_13260059.jpg
   サロベツ湿原センター(豊富)に続く




by maphananikki | 2019-07-05 13:55 | 北海道 | Comments(10)

神仙沼(’19・6・26)

積丹からは寄り道しながら1時間半ほどかけて山の中にある高層湿原の神仙沼へ。
霧の中、風景が楽しめないなあと思いながら木道を歩きましたが、30分ほどで
湿地帯につき、入り口でワタスゲなどを撮ってると、あらあら霧が晴れた~
みるみる青空が広がり、日差しが降り注ぎます。なんとラッキーな♪
神仙沼まで行って一休みし、帰りの木道では、また霧が忍び寄ってくる光景に
これまた素敵な風景が撮れたわとにんまりでした。(腕はさておき、ね)
帰りは12日前に通ったニセコ山中でタケシマランのつぼみの開花を見たいと
思いましたが、夫は同じ道はつまらないから別の道から帰ると言います。
もう~と思ったものの、運転する人が運転しやすい道を走ればいいわと諦めです。
タケシマランの花に今度はいつ会えるかな?今もちょっと心残り・・・(^^ゞ





神仙沼入口

f0146493_20091772.jpg



木道を歩きます 木が茂った中がほとんど

f0146493_20145026.jpg



マイヅルソウ  ツクバネソウ
木道の下に他の花がほとんどなくて残念

f0146493_20150007.jpg



代わりに木の花が色々
ツタウルシ

f0146493_20150907.jpg



クロツリバナ
こんな花ではないのです、もっと黒っぽい花 もう終わりだから??

f0146493_20151813.jpg



オオカメノキは装飾花が落ちて花だけに   コマユミ(たぶん)  カエデプロペラ 

f0146493_20152546.jpg



ミネカエデ   オガラバナ

f0146493_20153109.jpg



湿地帯につきました

f0146493_20153930.jpg


f0146493_20154483.jpg



ホロムイイチゴ

f0146493_20155108.jpg



コツマトリソウ
ツマとは端の意味、ピンクに縁どられたところからついた名前
でも右はうっすらピンクになっていますが、こういう花は珍しくてほとんど白いです

f0146493_20162317.jpg



花に目をやってるうちにあらら、霧が晴れてきました

f0146493_20163090.jpg



湿地に点在する池塘

f0146493_20163505.jpg



池塘のミツガシワ

f0146493_20164198.jpg



ヒオウギアヤメ

f0146493_20164621.jpg



エゾカンゾウ

f0146493_20180165.jpg



ミツバオウレン

f0146493_20181148.jpg



チングルマ

f0146493_20182147.jpg



チングルマの終わった姿

f0146493_20183125.jpg



マルバシモツケ

f0146493_20184250.jpg



マルバシモツケ

f0146493_20191923.jpg



神仙沼にミツガシワ群生

f0146493_20192867.jpg



花はまだ少々早かったです

f0146493_20193867.jpg



エゾイトトンボ

f0146493_20194679.jpg



ワタスゲ

f0146493_20195499.jpg


f0146493_20200304.jpg


f0146493_20201061.jpg



そうこうしてるうちにまた霧がわきだして・・・

f0146493_20201836.jpg


f0146493_20202846.jpg


帰路の木道で
アカミノイヌツゲ

f0146493_20204090.jpg



オオバスノキ

f0146493_20211170.jpg



ハクサンチドリ

f0146493_20211781.jpg
  まずまずの花かなあ・・・



by maphananikki | 2019-07-01 20:35 | 北海道 | Comments(6)

積丹から神仙沼への道(’19・6・26)

いいお天気に急きょ神仙沼に行こうとなりました。
オロフレ山の帰りにも行くつもりが疲れてパスしたので、
そろそろ花もいろいろ見られるかな?と。
新しくできた小樽から余市への高速道を使ってみることにして
積丹(しゃこたん)周りで行くことにしました。
積丹につくと、これから行く方向は雲が覆っています。
風も強くなり、女人禁制の門から向こうの岬へは通行禁止。
前回もそうだったのに・・・
その散策道から野草が見られるのに、花は楽しめませんでした。
こういう日もあると思うしかないですね・・・

  神仙沼は次回に、コメント欄もそちらにさせて頂きます



日本海の海岸線

f0146493_11490386.jpg



神威岬の『女人禁制の門』への道
強風のため通行禁止

f0146493_11491403.jpg



その坂道で見られた花や門の付近の花
ハチジョウナ

f0146493_11491977.jpg



ハマフウロ

f0146493_11492477.jpg



ヒロハクサフジ

f0146493_11493006.jpg



神威岬
左下に見える遊歩道を歩きたかったのです

f0146493_11493688.jpg



シャコタンブルーの海の色

f0146493_11494155.jpg



あらら、行く手にかかる雲!

f0146493_11494622.jpg



駐車場

f0146493_11495186.jpg



ハマナス

f0146493_11495767.jpg


f0146493_11503174.jpg



草地の遊歩道

f0146493_11503886.jpg



海岸線にはトンネルも多いです

f0146493_11504496.jpg



岩内(いわない)の町はずれで
ジャガイモ畑

f0146493_11505277.jpg



その隣の麦畑に白い花

f0146493_11505900.jpg


麦の種に混じっていて増えたと言われる
イヌカミツレ

f0146493_11510613.jpg



麦畑で良く見かけます

f0146493_11511398.jpg



畑の道端にノイバラ

f0146493_11512188.jpg



ナタネタビラコ

f0146493_11512727.jpg



ヒルガオ

f0146493_11513597.jpg



神仙沼へ向かう山道は霧

f0146493_11520647.jpg



タニウツギ

f0146493_11521381.jpg



ノハラツメクサ

f0146493_11522079.jpg
  神仙沼に続く・・・




by maphananikki | 2019-07-01 12:01 | 北海道

判官館森林公園(’19・6・21)

4時間かかって判官館(はんがんだて)森林公園につきました。
「判官館は新冠川河口にぞびえ立つ岩壁でおよそ800年の昔、
九郎判官源義経が兄頼朝の迫害から逃れて蝦夷の地に亡命し
この要害の地に館を築き身を安めたといわれ、義経に恋した
ピリカメノコが両親の反対に世を儚みここから身を投じたという
悲しい伝説があります」
新冠町観光協会HPから抜粋させていただきました

今の時期は野草も端境期なのでしょうか、あまり花も無く残念。
やっぱり春が一番素敵です。とは言え、森の空気を身にまとい
ゆったりと散策を楽しみました。広場のコウリンタンポポの群生も見事でした。
その時、森の中から三頭のエゾシカが出現!急いでカメラを向けたものの
あちらも思わぬ人間の姿に驚いたのか、すぐ木々の中に消えました。
鹿が居るんだ~ ん?熊もいるのかしら・・・急に怖くなりました(^^ゞ



駐車場となりの広場のコウリンタンポポ
奥の森の中にエゾシカは消えました

f0146493_14582633.jpg



いつもはこちらの道から歩きます

f0146493_14583807.jpg



オオバナノエンレイソウが群生する道ですが、きょうはここまで

f0146493_14584530.jpg



夫もカメラを持って歩くと言うので、近道から
バイケイソウ

f0146493_14585232.jpg



バイケイソウ

f0146493_14585807.jpg



オオダイコンソウ

f0146493_14590404.jpg



キンポウゲ

f0146493_14591342.jpg



ツルアジサイ

f0146493_14592094.jpg



オオハナウドもあちこちで群生

f0146493_14593367.jpg



湿地の木道

f0146493_15000298.jpg



マユミ

f0146493_15004545.jpg



カンボク

f0146493_15005509.jpg



カンボク

f0146493_15010096.jpg



湿地を出て
エゾカンゾウ
たったこれ一本しか見つけられず・・・

f0146493_15010730.jpg



トリアシショウマ

f0146493_15011591.jpg


f0146493_15012107.jpg



オオカサモチ

f0146493_15012877.jpg



花を拡大

f0146493_15013563.jpg



ヤマハタザオ

f0146493_15014280.jpg



太平洋

f0146493_15015009.jpg



JR日高線
2015年の高波被害からは休止になっています
バス転換の方向へ・・・

f0146493_15022209.jpg



覗き込んでいたら、崖に張り付く花発見
エゾスカシユリ

f0146493_15022921.jpg



オオセグロカモメ

f0146493_15023668.jpg



新冠(にいかっぷ)のまち 一部です

f0146493_15024477.jpg



フタリシズカ

f0146493_15025374.jpg



ハクウンボク

f0146493_15030002.jpg



アカゲラ  口にくわえているのは巣作りの材料?
それともヒナの餌になる虫?

f0146493_15030746.jpg



駐車場に戻って雑草と呼ばれる花たちと遊びます

f0146493_15032197.jpg



コウリンタンポポ・アカツメクサ・ブタナ・フランスギク

f0146493_15032947.jpg



アカツメクサ・シロツメクサ・コメツブツメクサ

f0146493_15034197.jpg



高速道から見える牧場

f0146493_15042745.jpg



国道274号沿いに咲くポピー

f0146493_15043451.jpg



by maphananikki | 2019-06-27 15:27 | 北海道 | Comments(10)

新冠への道で(’19・6・21)

新冠の判官館森林公園に行ってきました。
花が無かったなあ・・・と思って帰宅したのですが、
ブログの編集を始めると、あれ?意外とある・・・
と言うわけで、二回に分けました。
ただ車で通り過ぎるだけでは気がつかない花がありました。
あ、カンボクだ、車を止めて!と歩いた道や
夫の一服タイムに仕方なく車から出てその辺を歩いて、
そういうじっくり見た道やわきの茂みに花たちが咲いていました。
新冠へは、牧場地帯を通るので馬の姿を見るのも楽しいものです。



ジャガイモ畑
f0146493_08460876.jpg



ジャガイモの花

f0146493_08461472.jpg



畑色々  一番上は麦畑

f0146493_08462271.jpg



水田の稲も育っています

f0146493_08462791.jpg



マツヨイセンノウ

f0146493_08463676.jpg



マタタビ

f0146493_08464376.jpg



ニセアカシア

f0146493_08464992.jpg



山道は開花が遅くまだきれいに咲いています

f0146493_08465484.jpg



サワシバ

f0146493_08465912.jpg



ツルアジサイ

f0146493_08470553.jpg



ベニシジミ  クロヒカゲ  ミヤマシジミorヒメシジミ

f0146493_08473788.jpg



カンボク

f0146493_08474513.jpg



カンボク

f0146493_08480355.jpg



オオダイコンソウ

f0146493_08481415.jpg



アヤメ
最初はヒオウギアヤメ?と思いましたが
内花被片が立っていることで区別がつくようです
(垂れ下がる花びらが外花被片)

f0146493_08481978.jpg



キンポウゲ

f0146493_08482725.jpg



ツルマンネングサ

f0146493_08483490.jpg



コメツブウマゴヤシ

f0146493_08484417.jpg



ナヨクサフジ
筒の部分が花より長い
名前だけは知っていた花に初の出会いで感激♪

f0146493_08485369.jpg



クサノオウ

f0146493_08490016.jpg



ノコギリソウ

f0146493_08494199.jpg



ノコギリソウ

f0146493_08494963.jpg



フランスギク

f0146493_08495783.jpg



フランスギク

f0146493_08500598.jpg



エッゾスカシユリ

f0146493_08501437.jpg



牧場にはシロツメクサが花盛り

f0146493_08502253.jpg



放牧の牛

f0146493_08502994.jpg



お馬の親子

f0146493_08503760.jpg



こちらも親子

f0146493_08504595.jpg



道の両側にたくさんの牧場が並びます

f0146493_08505248.jpg



新冠の岩山に描かれた絵

f0146493_08505913.jpg


by maphananikki | 2019-06-24 09:06 | 北海道 | Comments(10)